オーハラユーコ

絵描き。Painter, Illustrator 絵を描くことで 和やかな意思疎通を。

オーハラユーコ

絵描き。Painter, Illustrator 絵を描くことで 和やかな意思疎通を。

マガジン

  • 自由研究 エシカルにクリエイティブ

    クリエイティブでもエシカルな選択をするために、自分で調べたことや実践してみたことはシェアしていきます。

  • バランスを考える(仮)

    また読み返したい、覚えておきたいnoteを集めてのこします

ストア

  • 商品の画像

    山ドローイング 上高地より(原画1点もの 額装込)

    オーハラユーコ色鉛筆 / スケッチ用紙* 額縁外寸; 約25cm x 25cm(ガラス合わせで背景が透けます)Colour pencils on sketchbook paperFramed size; approx. 250mm x250mm=2024年4月の個展 Drawing Colours で発表した作品がオンラインでも購入可能になりました=上高地でスケッチした1点ものの原画作品です。徳沢に向かうまでの道中、視界がひらけて山並みがよく見える川沿いのポイントでスケッチしました。現地で描いた、生きた筆跡が感じられます。= 展示ステートメント =きれいな光だ。標高800m近い土地へやってきた時、そう思った。光を浴びた色が、とても眩しい。非日常から淡々とした日常へ移り変わってもその感覚は変わりませんでした。それはいつも通りすがりにやってくる。一瞬の陽光に照らされた山肌、田んぼの水面、おすそわけの野菜の色。色に惹かれて、小さな虫か あるいは鳥にでもなれそうな気がするのです。=== 必ずご確認ください ===*実際にお届けする額は写真2枚目以降です。反射の映り込みで見にくくなるため、写真1枚目はデジタルシュミレーションを使用しています。*スケッチブック用紙のため経年変化・黄変しやすいことをご了承ください。*直射日光は退色の原因となるため、飾る際はご注意ください。*モニターの環境によっては、色映りが実際の商品と若干異なる可能性があります。*2枚の合わせガラスの間に作品が収まっています。
    ¥17,000
    YUKO OHARA ART
  • 商品の画像

    山ドローイング 木曽駒ヶ岳 乗越浄土より(原画1点もの 額装込)

    オーハラユーコ色鉛筆 / スケッチ用紙* 額縁外寸; 約25cm x 25cm(ガラス合わせで背景が透けます)Colour pencils on sketchbook paperFramed size; approx. 250mm x250mm=2024年4月の個展 Drawing Colours で発表した作品がオンラインでも購入可能になりました=木曽駒ヶ岳でスケッチした1点ものの原画作品です。頂上へ向かうまでの道中、長い登り道を越えて一気に山頂の稜線がのぞめるポイント、乗越浄土でスケッチしました。現地で描いた、生きた筆跡が感じられます。= 展示ステートメント =きれいな光だ。標高800m近い土地へやってきた時、そう思った。光を浴びた色が、とても眩しい。非日常から淡々とした日常へ移り変わってもその感覚は変わりませんでした。それはいつも通りすがりにやってくる。一瞬の陽光に照らされた山肌、田んぼの水面、おすそわけの野菜の色。色に惹かれて、小さな虫か あるいは鳥にでもなれそうな気がするのです。=== 必ずご確認ください ===*実際にお届けする額は写真2枚目以降です。反射の映り込みで見にくくなるため、写真1枚目はデジタルシュミレーションを使用しています。*スケッチブック用紙のため経年変化・黄変しやすいことをご了承ください。*直射日光は退色の原因となるため、飾る際はご注意ください。*モニターの環境によっては、色映りが実際の商品と若干異なる可能性があります。*2枚の合わせガラスの間に作品が収まっています。
    ¥17,000
    YUKO OHARA ART
  • 商品の画像

    Sprout(リソグラフポスター LIMITED EDITION)

