ゆえじ ちゃんこ

中国茶ナビゲーター。 中国茶の淹れ手として各種イベントで中国茶の魅力を伝える活動を10年以上継続中。 オンラインではSNS総フォロワー7000名以上の方に向けて中国茶の魅力を伝える情報発信を行う。 https://line.me/R/ti/p/%40747xsikj

ゆえじ ちゃんこ

中国茶ナビゲーター。 中国茶の淹れ手として各種イベントで中国茶の魅力を伝える活動を10年以上継続中。 オンラインではSNS総フォロワー7000名以上の方に向けて中国茶の魅力を伝える情報発信を行う。 https://line.me/R/ti/p/%40747xsikj

    マガジン

    • 中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】

      中国茶や台湾茶に関する最新情報をまとめています! 最新号はLINE公式から配信中です。 ご登録はこちらから▶︎https://line.me/R/ti/p/%40747xsikj

    • お茶と歩む半生と夢(全4話完結)

    • 中国茶・お茶淹れ1000人チャレンジ

    最近の記事

    固定された記事

    たった1つ変えるだけ!感情に振り回されない自分になれる!「60秒の香りプチメディテーション」実践法

    みなさまこんにちは、中国茶ナビゲーターの ゆえじ ちゃんこ と申します。 \こんなお悩みありませんか?/ 突然ですが……最近のあなたは 家事、育児、仕事に追われる 忙しい日々、心の余裕がない… と感じていませんか? ちょっとしたことで つい感情的になってしまい 後から自己嫌悪になっていませんか? 周囲に影響されやすくなって、 ちょっとした言葉に 傷ついてしまっていませんか? 「当てはまるかも」と感じる方は 少し私の話を聞いてください。 すぐ感情的になってしまって

    スキ
    7
    有料
    500
      • 【華茶だよりvol.21】酷暑の杭州、龍井茶を守る取り組み

        みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】2022年7月25日号をお届けします。 今回は、酷暑の杭州で龍井茶を守る取り組みについてご紹介します。 7月は中国各地で猛暑日が続く7月中旬、中国は各地で気温が上昇し、40度を超えるエリアも多数出ているみたいです。 上海でも7月13日の午後には40.9度を記録。これは1873年に始まった観測記録の中で最高気温だということです。 河北省や雲南省の観測ポイントでは44度を超えたところも確認されて

        • 第四部:大好きな中国茶でステージアップするための新たな挑戦

          結婚して家庭の事情で 専業主婦になったけど 夫や家族に恵まれて 私は十分幸せに生きてきました。 でもどうしても 心に引っかかっているものがある。 自己肯定感を取り戻したい。 自分で生きる喜びと充実感を。 そのために必要なのは 精神的な自立。 そして経済的な自立。 自立を目指すのは 私自身のためでもあるけど、 大黒柱として一人で 家族を支える夫の助けにもなりたい。 そして一人の女性の生きざまを娘にも見せたい。 胸張れるようになりたい。 では私は経済的な自立を果たす

          スキ
          21
          • 中国茶1000人チャレンジ18〜33人目

            中国茶お茶淹れ1000人チャレンジの経過報告です。 ▼チャレンジ宣言はこちら  ※ 1〜3人目のレポも上の記事内に書いています ▼4〜5人目(わたしの父と母) ▼6〜17人目(音声SNSで繋がったお茶仲間) ---------------------------------------- まさにこの1000人チャレンジを思い立ったきっかけの出版塾。 2021年12月に行われた1泊2日の執筆合宿へ、お茶道具を一式持って参加した。 夜とかきっと自由時間はあるだろうか

            スキ
            16

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】

            • 20本

            中国茶や台湾茶に関する最新情報をまとめています! 最新号はLINE公式から配信中です。 ご登録はこちらから▶︎https://line.me/R/ti/p/%40747xsikj

          • お茶と歩む半生と夢(全4話完結)

            • 4本
          • 中国茶・お茶淹れ1000人チャレンジ

            • 4本
          • 中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】

            • 20本

            中国茶や台湾茶に関する最新情報をまとめています! 最新号はLINE公式から配信中です。 ご登録はこちらから▶︎https://line.me/R/ti/p/%40747xsikj

          • お茶と歩む半生と夢(全4話完結)

            • 4本
          • 中国茶・お茶淹れ1000人チャレンジ

            • 4本

          記事

          記事をすべて見る
            • 【華茶だよりvol.19】伝統製法の正山小種 課題と新技術

              みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】2022年6月27日号をお届けします。 今回のテーマは伝統製法の正山小種・課題と新技術に関するお話です。 正山小種とは?正山小種(せいざんしょうしゅ/ラプサンスーチョン)は中国福建省武夷山桐木関で誕生した世界初の紅茶。 松の木の煙で燻す独特の香りが特徴で、ボウモアやアードベッグなどのウイスキーや正露丸の匂いにたとえられたりします。 かなりクセがあるので苦手な人は苦手ですがハマる人はハマるタイ

              スキ
              1
              • 第三部:自分の力で生きる喜びを取り戻す

                7.恵まれた結婚生活、忘れていた感覚その後、約5年という時間を費やし、 不妊治療がついに結果につながった。 メンタルも体力もすり減らした末に 香港で第一子を出産。 異国の地で育児に奮闘、とはいえ 香港で一緒に暮らしているとき 夫は積極的に家事も 子供の世話も手伝ってくれる。 とても恵まれている。 それでも初めての育児は 子供のことで頭がいっぱい。 1日が長く感じるものの 目の前の生活に必死で、 時間はあっという間にすぎていった。 香港でのワンオペ育児で思い出したこ

