yukka kiyo

SaaS企業で働きつつ、web3のプロジェクトメンバーやってます。ツールいじりが好きで…

yukka kiyo

SaaS企業で働きつつ、web3のプロジェクトメンバーやってます。ツールいじりが好きです。

マガジン

  • web3プロジェクト

    web3に関連する記事をまとめています。

  • お茶のこと

    お茶に関するあれこれをまとめています

  • Notion活用法

    いろんな作業にNotionを使ってみましょう。生産性を高める方法をまとめています。

最近の記事

  • 固定された記事

Notionを使って「ポモドーロ・テクニック」を上手に取り入れる方法

生産性があがると話題の「ポモドーロ・テクニック」。試してみたけど、25分で区切るの面倒だし、そもそもこれって効果あるのかな…。そう思ったことありませんか?実は自分も最初うまくコツがつかめず、なかなか慣れませんでした。 なぜ効果が出ないと感じるのか探ってみると、1ポモ(25分)で終わると思ったものが、2ポモかかっていたり、逆にすぐ終わって別のタスクに手をつけていたり。そうこうしているうちにポモドーロのタイマーセットせずに、ズルズルと作業がしていることが多かったのです。これじゃ

    • 「選択の科学」を読んで、自律した組織のあり方について考えてみた。

      「裁量権の大きい仕事です」 という言葉を、採用の記事を書くときによく使ってます。裁量権とは、自身で意思決定できる権利のこと。つまり、「役職とか関係なく、自分で考えたように進められる環境(自律した組織)だよ」とアピールするのが狙いです。 でもいっぽうで、この言葉を書くときに、これってメリットになりえるのかなと思うこともあります。一見良いようにみえて、実際入社してもらうと、これこそが不満を生み出す要因になっていることもありそうだな、と。 うまくマネジメントされている組織で裁

      • 習慣化アプリで、ホントに習慣が続くのか?4つのアプリを使い比べてみた。

        初めは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る。 とは、イギリスの詩人ドライデンの言葉。マウンドのゴミを普通に拾っている大谷を見ると、たしかに習慣がその人を作ってるなぁ〜というのがわかります。毎日の心がけひとつでその人が出来上がってしまうんだから、習慣て大事ですね。 それにしても、毎日必ずやるって、ホントにホントに、難しい。英語の勉強、最長で6ヶ月続いたことがありますが、1日サボってしまうともうダメです。「今日は疲れてるから」とかで、ずるずる怠け癖がついてしまいます。 あ

        • 沖縄でNFTのクイズラリーをしたら、想像以上に楽しかったという話

          10月の末、コミュニティの数人と沖縄に行ってきました。メンバー数人で企画したクイズラリー「THE GAME」に参加するためです。 初めての、しかも沖縄という地で、NFTを使ったクイズラリーの試みでしたがやってみると、ほんとーーーに、思っていた以上に楽しかった!!参加者のみなさんもほぼ同じ感想。 「楽しかった!」 「濃かった!」 「また沖縄の読谷村に行きたい!」 事後アンケートでは、開催地の読谷村に再訪したいですかという質問に対し、答えた参加者の100%が「また行きたい」

        • 固定された記事

        Notionを使って「ポモドーロ・テクニック」を上手に取り入れる方法

        • 「選択の科学」を読んで、自律した組織のあり方について考えてみた。

        • 習慣化アプリで、ホントに習慣が続くのか?4つのアプリを使い比べてみた。

        • 沖縄でNFTのクイズラリーをしたら、想像以上に楽しかったという話

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • web3プロジェクト
          yukka kiyo
        • お茶のこと
          yukka kiyo
        • Notion活用法
          yukka kiyo

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          CollabLand と MintRallyで、Discordにトークンゲートを作成する方法

          NFTを発行したら、こんなこと思いませんか。このNFTの保有者だけが入れるコミュニティとか、NFT保有者だけが見れるチャンネルとか作れたらいいなぁ。。 たとえば、NFT付きのプレーリーカードと組み合わせて「2023年に会った人だけ」とか「実際にお店に訪れてくれた人だけ」のチャンネルを作って特典を渡すとか。 いわゆる「トークンゲート」と言われる機能。 はい。これ、NFTの無料発行ツールであるMintRally と Collab.Landと組み合わせると、けっこう簡単に作れる

