見出し画像

ひとりご飯が好き

 パピコとか、二本入りのヤクルトとか。あれを、ふたつ同時に食べる時って、なんだかいけないことをしてるみたいな気分になる。

 たしか、ヤクルトは一日一本が適量なんだよね? ……だから、ほんとにいけないことみたいなんだけども(笑)。

 友達や恋人がいるときはいいけど、そうじゃないときは処遇に困る。一個だけ残ってるし、もう溶けてる or ぬるいし。ヤクルトはまだ良いけど、チューペットアイスはただの“味つき水”になってしまう。

 モロッコヨーグル、うまい棒、カルパス、白身魚のカツ。

 幼い頃から、駄菓子はひとりで食べるのがいちばん美味しいと思ってた。今でも、ご飯はひとりで食べるのが好きだ。友達に誘われても、あんまり行きたいとは思わない。(食べ方とか、食べ物の好みを他人に知られたくないというのはある) 

 昼食時ですら、なるべく穴場の学生が行かないような店を選ぶことが多い。こうなると、もはや幼い頃から『ひとり時間』に適合していたのかもしれないなという気さえしてくる。

 友人とわいわいするのは好きだけどね、もちろん。それと同じくらい、ひとりの時間も好きだってこと。

 なぜかは知らないけれど、友達の輪の中にいつもいたり、いじられキャラみたいになってたりすることが多いから、不思議に思われることもあるんだけど……

 ひとり時間はそんなにネガティブなもんでもないかな。という話。美味しいご飯は黙々と!

 エッセイ「古今東西・偏愛AtoZ」第Y回
 坂岡 優

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 いただいたサポートは取材や創作活動に役立てていきますので、よろしくお願いいたします……!!

カレーライス!
4
兵庫県在住の20歳。青春と怪獣の表現者。詩や小説、エッセイを紡いでいます。ウルトラマン、THE ALFEE、野球とモータースポーツが大好きです。大阪音楽大学に在学しています。 作品タグは「#優の惑星」です。ご依頼はyuupsychedelic@gmail.comまでお願いします。