Zenpaku

世界の美しい風景や世界遺産を訪ねた旅&豪華客船のクルーズライフで撮影した写真を紹介 しています。            ■世界写真フォーラム会員 ■マイホームページ(Zenpakuの世界旅撮記) http://www.zenpakusan.com/

Zenpaku

世界の美しい風景や世界遺産を訪ねた旅&豪華客船のクルーズライフで撮影した写真を紹介 しています。            ■世界写真フォーラム会員 ■マイホームページ(Zenpakuの世界旅撮記) http://www.zenpakusan.com/

マガジン

  • 美しい日本の風景

    美しい日本の風景写真集

  • 日本の離島

    日本は海に囲まれ大小問わず数々の絶景「離島」があります。その中でも美しい景色や魅力的特徴がある離島の写真集です。青い海と空に囲まれた島から、動物たちや素朴な人々が出迎えてくれる島、自然豊かな島々まで。足を運べば、離島ならではの静かな風景と自然に癒されること間違ありません。

  • 美しい世界の風景

    今迄に訪問した世界遺産や世界のカメラスポット写真集を掲載しています。

  • 飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ旅行記

    豪華客船飛鳥Ⅱでの世界一周クルーズ旅行記です。

  • 日本の古い町並み

    周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な建造物群で価値が高い景観で古い町並みの武家屋敷、港町、宿場町、商家町、城下町、山村集落、染織町、里坊群・門前町、茶屋町、製蝋町、島の農村集落などの写真集です。

最近の記事

JR四国豪華列車の旅「志国土佐時代の夜明ものがたり」

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」が走るのは、土讃線窪川駅からはじまり、牧歌的な田園風景や青く広がる太平洋、そして険しい山々など、幕末に龍馬が脱藩の道へと急いだ道程を辿り高知駅まで巡ります。 「志国土佐時代の夜明ものがたり」動画 豪華な列車内 食事 高知県の海・山・川の恵まれた素材を用いた料理で、ものがたり性のある食事でした。また、高知らしさは食材のみにとどまりません。器は、高知の山が育んだ四万十ヒノキを使ったもの。目にも優しい木の風合いで、とても美味しくいただき

    • JR四国豪華列車の旅「伊予灘ものがたり」

      JR四国予讃線松山駅~八幡浜駅 伊予灘ものがたりHP掲載アドレス 豪華な車内 3号車陽華(はるか)の章 3号車「陽華の章」は、利用人数分枚数の「乗車券」と、利用人数分料金の特急券と一室利用料金(28,000円)が一枚になった「特急・個室グリーン券」が必要です。 車内設備 豪華な食事 愛媛県産にこだわって仕上げたレストラン門田自慢の松花堂弁当を、穏やかな冬の伊予灘の景色とともにお楽しみください。 沿線の風景 沿線の皆さんの歓迎

      • JR四国豪華列車の旅「四国まんなか千年ものがたり」

        四国山地を横断する四国のまんなかあたりに位置し、大歩危駅から多度津駅まで乗車しました。普通の列車では体験できない非日常的で忘れることのできないおもてなしを味わえ、豪華な食事と香川と徳島の人々との一期一会は、素敵な旅の思い出となりました。 「四国まんなか千年ものがたり」動画 三段重の豪華な食事 香川、徳島はともに食材の宝庫。肥沃な農地で栽培されたみずみずしい野菜や瀬戸内海、紀伊水道で獲れたての魚介類、丹念に育て上げられる「讃岐牛・讃岐夢豚・讃岐コーチン」や「阿波牛・阿波ポー

        • 雨の四万十川佐田沈下橋

          「沈下橋」は増水時に橋が流されないように欄干を作らず、水中に沈むように設計された橋で、四万十を象徴する景色の一つです。四万十川にいくつもある橋の中でも最下流で最長のものが佐田沈下橋です。現在でも生活に利用されていて、橋からは四万十の風景と自然を一望できます。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 美しい日本の風景
          Zenpaku
        • 日本の離島
          Zenpaku
        • 美しい世界の風景
          Zenpaku
        • 飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ旅行記
          Zenpaku
          ¥100
        • 日本の古い町並み
          Zenpaku
        • 日本の名城
          Zenpaku

