見出し画像

介護施設でバラバラ食事は可能か?

note感想文を書きます。
まえさんの「かすみの里にお邪魔しました⭐︎」

私が良いなぁと思ったのは3つ。


◻︎バラバラ食事。好きな時に食べられるだけ食べる。
→バラバラで食事をとる。介護施設になると急に無理になるのはなんでだろう?


◻︎食事時間が固定だと、そこに入居者さんの生活を“当てはめなければ”いけない。
→当てはめてる。時間を気にして、入居者さんの調子を置き去りにしがち


◻︎バラバラ食事なら、“一斉に大勢”のケアをしなくて良いので、少しゆとりができます。
→食べて、薬のんで、歯磨いて、トイレ行って、寝て、、、終わったら記録して、、、余韻はほとんどない。のど自慢見てる時はちょっと起きてる


介護施設は・・・

入居者が食べものを食べる機会は3回+間食。(うちの施設は原則この機会)この時間しかないから、食べれれるのなら食べて〜エイっ!、、、、、やってしまう。けど、自分が休みの日に家だったらどう?朝ごはんは毎日食べる?早番の時は食べる?嫌いな食べ物も残さず食べる?飲みすぎた次の日の朝、しっかり食べれる?介護施設は仕事場である前にじいちゃん・ばあちゃんの生活の場だ。

気づき

やられたら嫌なことはやらない。ここの理解があると“グイと口に入れ込むよりどうやったら美味しくご飯を食べてくれるか、今起きて食べるべきか?”介護職員の前に人として、自分の言葉と行動を見直したい。


まえさん、素敵な機会をありがとうございます。



最後に・・・

既存の(3食決まった時間に出す)施設がバラバラ食事をするには?
・介護施設での食事の概念を変える(食べさせる×食べる⚪︎)
・職員へ食事の概念を共有する(食べたくない時もあるよね〜)
・安全な食事を提供するには(保存方法・保存場所)
・仕事の場の前に生活の場だと言う共有理解(自分だったら・・・)


くぅ〜考えさせられる。まえさん素敵な機会をありがとうございます。

やっぱり食事は自分のタイミングで食べたいですよね。介護施設だからって決められたものを食べるだけではなく、いろんな選択肢があって好きな時に好きなものを好きなところで入居者が選べる生活の場にしたい。



この記事が参加している募集

note感想文

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます。 日々、地域で関わる人(特に高齢者とそこに関わる人)に ついてゆる〜く書いています。noteを読んで 少しでも「良いな〜」と思ったらサポート頂けると嬉しいです。

スキ、ありがとうございます!
13
介護をしない装丁家/装丁家の本来の「本の外側のデザイン」を介護の働き方と説いて 介護職員だからできる新しい働き方、ちょっとズラした働き方。 介護に関わる人の外側を考える人。介護施設で最期を迎えた人に本を贈ったり 地域に出て人に関わったり、介護職員以外の副業をしたりしてます。
コメント (2)
わあ!!うれしいです!誰かのきっかけになれたなんて、書いた甲斐があります~♪
施設はどうしても、管理的になってしまうので、気を付けたいなと日々思います。
ありがとうございます!!
コメントありがとうございます。
まえさんのnote楽しみにしてます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。