ぜんのカンゲキ

6
ノート

ゆうめい「姿」雑感③ 親父のハッピーサマーウェディング 編

公演がおわってから結構立つのにいまだに感想を書いている自分。
 最近演劇を見るようになったので知らなかったのですが、映画をみたとか本を読んだとかとまた違って演劇には公演中っていう旬感がすごく強い気がしています。だからこの感想も回転レーンを何周もしたネタの乾いた寿司のような記事ではありますが、まぁ書いていきましょう。

 今回で最後にするつもりですが、やはりこのことは書かなくてはいけないと思いました

もっとみる

ゆうめい「姿」雑感② 親の姿 編

またまた大分時間が空いてしまいました。ゆうめい「姿」の感想第2回です。

 これだけ時間が空いたのは、その間にいろいろと考えていたため…というわけでもなく、考えたり考えなかったり、えっちなこと考えたり、夜も寝ないで昼寝をしてただ漫然と過ごしておりました。あれ?「えっち」って平仮名で書いたほうが断然エロくない?っておもってたりしていたなかでもこの作品のことは何となくまた書きたかったので今こうして書い

もっとみる

ゆうめい「姿」雑感➀ 子の姿 編

観劇を趣味にしてから、初めて行った劇場は吉祥寺シアターだった。そこで見た演劇は、個人的にはあまり面白くなかったけれど、Twitterでは絶賛されてた。次に行ったのは三鷹の星のホール。ここのは感動したので二回見に行った。Twitterはべつにどうでもいい。

 基本的に近いところにしか行きたくないんですよね。今回の記事はその星のホールで上演された、ゆうめいの「姿」です。見に行った理由は色々ありますが

もっとみる

青年団リンク やしゃご「アリはフリスクを食べない」雑感③  アリにとってのフリスク編

さらに時間が空いて、今回で三回目。今回で最後にしようと思ってます。あの、時間がたつと細かいとこまで覚えてられなくて・・・苦笑

 ただ、一番初めから書きたいことはこの「アリはフリスクを食べない」という題名についてで、そのために前二回があったようなものです。ここでは僕が感じたり考えたりした「アリ」と「フリスク」についてちょこっと書いてみたいと思います。

アリvs0calシュガー

 そもそもアリは

もっとみる

青年団リンク やしゃご「アリはフリスクを食べない」雑感②  障害者と見る目、理解の形編

だいぶ間があいてしまいましたが、今回は、青年団リンク やしゃごの「アリはフリスクを食べない」の感想第2回です。今回は個人的にぐっときたシーンを中心に、前回を受けて智幸とその周りの人たちとの関りと認識について書いてみたいと思います。

 空気を読む彼のその内面性

 智幸の周りの人間はどれも智幸のことを理解しようとしている理解者たち。ただその方向はそれぞれという感じですが。前回書いた三上のような、障

もっとみる

青年団リンク やしゃご「アリはフリスクを食べない」雑感➀  真の理解者編

「週末にさ、舞台見に行くんだよね。それがね?『アリはフリスクを食べない』って舞台でさ。ね!変な名前でしょ?」

 このとき僕はまだこのタイトルをここまで反芻して考えるとは夢にも思っていませんでした。

 最近観劇を趣味にすることにしたので、見た舞台のことでもちょこちょこと書いていこうという、そういうことなのです。実はためしに書いてみたところ、書きたいことが多すぎて一つの記事では終わらなそうなので分

もっとみる