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          桂浜海のテラスオープン

          食べる・買う・学ぶ・憩うをテーマにした商業施設エリアがオープンしてました。桂浜和3度目の訪問ですが、以前のお土産店は昭和の遺跡のような土産店でした。 ビックリするほど変身し、高知のグルメをはじめ、ここでしか買えないお菓子やグッズが沢山あって 高知・桂浜の魅力が詰まった「海のテラス」素敵に変身してました。 坂本竜馬像 坂本竜馬像の隣に、竜馬像と同じ目線で海を見られる展望台が、象の隣に設置されていました 美しい砂浜の桂浜 下記アドレスのマイホームぺージで高画質画像でご覧に

          四国吉野川の大歩危渓谷

          名称の由来は「大股で歩くと危険」が「大歩危」の地名由来とされている。夏季には多くのラフティング・カヤック愛好者を集めるほか、百年以上の歴史がある大歩危峡遊覧船で知られている。 大歩危渓谷の絶景吉野川の中流域に位置する約8kmにわたる渓谷。岩が川の流れに侵食されてできており、大理石の彫刻がそそり立っているかのような美しい景観を誇っている。紅葉が一帯に広がり絶景の風景でした。大歩危は国の天然記念物および名勝に指定されている。

          トンガの風景

          トンガ沖火山噴火で大変なトンガ。2015年当時に訪れた時の風景を掲載しました。高い山のない平らな島でのどかな風景の素敵な島です。 ■首都ヌクアロファ ヌクアロファは、人口約21,000人のトンガタプ島に位置するトンガ王国の首都です。 ■トンガの貨物港 ■客船ターミナルの停泊しているQE2 ■フリー・チャーチ・オブ・トンガ この教会は、1885年にジョージアトゥプ1世と彼の政府によって、ハアパイのリフカで、友好的な島への植民地化の試みに対する民族主義者の反応として設立さ

          アメリカ・オセアニアの世界遺産写真集

          コロナで海外旅行が出来ずカメラが埃をかぶっています。今までに訪れ、アメリカとオセアニア地区の写真を掲載しました。  アメリカ地区■カナダ 1.カナディアン・ロッキー山脈自然公園群 「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」は、よく「カナディアンロッキー」と省略され、4つの国立公園と3つの州立公園で構成されています。北米大陸西部を南北に貫くロッキー山脈が、造山活動によって地上に姿を現したのは、6000万年前のこと。連なる山々は4500kmにも及び、このうちカナダ国内に延びる22

          私が訪れたヨーロッパの世界遺産の写真集

          コロナで海外旅行が出来ず残念!今まで訪問した世界遺産の写真を整理して掲載しました。最初にヨーロッパの世界遺産を紹介します。 1)ヨーロッパの世界遺産■イタリア 1.アマルフィ海岸 「世界一美しい海岸」とも言われるアマルフィ海岸。高級リゾート地ソレントからバスで海岸沿いを行けば、コバルトブルーに輝く海に複雑に切り立った断崖絶壁、そして急カーブの連続!スリル満点のドライブと絶景が楽しめます。 2.ナポリ歴史地区 南イタリア・ナポリのイメージは、輝く太陽と青い海。しかし、ヌオヴ

          千本鳥居でお馴染み「伏見稲荷大社」

          “お稲荷さん”と親しまれる伏見稲荷大社は、全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮。その歴史は平安遷都よりも古く、711年の創建と伝わります。商売繁昌・家内安全のご利益があるとされ、一年を通してたくさんの参拝者で賑わいます。 ■“千本鳥居” 朱塗りの鳥居がズラリと連なる光景は、圧巻のひとことです! これは江戸時代以降に、願いごとが「通るように」または「通った」というお礼をこめて、鳥居を奉納する習慣が広まったことによるものだとか。1300年の歴史を思えば、まだ新しいことのように感じ