    オーハラユーコリソグラフプリント 10部限定/紙A4サイズRisograph, limited edition of 10, on Japanese quality paperA4, unframed=2024年4月の個展 Drawing Colours で発表した作品がオンラインでも購入可能になりました=信州のしんしんと寒い冬の終わりがみえてくる。三寒四温で訪れる春にあわせて新芽がはじけて踊る。みんな芽吹き、動き出す季節。水彩絵具で描いた絵をリソグラフでエディション限定プリントにしました。あえて原画とは構成を変えて、春の陽気を感じられるように遊んでいます。リソグラフならではの固有色の発色と重なり、質感、個体差(色ムラや擦れ)、環境へやさしいインクなどいろんな要素が好ましく感じているのでアートプリントとして使っています。= 展示ステートメント =きれいな光だ。標高800m近い土地へやってきた時、そう思った。光を浴びた色が、とても眩しい。非日常から淡々とした日常へ移り変わってもその感覚は変わりませんでした。それはいつも通りすがりにやってくる。一瞬の陽光に照らされた山肌、田んぼの水面、おすそわけの野菜の色。色に惹かれて、小さな虫か あるいは鳥にでもなれそうな気がするのです。=== 必ずご確認ください ===*写真は額装イメージMockupです。額縁は付属しません。*直射日光は退色の原因となるため、飾る際はご注意ください。*モニターの環境によっては、色映りが実際の商品と若干異なる可能性があります。*定形外郵便での発送になります。
    ¥4,500
    YUKO OHARA ART
  • 商品の画像

    山ドローイング 上高地より(原画1点もの 額装込)

    オーハラユーコ色鉛筆 / スケッチ用紙* 額縁外寸; 約25cm x 25cm(ガラス合わせで背景が透けます)Colour pencils on sketchbook paperFramed size; approx. 250mm x250mm=2024年4月の個展 Drawing Colours で発表した作品がオンラインでも購入可能になりました=上高地でスケッチした1点ものの原画作品です。徳沢に向かうまでの道中、視界がひらけて山並みがよく見える川沿いのポイントでスケッチしました。現地で描いた、生きた筆跡が感じられます。= 展示ステートメント =きれいな光だ。標高800m近い土地へやってきた時、そう思った。光を浴びた色が、とても眩しい。非日常から淡々とした日常へ移り変わってもその感覚は変わりませんでした。それはいつも通りすがりにやってくる。一瞬の陽光に照らされた山肌、田んぼの水面、おすそわけの野菜の色。色に惹かれて、小さな虫か あるいは鳥にでもなれそうな気がするのです。=== 必ずご確認ください ===*実際にお届けする額は写真2枚目以降です。反射の映り込みで見にくくなるため、写真1枚目はデジタルシュミレーションを使用しています。*スケッチブック用紙のため経年変化・黄変しやすいことをご了承ください。*直射日光は退色の原因となるため、飾る際はご注意ください。*モニターの環境によっては、色映りが実際の商品と若干異なる可能性があります。*2枚の合わせガラスの間に作品が収まっています。
    ¥17,000
    YUKO OHARA ART
  • 商品の画像

    山ドローイング 木曽駒ヶ岳 乗越浄土より(原画1点もの 額装込)

    オーハラユーコ色鉛筆 / スケッチ用紙* 額縁外寸; 約25cm x 25cm(ガラス合わせで背景が透けます)Colour pencils on sketchbook paperFramed size; approx. 250mm x250mm=2024年4月の個展 Drawing Colours で発表した作品がオンラインでも購入可能になりました=木曽駒ヶ岳でスケッチした1点ものの原画作品です。頂上へ向かうまでの道中、長い登り道を越えて一気に山頂の稜線がのぞめるポイント、乗越浄土でスケッチしました。現地で描いた、生きた筆跡が感じられます。= 展示ステートメント =きれいな光だ。標高800m近い土地へやってきた時、そう思った。光を浴びた色が、とても眩しい。非日常から淡々とした日常へ移り変わってもその感覚は変わりませんでした。それはいつも通りすがりにやってくる。一瞬の陽光に照らされた山肌、田んぼの水面、おすそわけの野菜の色。色に惹かれて、小さな虫か あるいは鳥にでもなれそうな気がするのです。=== 必ずご確認ください ===*実際にお届けする額は写真2枚目以降です。反射の映り込みで見にくくなるため、写真1枚目はデジタルシュミレーションを使用しています。*スケッチブック用紙のため経年変化・黄変しやすいことをご了承ください。*直射日光は退色の原因となるため、飾る際はご注意ください。*モニターの環境によっては、色映りが実際の商品と若干異なる可能性があります。*2枚の合わせガラスの間に作品が収まっています。
    ¥17,000
    YUKO OHARA ART
  • 商品の画像

    Sprout(リソグラフポスター LIMITED EDITION)

