未来創造コンサルタント 月森 裕樹子

約20年、学生・社会人へのキャリア相談。クライアントは2,000名を越した。現在は日本を代表する情報通信企業の人材開発に携わる一方で、未来創造コンサルタントとして「キャリア理論×コーチング×ワークショップ」で伴走。副業実践者。https://ww-consult.jp/index

未来創造コンサルタント 月森 裕樹子

約20年、学生・社会人へのキャリア相談。クライアントは2,000名を越した。現在は日本を代表する情報通信企業の人材開発に携わる一方で、未来創造コンサルタントとして「キャリア理論×コーチング×ワークショップ」で伴走。副業実践者。https://ww-consult.jp/index

最近の記事

  • 固定された記事

自己紹介

はじめまして。 Will Way Consulting 月森 裕樹子です。 今日は自己紹介をしたいと思います。 1975年2月生まれ。いわゆるおひとり様。 誰とでも仲良くなるというのが苦手でした。 自由と義務を歌う自由な校風の高校に行き、自己実現を意識するようになりました。 卒業後、大学に進学し法律を学ぶ一方で、小3生から高3生までを教える講師のアルバイトを開始しました。 「受験」「教育」の世界にどっぷり浸かる一方で、検察官になりたいといきなり思い、司法試験の勉強を開始しま

    • 私の学び直し

      学ぶことはなぜ大切なのか。 よく生徒に聞かれていた時は、「知識や技能などの力を身につけて、その身につけた新たな力を使って自分の世界や可能性を広げるため」だと答えていたように思う。 逆にいうと、学ばないとその先の世界を広げられない。 この10年を考えても自然災害やパンデミックなど、私たちの力ではどうすることもできない出来事が立て続けに起きている。 発生を抑えることはできない中で日常生活を送らざるを得ないならば、自分が危機に晒された時にどう乗り越えていくか、考えなくてはいけない

      • 自分を創る

        最近の私のブームは学び直しで自分を創ること。 Planned Happenstanceというクランボルツ教授の理論があるが、私はこの理論が好きだ。 思えば、2020年1月頃コロナによる生活様式の変化が起こり、テレワークの日々が続く中、友人に頼まれて中学生と小学生の子供の家庭教師を副業で行うことになった。 学校だけでなく塾もお休みになったりしていたためだった。 受験生の彼らに前職で行っていたように、コーチングで目標設定し行動計画を立て学習を進めてもらい、模試の結果の振り返りでま

        • 今日も 12月17日の無料イベントの運営打合せ。お客様に気づきの瞬間を贈れるようにワクワクしながら頑張っています。いつもとちがう視点から目標を立て、よい2023年を迎えられるように、一緒に準備をしましょう。 →詳細とお申込みはhttps://journey-of-discovery-1217.peatix.com/

          学び直す中で、コーチングが社会に浸透し誰もが息がしやすい社会にしたいと思った。だから、コーチングの講師養成クラスに進むのを決めた時の気持ちを思い出した。一人ではできないこともたくさんのコーチがいればできる。全員コーチングができるようになった時はコーチという仕事はなくなるけれど🤗

          【ご招待】無料イベントを開催します!

          今回はWillWayコンサルティングとしてではなく、 Journey of Discovery (JoD)のメンバーとしての告知です! Let's Create Hashtag(#) for 2023 with Points of You® 〜手放そう!新しい自分に出逢うために 〜2023年を共にする自分のハッシュタグ(#)を決めよう! 毎年、年末年始が近づくと今年の振り返りと来年の目標を立てていませんか? その中で、毎年年始に目標を立てても達成できなかったり、 忙しい生

          過度な承認欲求と「さようなら」するには

          最近、職場で気になっているのは「承認欲求」の強い人が結構多いなということだ。そして、そういう人達自身がメンタル不調になったり、周りを悩ませてしまったりする。 「自分の頑張りを上司に認めてもらいたい」 それは誰もが思っていることかもしれない。 そこで、今日はこの承認欲求と大人の学びについて考えてみたいと思う。 承認欲求では、そもそも承認欲求とは何だろう。 簡単に言えば他人から認められたいという感情の総称である。 褒められたい、ひとりの人間として認知されたい、といった欲求