          世界遺産の「知床半島」

          知床半島は、北海道東部の斜里郡斜里町と目梨郡羅臼町にまたがる、オホーツク海の南端に突出した半島。長さ約70km、基部の幅が25kmの狭長な半島であり、西側がオホーツク海、東側が根室海峡に面している。また、半島東側には国後島が平行する形で横たわっている。 ■斜里町ゴジラ岩 ゴジラ岩は、本物のゴジラには遠く及ばないが高さが15メートルあり、観光船が発着するウトロ港のすぐ近くにある。角度によってはゴジラに見えないかもしれないため見過ごされてしまうことも多いこの岩。 ■オシンコシ

          世界一周クルーズ「帰国」

          ①7月15日(航海101日目 横浜入港帰国)早朝6時に浦賀水道に入り穏やかな海を横浜港へ向けて航行、久しぶりの日本。 ②ベイブリッジを通過9時前に横浜港のベイブリッジを通過、デッキでは仲良くなった船友やクルーズスタッフとのお別れです。 船上で親しくなった皆さんと記念撮影しお昼前に無事下船した。 ➂横浜港大桟橋に接岸朝9時飛鳥Ⅱは、楽しかった世界一周クルーズを無事終えて、横浜港大桟橋に接岸した ④次男一家が孫と出迎えしてくれました4月4日に、長男一家の見送りで出発、出迎

          有料
          100

          青峰山「正福寺」

          青峰山は、標高は低いものの伊勢湾、遠州灘、熊野灘から見通せるため、古くから沖合いを行く廻船の船乗りたちから目印とされてきた。このため、山頂付近にある正福寺は海の安全を守る仏様を安置し、古くから船の安全祈願を行う寺とされてきた。 ■正福寺 青峯山深くに多数の堂宇が点在する真言宗の古刹。海上保安の祈願所として知られます。ご本尊は「鯨に乗った観音様」の伝説に登場する黄金の十一面観音菩薩を祀っています。 ■美しい日本の風景

          世界一周クルーズ「クルーショー」

          ①7月14日(航海100日目 三陸沖付近を終日航海)朝9時前の定例の船長放送のとき、飛鳥Ⅱのすぐ右側で4頭のクジラとイルカが同時にジャンプ、日本近海で最後のクジラショーを楽しんだ。 ②ビンゴ大会飛鳥Ⅱ恒例のビンゴ大会が行われ沢山の景品があったが残念ながら私も妻も何も当たらなかった残念。 ➂楽しい思い出ありがとう横断幕づくり世界一周楽しい思い出ありがとうと書いた横断幕づくりがクラブ2100で行われ大勢の皆さんが参加した。完成した横断幕は、船尾のデッキに飾られました。 ④ク

          有料
          100

          仏法僧の鳴く「鳳来寺山」

          紅葉の名所として名高い「鳳来寺山」は、“声の仏法僧”とも呼ばれる愛知県の県鳥・コノハズクが棲息していることでも知られています。山全体が国の名勝・天然記念物に指定されている自然の宝庫。鳳来寺山の山中には、愛知県の県鳥にもなっている貴重なフクロウ「コノハズク」が生息。その鳴き声が「ブッポウソウ」と聞こえることから、コノハズクは「声の仏法僧」とも呼ばれ親しまれています。 ■鳳来寺 鳳来寺は、歴史ある真言宗五智教団の寺院。703年利修仙人が祈祷により天皇の御病気を治し、そのお礼とし

          真田邸と松代藩文武学校

          ■真田邸 江戸時代の大名家の御殿として、その姿をよくとどめている真田邸は、1864年に、松代藩9代藩主・真田幸教が、母・貞松院の隠居所として建築したもので、明治維新以降は、真田家の私邸として使われていました。 ■松代藩文武学校 文武を奨励した8代松代藩主・真田幸貫により発案、9代藩主真田幸教の時に学問と武道の学び舎として1855年に開校。質実な藩の気風がうかがえるたたずまいで、西洋の軍学なども教える先進的な教育が行われたそうです。 ◆飛鳥Ⅱ南太平洋グランドクルーズ旅行記