    オーハラユーコリソグラフプリント 10部限定/紙A4サイズRisograph, limited edition of 10, on Japanese quality paperA4, unframed=2024年4月の個展 Drawing Colours で発表した作品がオンラインでも購入可能になりました=信州のしんしんと寒い冬の終わりがみえてくる。三寒四温で訪れる春にあわせて新芽がはじけて踊る。みんな芽吹き、動き出す季節。水彩絵具で描いた絵をリソグラフでエディション限定プリントにしました。あえて原画とは構成を変えて、春の陽気を感じられるように遊んでいます。リソグラフならではの固有色の発色と重なり、質感、個体差(色ムラや擦れ)、環境へやさしいインクなどいろんな要素が好ましく感じているのでアートプリントとして使っています。= 展示ステートメント =きれいな光だ。標高800m近い土地へやってきた時、そう思った。光を浴びた色が、とても眩しい。非日常から淡々とした日常へ移り変わってもその感覚は変わりませんでした。それはいつも通りすがりにやってくる。一瞬の陽光に照らされた山肌、田んぼの水面、おすそわけの野菜の色。色に惹かれて、小さな虫か あるいは鳥にでもなれそうな気がするのです。=== 必ずご確認ください ===*写真は額装イメージMockupです。額縁は付属しません。*直射日光は退色の原因となるため、飾る際はご注意ください。*モニターの環境によっては、色映りが実際の商品と若干異なる可能性があります。*定形外郵便での発送になります。
    ¥4,500
    YUKO OHARA ART
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

エシカルにクリエイティブ

エシカルであること。作品を届けるときも。 これはわたしが絵描き活動をする上で、とても大事にしていることです。 エシカルってどういうこと?エシカルな絵描き活動って具体的にどんなこと?を、これから少しづつ伝えていきたいです。 ・・・ よく分からないけど、わたしたちは生きている。ある時から、とても大きな循環の輪をイメージするようになった。自然とか動物とか、沢山のいきものの内に人間がある。人間という小さい輪の中に文化活動のひとつとして絵を描くことが入っている。 そんな風に世界

    • 環境への影響が気になる、油絵の具の中身を調べてみた

      気持ちよく絵を描きたいので、画材の成分と環境への影響について自由研究で調べているシリーズ。今回は油絵の具です。 油絵の具はよくわからない。扱いが大変そう。子どもが使うには危ないらしい。 こう言った声をよく聞きます。小さい頃から絵を描くことが大好きだったわたしも、ロンドン留学をするまで26年間、油絵の具には一切触れることがありませんでした。でも使ってみると、水で溶く絵の具とは全く描き方が違って、すごく楽しかった。 絵の具を使うとき、「これって自然環境に... 大丈夫...

      • 壁の塗りかえ。できれば自然にやさしいペンキを使いたいから

        ついに、部屋の壁をぜんぶ塗り替えることができました。白く、広く、明るくなった部屋は気持ちがいい。 さて、このペンキ選びに悩みました。創作活動にもエシカルの視点を入れていきたい、と考えるようになってから、材料を選ぶときに一旦立ち止まり、とくに環境への負担を調べるようになりました。 その延長で、今回のペンキ選びもできるだけ環境負荷の少ない選択をしてみよう!と調べてみたのでシェアしようと思います。 自由研究 エシカルにクリエイティブでは、自分なりに疑問に思った過程や調べてみて

        • キャンバスの歪みと木の生命力

          展示中、知らぬ間に絵が歪んでいった。紙に大きくシワが寄り、背を丸めてちぢこまるようになっていった。理由はおそらく、絵の土台にしている木材、50年越えの古民家から出た廃材だ。50年越えの木材でさえ、自らの在りように戻ろうとしているのだろうか。 この歪んだ絵を展示している企画は、アーティスト・イン・レジデンスというANA企画の地方滞在型のアートプロジェクト。わたしは長野県塩尻市という豊かな山と川に恵まれた地域に滞在させてもらい、そこで古民家から出た廃棄予定の床材をいただき、制作

        • 固定された記事

        エシカルにクリエイティブ

        マガジン

        • 自由研究 エシカルにクリエイティブ
          10本
        • バランスを考える(仮)
          2本

        記事

          ブドウで絵を描く

          ブドウ "の" 絵を描く、ではない。ブドウ "で" 絵を描く、というチャレンジをした。 エシカルにクリエイティブがしたい。と思いはじめてから、絵の具の成分やら環境への影響などを色々と調べていて、自然のもので絵を描いてみたい という気持ちが強くなっていった。 布を染める草木染めがあるのだから絵を描くことも... と、元ファッション業界の者なりにぼんやり考えていたそんなとき。オラファー・エリアソンの展示を見たり、ANA企画のアーティスト・イン・レジデンスへの参加が決まったりで

          ブドウで絵を描く

          アクリル絵の具で汚れた水をどうしよう?

