美しい世界の風景

327

アルタモントパスの「風力発電」

サンフランシスコからヨセミテに向かうハイウェイ沿いに、目を疑うばかりの風車の群れに遭遇する。アルタモントパスは、カリフォルニアで二番目に大きい風力発電所らしい。 5000を超える風力タービンが稼動しており、その景観は圧巻であるケネテック社、フローウインド社など複数の会社があり、また同…

アテネ国立考古学博物館

アテネには古代ギリシャ、ローマ時代の遺跡が沢山残されています。ギリシャはエーゲ文明、ミケーネ文明、そしてローマ文明などが発達した場所で、遺跡が残されているだけでなく、多くの遺物も発見されています。アテネ国立考古学博物館には、一級品の文化財が保存され、黄金のマスクで知られるミケーネ…

クリスタル・セレニティ

■飛鳥Ⅱの姉妹船 クリスタル・クルーズ3隻目の、そして最大船として、2003年7月1日フランスのアトランティーク造船所で竣工。 総トン数 68,870トン  全長 250m 全幅 32.2m  航海速力 20ノット 乗客定員 980名  乗組員 655人 客室数 525室  船籍 バハマ 就航(改装年) 2003年7月(改装2018年)…

入出港(イスタンブール)

横浜を出港して33日目トルコを代表する都市イスタンブールに入港。 日の出を迎えるイスタンブール港は美しい。黒海への航海を待つ船が多く停泊している中を、イスタンブール客船ターミナル左舷付けで着岸しました。 イスタンブールでは、一泊して明日出港です。オプションツアーで市内の世界遺産を巡り…

モロッコのサハラ砂漠「メルズーガ」

メルズーガはモロッコ南東部の小さな村で、リッサニの南東約3​​5 km、エルフードから約55 km、アルジェリアとの国境から約50 kmです。 村はエルグシェビに近接していることで知られています。 サハラ砂漠はアフリカ大陸の北部に位置している世界最大の砂漠です。南北1700kmにわたり、なんと面積はア…

モロッコの「カスバ街道」

カスバ街道、英語で Kasbah Highway、フランス語で Route des Kasbahs はモロッコ中部の都市ワルザザードからティネリールを経てエルラシディアまでを東西に結ぶ一大街道である。カスバと呼ばれる要塞化された集落が多く残っていることで知られている。 ■砂漠の地下水路カナート カナートは、地下水…

世界遺産「マラケシュ旧市街」

モロッコの中心部に位置する街マラケシュの旧市街全体が1985年に世界遺産に登録されました。伝統的な味わいと、利便性豊かでモダンなシステムを兼ね備えた、まさに観光客にとっては非常に訪れやすいスポットの1つです。1070年辺りからある西部イスラム教の経済や文化の中心となったこの土地にはおよそ…

パナマ運河

■飛鳥Ⅱ世界一周クルーズパナマ運河を通峡 長い一日が始まりました、パナマ運河を一日かけて通峡します。 パナマ運河は、1534年、スペインがパナマ地峡を通る運河安の最初の調査をしたことから始まり、最初の建設が着手されるまで三世紀以上が経ち、1880年フランスが20年かけて労力を費やしましたが…

モロッコの「アトラス山脈」

アトラス山脈とはアフリカ北西部、モロッコからチュニジアにかけて東西に伸びる褶曲山脈である。名称はギリシア神話の巨神アトラスにちなんでいる。西側が最も高く、東に行くにつれ低くなる。長さは2,400km。 モロッコでは標高3,000mを超え、北緯31度3分43秒、西経7度54分58秒にあるモロッコの最高峰ツ…

モロッコの世界遺産「アイト・ベン・ハドゥ」

隊商交易の中継地として栄えたこの地にはカスバと呼ばれる邸宅が数多く建築され、中でも特に有力であったハドゥ一族が築いたのがアイット・ベン・ハドゥの集落である。孤立した集落であるがゆえに、盗賊などの掠奪から身を守るため、城砦に匹敵する構造になっている。敵の侵入を防ぐため、集落への入口…