          【ご報告】 10月24日、国際コーチング連盟(ICF)より連絡があり、アソシエイト・サーティファイド・コーチ(ACC)に認定されました。 GCSで体系的にコーチングを学び直そうと入学したのが1年前。この1年、よく学んだ良い刺激を先輩や仲間から受けた幸せな時間でした。

          【12月17日(土)20:00-21:30のJourney of Discoveryイベント(無料)】 2023年こそ目標を達成したい! では、今回はやり方を変えてみませんか。 Points of Youも使ってあなたの2023年ハッシュタグを考えましょう。 まもなく案内開始。

          私のセカンドキャリアへの道〜二歩目はどうする?②〜

          さて、前回は自分史の作業とコーチングと特質を知るアセスメントを組み合わせて、自分の自己理解を促進し、自分が見えていないリソースを見つける方法をご紹介しました。 今回は、自分の特質を知るためのアセスメントをご紹介できればと思います。 ここまでの流れは下記を参照いただければ幸いです。 単独でも一つのテーマになっていますのでご安心ください。 アセスメントは身近にある 実はアセスメントは身近にあります。 インターネットで性格診断などで検索すると エニアグラムなどを元にしたものなど

          私のセカンドキャリアへの道〜二歩目はどうする?①〜

          さて、前回はセカンドキャリアの準備の第一歩として、自分の特質を知り、価値観を知り、自分の理想のセカンドキャリア・セカンドライフを描くことをお話ししました。 そこで、今日は2歩目に進みたいと思います。 ここまでの流れは下記を参照いただければ幸いです。 単独でも一つのテーマになっていますのでご安心ください。 「私にできることは何かあるんでしょうか」 自分は特にできることはないと思い込んでいる人は多いようです。 そのせいで、躊躇いがあり踏み出せないという声をよく聞きます。 し

          天職をあえて転職した私

          天職とは何でしょう? 天職をいきなり語るより、まずは天職とは何かを考えましょう。 この時ヒントになるのは、日本で暮らした Héctor García , Francesc Miralles の「ikigai」という本で紹介された考え方だと思います。 この中で、日本語の「生きがい」という概念を4つの構成要素で表されています。 その4つの構成要素は下記の4つです。 好き(What you love) 得意(What you are good at) 稼げる(What you

          怒涛の1週間が終了。明日から25日までは遅い夏季休暇だ。ここ3週間、副業に関してのことは滞りまくり。正直にネガティブな感情をコントロールするのが大変だった1週間。 さぁ、自分のための時間、自分のやりたいことに集中し、活力を養おう!

          私のセカンドキャリアへの道〜最初の一歩(3)〜

          さて、今日はセカンドキャリアの準備の第一歩として何をすると良いか書いてみたいと思います。 ここまでの流れは下記を参照いただければ幸いです。 単独でも一つのテーマになっていますのでご安心ください。 キャリアは人生の一部 自分のことを一番理解していないのは自分だったと思うことはないでしょうか。 大人になると「社会の常識」「親の期待」「周囲の期待」などの制約に がんじがらめにされますね。 「仕方ないよね」と口にする回数は子供の頃より大人になるに連れ増えていないでしょうか。

          未知のあなたを発見し、最幸の未来を創りませんか?

          ご挨拶 はじめまして。 未来創造コンサルタント月森裕樹子です。 「キャリア理論×コーチング×あなたに合ったオリジナルワーク」で、 最幸の人生にするために自分を成長(変化)させたい方に、 個別セッションを提供しています。 「自分が何者か?」「何がしたいのか?」に気がつくと、 ドキドキ、ワクワクする気持ちが生まれ あなたの人生をより色鮮やかなものに変えます。 「あれ?もしかしたら気づいたかも!」 その瞬間の表情をみると、私はいつも嬉しくなります。 そんな気づきの「きっか

          今日は上司と1時間半も育成とメンバーのキャリア自立について話し合う。 答えはなかなか見つからないから、試してみるしかないんだろうなぁ。