          アクリル絵の具はとても便利。ここ数年、透明水彩絵の具をメインに絵を描いているものの、昔はアクリル絵の具もよく使っていました。こんもりと絵の具をのせていくのが楽しかった。 エシカルに創作活動をしていきたい。と考えるようになって、絵の具の成分についてコツコツと調べていると、ふと「アクリル絵の具ってプラスチックの一種では...?」と思うようになりまして。 わたしが気になっているのは、アクリル絵の具を溶いて汚れた水。絵の具の中身について調べることで、この水の処理について考える必要

          アクリル絵の具で汚れた水をどうしよう?

          プラスチック包装の代わりを探して

          ピカピカで透明な袋に包まれていると、ハンドメイドに「商品」っぽさが増して「ちゃんとしてる感」が出る。表面が均一で工業くささが出るせいだろうか。プラスチックを嫌悪しているはずなのに、「ちゃんとしてる感」を覚えてしまう自分がいる。 今回、ギャラリーでの展示販売でオリジナルのグッズを置くときに直面した課題が、どうしたらゴミになるだけのプラスチック包装を避けられるか?だった。 結果として今回の展示販売では、紙の包装を使うことに落ち着いたのだけど、そもそものプラスチック問題をもっと

          プラスチック包装の代わりを探して

          名刺をサトウキビの搾りかすを使った紙で作ってみた

          先日、名刺を新調しました。はじめてサトウキビの搾りかすを使った紙、「ハイブリットバガスFS ラフホワイト」という紙を使ってみたので、仕上がりの感想と紙選びで調べたことをシェアします。 絵描きの視点で、色味の再現性や紙表面の質感、個体差など名刺の仕上がり感だけではなく、エシカルにクリエイティブをしたいという想いから「エコな紙選び」という視点もある。サトウキビの搾りかすを使った紙ってどんないいことがあるのか?も合わせて書いておきたいです。 『自由研究 エシカルにクリエイティブ

          名刺をサトウキビの搾りかすを使った紙で作ってみた

          #エシカルにクリエイティブ の自由研究はじめました

          はじめにエシカルであること。これは日々の選択で大切にしたいポリシーです。日々絵を描く上でもエシカルな選択をしていきたい、という強い想いがあります。(エシカルとは何か?を含めて想いを綴った記事が以下リンク) 絵の具のこと、使う紙のこと、印刷のこと、作品を届ける包装紙のこと。疑問に思っていることをひとつずつ少しずつ、コツコツ調べたことはシェアしていきたい。少しでもエシカルに関心を持つきっかけとなったり、エシカルな選択をする助けになれれば何よりです。 線引きは自分でするエシカル

          #エシカルにクリエイティブ の自由研究はじめました

          毒入りブルーは選ばない

          ちょっと強めのタイトルをつけてしまった。 コバルトブルー、セルリアンブルー。その言葉の響きだけでも美しいイメージが浮かぶ。けれど、美しい絵の具には毒性のものがあることを、どれくらいの人が知っているだろうか? クリエイティブの領域に「エシカル」を持ち出すならば、絵の具選びは気にしたいところだ。絵を描くことを楽しむためにも、絵を描く本人に対する安全性だけでなく、その周辺にも目を向けたい。絵の具選びで少しのことを覚えておくだけでも、今より良い選択ができるのだから。 自由研究

          毒入りブルーは選ばない

          消えていた「時間を過ごした」という感覚

          2020年 春。世界が変わってしまった。理由は、言わずもがな。 だれかと会うことも話すことも減ってしまったので、心で想ったこと、頭で考えたことが自分の内側に溜まったまま。沢山たくさんあります。 言葉にして外に出していかないと、中途半端に熱がこもって体が苦しいです。わたしと同じように感じている人も多いはずですよね? だからちょっと吐き出させてください。言葉を出させてください。 ・・・ 2020年 春の消失 「時間を過ごした」という感覚が消えた はじまりほぼ大丈夫だ

          消えていた「時間を過ごした」という感覚

          目を逸らさない

          「BLACK LIVES MATTER」今、アメリカで起きている人権運動。わたしはサポートします。 正直、なんと言ったらいいか... ためらいました。悩んで考えた末、instagramでも同じく投稿して、noteにはこれが初めてですが記事を投稿することにしました。理由は もう日常でテレビを観る習慣がなかったり、SNSは日本人コミュニティがメインの友人にも もっと知ってもらいたいと思ったから。 この問題について 毎日のようにあの残酷な証拠とデモの映像と大統領の発言がニュース

          目を逸らさない