          CollabLand と MintRallyで、Discordにトークンゲートを作成する方法

          ひとりでも、初心者でも、だいじょうぶ。楽しきかな、「月釜」の世界。

          月釜とは、お茶室で開催される、毎月決まった曜日におこなわれるお茶会のこと。季節ごとに趣向が変わり、お茶会らしさをじゅうぶん堪能できるものの、1時間程度で会が終わるので気軽に参加できるお茶席です。 気軽にという点でいうと、特に最近は若いお茶人の方が開催する「お茶の経験はなくてもどうぞ」という参加しやすい月釜が増えているような気がします。東京周辺でいくつか参加しましたが、実際に未経験に近い初心者の方が参加してました。しかも、たいていみなさん、おひとりで20〜40代の方々。 こ

          ひとりでも、初心者でも、だいじょうぶ。楽しきかな、「月釜」の世界。

          Notion と MintRallyで、NFT付きのプレーリーカード(みたいなデジタル名刺)を作ってみた

          さいきん、デジタル名刺の「プレーリーカード」が人気だそうで。 プレーリーカードとは、パスモやスイカなどのようなNFC型の名刺のこと。自分のプロフィール情報を記載したページをNFCに書き込んでおき、挨拶の際にプレーリーカードを見せて、相手のスマホで読み取ってもらうらしい。 従来の名刺交換のように、紙で渡さないから使い切る心配はなく、部署異動や転職したらプロフィールページの情報を書き換えるだけでいいという、なにかと今の時代にあった名刺です。 ふむふむ。デザイン良いし、よさそ

          Notion と MintRallyで、NFT付きのプレーリーカード(みたいなデジタル名刺)を作ってみた

          お茶を楽しむコミュニティ「chanowa」をはじめました

          web3のコミュニティ内で、お茶関連のイベントをプロジェクトベースで企画していましたが、持続的に活動を続けていくために、プロジェクトからコミュニティへと組織化することにしました。 コミュニティ内での、サブコミュニティの立ち上げ。たとえるなら、企業内ベンチャーのようなイメージでしょうか。(そこまですごいことじゃないけど…) コミュニティの名前は「 chanowa」 。chanowa の「わ」には、輪・和・環など、いろんな意味を込めています。 輪:循環、繋がり、ブロックチェ

          お茶を楽しむコミュニティ「chanowa」をはじめました

          「お茶」のなにが好きで、どんな「お茶」をしていきたいのか

          最近、コミュニティでお茶に関することをいろいろやってます。 そもそも自分は、どうしてこんなにお茶が好きで、なんで今コミュニティでお茶に関することをやり始めたんだっけ? ということを、この先ぶれないように書いておくことにしました。今回は自分のための備忘録ブログです。 お茶に興味をもったきっかけさて、なぜお茶にはまることになったのか。それはあるお店との出会いです。 もともと日本文化や仏教が好きで、学生のころから美術展や能楽堂によく通っていました。しかし、社会人となり、結婚

          「お茶」のなにが好きで、どんな「お茶」をしていきたいのか

          POAPだけじゃない!NFTを簡単発行できる「MintRally」とは?活用事例3選

          web3のイベントを主催した方なら、イベントの参加記念としてPOAPを発行したことはあるのではないでしょうか。画像アップロードだけで手軽にNFTを発行できるし、参加者にガス代負担もないので、使いやすいですよね。 でも数ヶ月前の仕様変更により商用利用は有料化になり、発行の申請も通りにくくなったようです。「POAPの申請がおりない〜」そんな声をたびたび聞くようになりました。 そんなときにおすすめしたいのはMintRally。MintRallyは無料で簡単にNFTを発行できるの

