東南裕美

株式会社ミミクリデザイン(Director/Researcher)|東京大学大学院 情報学環 特任研究員| WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)運営|最近の興味関心はコミュニティと組織。組織開発の研究にも取り組んでいます✏️

ワークショップによる人材育成の評価をどのように行うか

人材育成や組織開発を目的としてワークショップを実施する際、そのワークショップにより参加者は本当に学習をしたのか、教育としての効果はあったのか、という観点は無視で...

組織学習とは何か:組織の成長を支える学習のメカニズム

一般的に「学習」というと、個人が学習することを思い浮かべることが多いと思いますが、近年「組織学習」という考え方への関心・注目が集まっています。 「組織学習」とい...

"コミュニティ"とは何か:"組織"との比較から手がかりを掴む

"コミュニティ"と"組織"、これらはしばしば別の土俵で語られたり、あるいは曖昧な使われ方(区別のされ方)をすることがあります。 私自身、この区別について考え続けてき...

地域活性化に関する概念の整理:まちづくり、街づくり、観光振興などの違い

ミミクリデザインのプロジェクトでは、人材育成や事業開発の案件であっても、間接的に「地域活性化」に関わることが少なくありません。 しかし地域を"活性化する"といって...

読書めも✍️『ワークショップー住民主体のまちづくりへの方法論』

今回はこちらの本を読んでの読書メモです。 本書では「ワークショップとは集団の力を発揮する方法」と書いてあり、一貫して「集団から創造性が生まれることを信じる、それ...

読書めも✍️『組織開発の探究:理論に学び、実践に活かす』

この年末年始は、まとまった時間を確保して経営学に関する本を読み、論文を書き、経営学(主に組織開発)の勉強をするべく、分厚い本やパソコンとにらめっこしています。 ...