マガジンのカバー画像

HSP(繊細さん)のための薬膳哲学

13
薬膳はココロとカラダが密接に関わっていると考える学問。悩みやすくなる食生活やイライラしやすいライフスタイルをしているともろにメンタルに直結します。 繊細だと感じる人こそ自分のカラ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

できることなら来世は超ポジティブ人間になりたい |繊細さんの薬膳哲学

「来世も自分で生まれたいか?」と聞かれたら あなたはどうだろうか。 私は正直“NO”だ。 …

【ご相談】繊細であることをパートナーに話すかどうか問題|繊細さんのための薬膳哲学

こんなご相談を頂きました▼ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ゆーみんさん…

小さいミスでも激しく動揺してしまう時の対処法 |繊細さんのための薬膳哲学

わたしは昔から、何かちょっとでも失敗してしまうと激しく動揺して、パニックになることが多か…

変わりたいのに昔の自分に戻ってしまいそうな時は|繊細さんのための薬膳哲学

ありませんか?こんな時。 調子がいい時は、いい感じに進んでいくけれど何かつまずくと「やっ…

私が朝にコーヒーを飲む理由 | 繊細さんのための薬膳哲学

私の朝のルーティーンに、コーヒータイムがあります。 きっと、同じように朝のコーヒーを楽し…

HSPあるある?頑張ってる自分だと安心する説|繊細さんのための薬膳哲学

薬膳のベースの考えになっている中医学の治療法則の1つに❝補と瀉❞というものがあります。 …

“困難も楽しんでいこう”というのは繊細さんには難しいお題である | 繊細さんのための薬膳哲学

一時期、自己啓発の本を読み漁っていた時期があった。そう、自分にとにかく自信がなかったときだ。 その自己啓発本に、こんなワードを見かけることが多かった。 “困難さえも楽しんでいこう” “困難な時こそ前向きに捉えてみよう” 素直な私は、こういう言葉をすぐ鵜呑みにして困難は楽しむものなんだ!楽しまないとっ!前向きにならないとっ!って思っていた。 そして、前向きに頑張ろうと無理にテンションをあげた代償として、うぅ…なんで私は前向きに考えられないんだろうってガーンと気持ちが下

スキ
13

ダラダラ脱却からのルーティーン|繊細さんのための薬膳哲学

わたくし、何か辛いことがあるとすぐシャッターガラガラ~としてゴロゴロするという、いわゆる…

イライラして自分を責めるならミネストローネ食べた方がいい | 繊細さんのための薬膳…

私はイライラするときに決まって食べるものがある。 それはミネストローネ🍅 薬膳のベースに…

休んでいる自分に罪悪感を感じる時は |繊細さんのための薬膳哲学

「お休み日を設けることがすごく大切だと分かっていても、休むことに罪悪感を感じてしまいます…

悩みやすい原因は食習慣にあり。悩みやすい人に始めてほしい2つのこと | 繊細さんの…

私のもとには日々色々なお悩みが寄せられます。その中で多いのはココロのこと。思い悩んだりイ…

ゆらぐ自分をダメだって思ってない? | 繊細さんのための薬膳哲学

もしかして、体調悪くなったり気持ちがゆらぐと「あーダメだなぁ。なんでいつもこうなんだろう…

自分はいつも足りないって思って生きてきた | 繊細さんのための薬膳哲学

いきなり暗いタイトルですみません笑 でも、わたしはずっとこの思いが強くて自分に自信が持て…