          POAPだけじゃない!NFTを簡単発行できる「MintRally」とは?活用事例3選

          こころをかるく「調性」していく。「生成と消滅の精神史」を読んで感じたこと。

          ChatGPT使っていますか?調べものをするとき、文章を書くとき、翻訳をするとき、いろんなケースで使用している方は多いと思います。どんな状況でも適切に優しく答えを返してくれる、良き上司・良き部下・良き友人・良き家族(?)のような存在ですよね…。 個人にとってここまで重要な存在となったAI。いったいこのAIは、人にとって、どのような意識の変化をもたらすのでしょうか。 先日読んだ下西風澄さんの「生成と消滅の精神史」は、そういった意識の変化に対して理解を深めてくれる、大変おもし

          こころをかるく「調性」していく。「生成と消滅の精神史」を読んで感じたこと。

          トークンと利他の関係。DAOは「ドライな組織」のほうがうまくいくのではないか、と考えてみた

          どのコミュニティも頭を悩ませる問題、それはメンバーのリテンション率ではないでしょうか。最初は熱量高くコミュニティに入ってくれたのに、そのうち発言数が減って、ついには現れなくなる…なんてことはしょっちゅうです。それを避けるために、コミュニティは、何かしら貢献してくれたメンバーに対しインセンティブとしてトークンを配るということをしています。 「コミュニティへの貢献(コミュニティにとって良いこと)をしたらトークンがもらえる」、これ素晴らしいことに思えるのですが、少しだけ違和感があ

          トークンと利他の関係。DAOは「ドライな組織」のほうがうまくいくのではないか、と考えてみた

          DAOを「中動態のコミュニティ」として考えると、しっくりくるという話

          web3のコミュニティに入ってから、1年半ほどたちました。ちょうど自分が入ったころは、web3の期待がかなり高まっていた時期だと思います。毎日ニュースで流れ、まわりでもたくさんのコミュニティがたちあがり、Discordには多くの投稿があふれていました。何か新しいことが始まっている…、そんなワクワク感がありました。 そして今。技術は日々進化しているものの、コミュニティに関しては当時の盛況ぶりはだいぶ落ち着いた感があります。「やっぱりDAOって難しいね…」そんな雰囲気が流れてさ

          DAOを「中動態のコミュニティ」として考えると、しっくりくるという話

          いまこそ、茶道で「身体性」を取り戻そう。

          リモートという働き方になってから5年が経ちました。いつでもどこでも、PCさえ開けば仕事ができる、これは本当にありがたい環境です。 働きやすいし快適ではあるのですが、この生活ばかり続いていると、どうも人間らしい感覚が薄れるような気がしてしまうんですよね。 たとえば、リモートワークを始めてからこんな変化がありました。 みなさんはそんなこと感じたことありませんか?(もしかしたら自分の場合は、リモートワークの前からこうだったかもしれませんが…笑) これは、「頭だけ」を使う状況

          いまこそ、茶道で「身体性」を取り戻そう。

          web3のコミュニティで、お茶会プロジェクトを始めてみた

          web3のコミュニティに入って1年半ほどが経ちました。コミュニティに入った当初は「○○ to earn」という単語がよく聞かれ、NFTも大人気。web3を知らなければ、時代に乗り遅れる、そんな気運が高まっていました。 それからどうなったでしょう。暗号資産に絡むさまざまな事件があり、欧米諸国での規制は強くなり、早くもcryptoの冬の時代なんて言われています。ニュースを見れば、web3という文字は少なくなり、代わりにChatGPTという文字が踊っています。 コミュニティ全体

          web3のコミュニティで、お茶会プロジェクトを始めてみた

          ChatGPTの会話を一瞬でNotionに保存する方法

          ここ最近、ニュースを見ればかならず聞こえてくる「ChatGPT」という言葉。みなさんは使いこなしていますか? わたしは、調べものをしたいとき、要約を書きたいとき、翻訳をしたいとき、「これってどうやるんだっけ?」というときは、迷わずChatGPTさんに聞いています。ちょっと前まではGoogle先生とか言ってたのに、それがあっという間にChatGPTさんに置き換わってしまいました。 ただ、良い回答が得られても、あとで使おうと思った時に探すのがちょっと面倒なんですよね…。回答結

          ChatGPTの会話を一瞬でNotionに保存する方法