見出し画像

あいすくりーむ解禁の話

3歳目前の夏、娘がアイスクリームを初めて食べた時の話。


アイスクリームのうた

昨年夏、保育園で「アイスクリームのうた」を習ってきた娘。今年もふとした時に歌っていた。

 あいすくりーむー

 あいすくりーむー

 どこか〜ら どこか〜ら だーべよっかな〜

 ぺろん ぺろん

そしてこちらに視線をうつし、

「娘ちゃん、あいすくりーむ食べてみたあい」

と言う。

娘は3歳目前にしてアイスクリーム未経験。私の判断で未だアイスクリームNG。

何故か。まずは虫歯リスク(過保護な自覚はある)。あとは単純にアイスクリームが手や服に付いたベトベトが恐ろしい(明らかに大きな一口を無理矢理押し込む。口から垂れるのを手でふせぐ。そして手についたバニラアイスを、娘の服でごしごし。べたべたが取れないイライラで私の方にガバッと抱きつく。…容易に想像できる)。

でもなぁ、いつかは通る道だしなぁ。うだうだ考えていたが、「アイスクリームと娘」なんて最高にかわいい絵面だし、と、コロナの自粛期間が終わった暑い6月、あいすくりーむに挑戦することにした。


アイスクリーム、買う

頭の上に伸ばした手とおでこをべたりとショーケースにくっつける。色とりどりのアイスクリーム。きょろきょろ目を動かして、小さく「わぁ…おいししょ〜」と呟く娘を見ながら、バニラアイスクリームをカップで、とオーダーした。

ショーケースのカーテンが開けられ、カシャカシャとディッシャーが鳴り、娘の目の前にあったバニラアイスクリームをするりとすくう。透明なガラスケースの中での動きを、じっくりと目で追う娘を盗み見る。目からドキドキが伝わってくる。なんとも言えない気分になって、ふふ、と笑う。

優しそうな女性が、娘に合わせて身を低くし、「どうぞ」と渡してくれた。娘は小さく、ありがと、呟く。視線も意識も、全てが小さな両手で持った、白くてひんやりした固まりに吸い込まれていた。


アイスクリーム、食べる

アイスクリームに吸い込まれたまま時が止まる娘の、むちっとした腕をつついた。こっちよ、と促す。小さなカップへ魅入られているため足取りはおぼつかない。頼むから躓いて転ばないで、と願いながら木陰へと向かう。少し早いセミの鳴き声が聞こえ、小さく光る滴が顎からぽたりと垂れる。

よし、この辺りでいいかな。と言うと、スプーンを握りしめた娘が、私をじっと見つめる。もう、言いたいことは分かる。

「うん、食べていいよ」

視線をぱっとアイスクリームに移し、透明なプラスチックスプーンに半分ほどすくう。ぱく、と一口。少し目を開く。わぁ、と呟いてそこから続けざまに、ぱく、ぱく、ぱく。

ぱく、ぱく、ぱく。

わかる、止まらないよね。口の横から垂れる溶けたアイスクリームをタオルで拭っても、スプーンは止まらない。半分ほど食べた頃、ふう、とため息をついてようやく顔をこちらに向けた。もう、この顔を見ると、感想なんて聞かなくてもわかる。けど聞かずにはいれなくて、「アイスクリーム、どう?」と尋ねる。

パッと顔が明るくなった。優しく揺れる木漏れ日に、私は目を細める。

「おいしい〜!ちめたい!娘ちゃんあいすくりーむだいすち!!」

-




この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

娘におやつを買わせていただきます。

ありがとうございます、嬉しいです!
154
3人家族、営業1年→営業企画7年→育休後復帰→適応障害で休職中、2020.6.30st

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17343本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (4)
我が子への制限と解禁の話、分かります!しかも解禁した時の表情とか反応、ほんと可愛いですよね!我が家の娘は5歳ですが、大人がしている事をなぜ私は我慢しないといけないのか。。と、論破され制限の解除をやむなく解除する事案が増えてきました笑。面倒くさい娘だーと思いながら、これもひとつの成長の醍醐味として捉えております。通りがかりにコメント失礼しました!
はじめまして、コメントありがとうございます!共感いただいて嬉しいです。
制限しているもの、子どものためとはいえ(エゴかなと思う時もありますが…(笑))本人は何故?ばかりなんでしょうね。
5歳の娘さん、とっても賢いですね!これからたくさんあるだろう、一癖ある成長を受け止めれる広い心を持ちたいです(笑)
読んでいて 娘ちゃんの愛らしい表情が見えるよう❤️ほんとに可愛い。
 
うちも3歳解禁だったんです。アイスクリーム。息子は何回か私にねだるも、私がのらりくらりかわしてなかなかありつけない。そろそろいいかなーと思っていた矢先、デパートの屋上カフェに寄った時のことです。初夏だったのでそこには「ソフトクリームあります」の印で、大きなプラスチックのソフトクリーム🍦が置いてあったんですが、なんと息子はそれに抱きついて舐めはじめたのです。。。もう恥ずかしいやら可愛いやらで大笑い。
わかったわかった、食べようね^^と私の完敗です。テーブルについて最初のひと口を味わった時の息子の何とも満足気な表情は忘れられません(笑)
今も息子はアイスクリーム大好き、しかも原体験からか市販のアイスを選ぶ時も「渦巻ソフト型」のものを選ぶことが多く、笑えます。
これからアイスクリームが美味しい季節ですね^^
コメントありがとうございます。嬉しいです!子どもって絶妙な表情をしてくれるので、見ていて飽きないです。
素敵な思い出ですね!ソフトクリームに飛びつく様子、そしてそれを見るnadiさんのお気持ち、勝手ですが色々想像してにやけました。両手を大きく広げて憧れのアイスクリームをぎゅっとして、つい舐めてしまう息子さん、可愛すぎる。やはりにやけます。
渦巻ソフトはやはり魅了される形ですね。次は我が家も渦巻型にチャレンジしたいと思います^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。