新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

#あとは分かるな、その先へ「分析を重ねて、最後は芸術の領域」- コロナウイルス感染者数の予測モデル構築と市場のコンセンサス




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2020年2月23日 11:00 GMT

スプレッドシートを更新

グラフ上でモデル構築に使用された感染者確定数とモデル構築後の感染者確定数のドットの色分けをしました。各モデルの予測と実際の数字を比べ易くなったと思います。

画像53

追記2 モデル3(2月13日までのデータで Solve)のグラフです。これをメインに使用して、モデル2の予測数と併せて観察しています。

追記2 モデル3(2月13日までのデータで Solve)の C列に確定数を打ち込むだけで、全てのワークシートで反映されるように作成変更しています。

感染者日次増加 vs 治癒数日次増加 のチャートは同じシートの H列に治癒数を打ち込むだけです。

全てのワークシートのコピーできますので、他地域、世界全体の過去の数字を使えばザックリとした予測数も出せますね。

(本文に追記内容はありません)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2020年2月22日 23:00 GMT

追記3

それでは、今回作成したモデル全て(モデル1、モデル2、モデル3、モデル3'(10万人過小評価ケース)、追記2モデル(2月13日までのデータで Solve))を公開します。

これは、皆さんの答え合わせとしてまずはお使いください。

このモデル全てコピーもできる様になってるので、コピーして頂いても全然かまいません。他の地域や、世界総数を当てはめて応用することもできますよね。数理モデル、統計的な分析を加味して、雰囲気も考察する。


数理分析も行わず、ある一部分の側面だけをみて大騒ぎするメディア、SNS、評論家、インフルエンサーの意見もありますが、DF 的には、

森を見て木も見る

でありたいものです。

木だけを見て森を見ないのでは全体像が見えてきません。 


手順を追えばきっと作成できるので是非一度はトライしてみて下さい!

なにか、またざっくりした内容のスプレッドシート分析あれば、執筆したいと思います~☆ ここ最近では、Fed のドル資金供給オペを加味した、ザックリとしたバランスシート分析、少し前からだと、ビットコインの無期限と先物の価格差から考えられる短期ドル調達のザックリとした分析など、スプレッドシートで行っています。

医療クラスタ、ザックス先生 @DrGoldmanZachs 、鮨は非常食先生 @naochanman__ 、kira 先生 @kira55244 のお医者さんにもご感想頂きました。

画像52



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2020年2月19日 16:30 GMT

追記2

追記1のモデル1と本題の数式を使用して、予測モデル構築できましたか?全てコピペで、共有スプレッドシートと照らし合わせればご自身のスプレッドシートで、色々なシナリオ立てていじれたことだと思います。

今回は、モデル3のスプレッドシートの共有です。

これで、現在の予測も立てられています。

そして、もう一つ。

これも、共有スプレッドシートに追加してあります。このタイミングでツイートできてよかったです。

そんなに難しく考えないで下さい。手順を追えば簡単出来ます。我々は医療のプロでもありません。ただ、この位は誰でもできる考察、分析だという事をご理解頂きたく思います。

ドル円の上昇にも寄与された事だと考えています。ドル円は別の理由で底堅く。ご興味ある方は、それも併せてお読みください☆


くろさん @noir_kuro_kuro がとても、スマートな判断をされました。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2020年2月16日 22:30 GMT

追記1

モデル1のスプレッドシートのリンクを載せます。ご自身の作成したモデル1と同じかどうか?確認してみて下さい。

これが作成できていれば、モデル2、モデル3、モデル3' は自分でできるはずです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


DF は金融市場の中でも雰囲気トレーダーの部類でした。市場に直接出てマーケットメイカー的な役割をするトレーダーを

フロートレーダー

と呼びますが、雰囲気トレーダーの集団なんです(笑)。ただ、期待値を上げる努力はするので(笑)、いわゆる「雰囲気」雰囲気トレーダーではありません。色々な視点で調べたり、考えたりするのが好きな人たちの集まり。DF の大師匠のお言葉を借りさせていただくと、

「分析を重ねて、最後は芸術の領域」


但し、フロートレーダー達は、決して研究者ではありません。仕事の合間に自分でなんか分析してみよ☆って感じになりがちで、似たような分析の情報を集め、それと市場の価格の動き併せて分析、考察したりして☆ ザックリって言葉が好きな人種。

そこでトレードするのが本業です。



今回は、コロナウイルス感染者数予測モデル化、について書こうかな、って思います。

株指数価格とコロナウイルス感染者数予測モデル作成

市場の話や公表されている記事等を取り入れ、

コロナウイルス感染者数の予測

を独自計算、分析してみたいと思います。DF の私見では、公表数、予測数が正しいか正しくないか?正直、そこよりも、

市場のコロナウイルスに対するコンセンサスと価格

それが重要かと。

その為には、まず コロナウイルス感染者数の予測 作成から始めました。Google のスプレッドシートで簡単に作れます。

本題では、DF が作成した予測モデルの構築の仕方を、Google スプレッドシートを使用して、ステップバイステップで説明して、いくつかのモデルケースの分析、考察、着眼点も書きますね。

こんな感じのスプレッドシートになります。

画像39


取り敢えず、手を動かして何事も自分でやってみましょう!能動的に動けるように自己啓発してみて下さい!



それでは、はじめます、




#あとは分かるなその先へ



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

株指数価格とコロナウイルス感染者数予測


まずは、コロナウイルス感染者予測モデルの構築について、お話ししようと思います。意外と簡単に作れます、それも無料の Google 表計算で。エクセルも要りません。

DF の金融ネットワーク市場仲間達も、この手法に沿って作成し、目安にしたりしている声が多いので、ある種の、

市場のコンセンサス

かと思われます。

すぐできるように、とても簡単な予測モデルを、ステップバイステップで説明します☆

まずは、


この続きをみるには

この続き:12,095文字/画像50枚

#あとは分かるな、その先へ「分析を重ねて、最後は芸術の領域」- コロナウイルス感染者数の予測モデル構築と市場のコンセンサス

DF AG

3,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25
元外資系投資銀行の債券為替トレーダー 15年間のトレーディング経験を経て退職。現在は独立して仮想通貨、為替、コモディティをトレーディング。英国在住。 自己紹介ですhttps://www.quick.co.jp/6/article/17607
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。