美しい日本の風景

209
高山の奥座敷「飛騨古川」

高山の奥座敷「飛騨古川」

高山の奥座敷と称され、飛騨に残るもう一つの古い町並みとして知られる飛騨古川。こじんまりと趣きある町並みは散策にぴったりです。白壁土蔵やお寺の石垣を背景に、1,000匹余りの色とりどりの鯉が泳ぐ瀬戸川は、そのしっとりとした風情と、情緒豊かな景観で城下町飛騨古川の顔ともいうべく人気のメインスポットです。 ■瀬戸川と白壁土蔵街 碁盤のような町割りや古い町家が今も残り、約500m続く白壁土蔵街は四季折々に見せるその情景がとても美しい。 ■飛騨古川まつり会館 年に一度4月19日20

7
高山市三町伝統的建造物群保存地区

高山市三町伝統的建造物群保存地区

城下町の中心・商人町として発展した高山の上町、下町の三筋は「古い町並」といわれ、飛騨高山観光のメインスポット。出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には杉の葉を玉にした“酒ばやし”が下がり、風情ある町家が連なっています。 ■宮川の中橋 中橋は岐阜県高山市本町一丁目と上三之町を結ぶ橋。宮川に架かる。擬宝珠や欄干をそなえ、全体を朱色にまとった特徴を持つことから赤い中橋とも呼ばれる。 ■高山陣屋 高山陣屋は、江戸幕府が飛騨国を直轄領として管理するために設置した代官所・飛騨郡

4
三菱の「零戦52型甲戦闘機」

三菱の「零戦52型甲戦闘機」

名古屋空港に隣接して、三菱重工業小牧南工場はあります。この工場自体は戦後開場されたものです。三菱の航空機技術の変遷と、先人の偉業を後世に伝えるために平成2年3月に工場内の一棟に史料室が設けられました。史料室の外は、撮影厳禁です。現在は施設老朽化で2017年に閉鎖。所蔵品を大江工場に移し、新たな史料室として整備されています。 零戦52型甲。零戦の初期型はあまりに軽量過ぎて急降下速度の制限があったために、鋼板を厚くしてその改善を図っている。また武装を強化しているが、そのために総

4
乗鞍岳の「お花畑」

乗鞍岳の「お花畑」

乗鞍山頂畳平お花畑は、バスターミナルから歩いていくことができます。お花畑は、整備された遊歩道で周回することができます。7月初旬~8月中旬にかけて高山植物が咲き誇ります。遊歩道は、平坦なので手軽に楽しむことができます。ゆっくり散策しても周回するのに30分程度あれば十分です。 ■畳平 乗鞍畳平バスターミナルは、標高2705m。畳平の周辺には、魔王岳、大黒岳、富士見岳などの標高2700m~2800m級の山々が点在しています。畳平バスターミナルから3つの山の山頂までは、30~40分

4
答志島の日の出

答志島の日の出

答志島は、歴史的スポットが数多くある、鳥羽湾最大の島で迷路のような路地を散策すると、島文化にふれあえます。鳥羽港から北東約2.5㎞の沖合に浮かぶ伊勢湾最大の離島です。答志島の日の出スポットは素敵です。 ■答志島の漁港 ■美しい日本の風景

4
瀬戸内海クルーズ

瀬戸内海クルーズ

■「ぱしふぃくびーなす」で名古屋港出港ぱしふぃくびーなすは、総トン数 26,594トン 全長 183.4m 全幅 25.00m 航海速力 18ノット乗客定員 620名 乗組員 204人 客室数 238室 就航のプレミアム船です。名古屋港を夕方出港し瀬戸内海へ向かいました。 ■名古屋港出港 ■名港トリトン 名港トリトンは、伊勢湾岸自動車道のうち、伊勢湾岸道路の東海ICから飛島ICの間にある、3つの斜張橋の愛称である。 ■飛島埠頭南ターミナル ■明石海峡大橋 明石海峡大

3
断崖絶壁の「親不知」

断崖絶壁の「親不知」

糸魚川市の「親不知・子不知海岸」は約15km続く断崖絶壁。日本アルプスが海と交わる場所です。断崖と海との間に残されたわずかな岸辺を通行するのは、困難を極め「たとえ親子でも、お互いを気遣う余裕がない」ことから「親不知」等と呼ばれるようになったとされています。現在は高速道路や国道、北陸新幹線も整備され、快適に通行できますが、遊歩道を使えば波打ち際を見学することも可能です。 ■親不知の海岸でヒスイ探し 糸魚川市を流れる一級河川姫川の支流、小滝川に「小滝川ヒスイ峡」があり、そこには

6
二見浦「夫婦岩」

二見浦「夫婦岩」

夫婦岩は、日本各地にある奇岩、名勝。2つの岩が夫婦の様に寄り添うように見えることから名付けられる。海面から飛び出した岩と、山中の岩に大別できる。岩は3つ以上あって、そのうち2つだけを夫婦岩、夫婦石と呼ぶこともある。 ■美しい日本の風景

4
飛鳥Ⅱクルーズ「鳥羽」

飛鳥Ⅱクルーズ「鳥羽」

日本一の豪華客船「飛鳥Ⅱ」で三重県の鳥羽港へ入港。鳥羽水族館、真珠島の観光しました。 ■鳥羽港入港 鳥羽港沖合に投錨し、地元の通船で上陸しました。 ■沖合に停泊する飛鳥Ⅱ ■鳥羽水族館 日本屈指の規模を誇る水族館である。 2019年11月時点の展示生物は約1,200種で、日本国内では最大である。 自然の環境を再現したゾーンが12あり、約1200種類の海や川の生きものが飼育・展示されている。 ■ミキモト真珠島 ミキモト真珠島 は、鳥羽湾内に浮かぶ小島。 英虞湾内にある神明

4
歴史と栗の街「小布施町」

歴史と栗の街「小布施町」

小布施町は、長野県内で最も面積の小さい町で人口約1万人です。千曲川の東岸にあり、交通と経済の要所として江戸時代に栄えていました。町中には今もなお、当時の面影を残す歴史的遺産が数多く残っています。葛飾北斎や小林一茶など、様々な文人墨客が訪れた地としても知られています。特に岩松院の天井に描かれた北斎作の「大鳳凰図」は八方睨みの鳳凰としても知られ、長野県を代表する観光スポットの1つです。 ■小布施のメタセコイア メタセコイアは、ヒノキ科メタセコイア属の落葉樹。1属1種。和名はアケ

5