                スキ
                31
                • 【華茶だよりvol.18】端午節の“お茶ちまき”

                  みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】2022年6月13日号をお届けします。 今回のテーマは端午節の“お茶ちまき”に関するお話です。 6月3日は旧暦の端午節6月3日は旧暦の端午節でした。 中国では家族や親戚があつまる節句のひとつで粽子(ちまき)を食べる習慣があります。 以前、中秋節の時期に中国のお茶月餅を紹介しましたが、茶業界は近年単語説のちまき商戦にも参入しているとのこと、いろんなタイプの“茶ちまき”があったのでご紹介します。

                  スキ
                  1
                  • 【華茶だよりvol.17】「国際お茶の日」価値観キーワード10選

                    みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】2022年5月30日号をお届けします。 今回のテーマは春茶の収穫終了と「国際お茶の日」価値観キーワードに関するお話です。 春茶の収穫は概ね終了今年の春茶シーズン、主な茶産地は天候に恵まれ、茶樹も順調に生育しました。 収穫時期に関しても、どの銘茶もおおむね遅れは少なく、平均的な期間で収穫を終えることができたようです。 価格は、生葉の仕入れ値が昨年より高くなっています。 主な原因は人件費の上昇

                    スキ
                    1
                    • 第二部:結婚後にぶち当たった「女の壁」

                      4.家庭環境の変化で中国茶の活動は停滞私のお茶の活動という意味では、 夫と結婚して福建省に拠点を移すまでは 順調だった。 中国へ移住する、 ということ自体に不安はなかった。 大学時代に北京へ留学していた経験もあるし、 私が中国茶と出会ったきっかけのアモイ市も福建。 来たことある場所。 だから大丈夫。 そう思っていたものの、 現実は甘くはなかった。 海外移住はやっぱり楽じゃない 国際結婚して生活の拠点を海外に移す、 というのは思っていた以上に大変で、 慣れるまでに時

                      スキ
                      41
                      • 第一部:お茶との出会い「生きている実感」

                        恋をしてしまった。 からだの深いところを ぎゅっと掴まれたような感覚。 大学4年の冬休み、 福建省の厦門(アモイ)市の友人宅にて。 私の人生が狂い始めたのは 「安渓鉄観音」という烏龍茶を飲んだ あの瞬間からだった。 1.「実感すること」に生きる幸せを感じる周囲に合わせてなんとなく生きていた さかのぼること学生時代の私は 将来やりたいことも特になくぼーっと生きていた。 周りの友人みんなが大学へ行くから 私もみんなと受験勉強して。 これといって行きたい学部もなかった

                        スキ
                        37
                        • 【華茶だよりvol.16】ロックダウン下の上海茶業界

                          みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】2022年5月16日号をお届けします。 今回のテーマはロックダウン下の上海茶業界に関するお話です。 上海のロックダウン政策が長期化3月1日に最初の陽性者が確認されて以来、上海での感染者数は累計60万人以上(無症状者も含む)にもなっています。 「ゼロコロナ」を目指す中国政府の方針によりロックダウン政策が1ヶ月以上も続いている上海。人々の日常生活はもちろん新茶を迎えた茶業界も大きな影響を受けていま

                          スキ
                          1
                          • 【華茶だよりvol.12】最新!中国茶業界の全体像をつかむ2021年統計レポートまとめ

                            みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより2022年3月20日号】をお届けします。 今回は2021年最新!中国茶の統計レポートです。 これらの内容は、かなりの時間をかけて現地の関連情報をいろいろ読み漁って、日本語で分かりやすくまとめ上げた統計レポート日本語版!!! ですので、 本記事スポットでのご購読はワンコインとさせていただきます🙏 \ 無料で読みたい方はぜひLINE登録を!/ ▼中国茶&台湾茶マガジン「華茶だより」の配信登録は

                            スキ
                            4
                            有料
                            100
                            • 【華茶だよりvol.15】茶摘み労働者不足問題の解決を目指した機械摘みへの挑戦

                              みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】をお届けします。今回のテーマは機械摘みの挑戦!に関するお話です。 茶摘み労働者の減少と人件費高騰の問題今年の春茶の収穫は感染症対策との兼ね合いで現地では苦労したみたいです。特にエリアを跨いだ移動が制限されたことで、茶摘み労働者が集まらないという問題がが深刻だった模様。 2022年春の茶摘み状況について詳しくは▼こちらの記事にて。 【華茶だよりvol.13】コロナ禍での茶摘みの課題と2022年価

                              スキ
                              1
                              • 中国茶1000人チャレンジ6〜17人目

                                中国茶お茶淹れ1000人チャレンジの経過報告です。 ▼チャレンジ宣言はこちら  ※ 1〜3人目のレポも上の記事内に書いています ▼4〜5人目(わたしの父と母) ---------------------------------------- 一度会ってみたい。 そう強く感じる人たちとの出会いがあった。 2021年1〜2月に日本でちょっとしたお祭り騒ぎになった音声SNSアプリ・Clubhouse(クラブハウス、通称「クラハ」)。当初は招待制だったこともあってか異様な盛り

                                スキ
                                25
                                • 【華茶だよりvol.14】茶産業と観光を融合した茶園リゾート構想

                                  みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】をお届けします。今回のテーマは茶産業と観光を融合した茶園リゾート構想のお話です。 茶園×観光の可能性ワイナリーツアーってワクワクしますよね。 畑を眺めながらワインの試飲をする。ホテルやレストランで飲むワインとはまた違った体験を味わうことができます。 日本でも近年、ホテルを併設したワイナリーも増えているようで。 同じような体験がお茶でもできたらいいのになぁ〜と思っていましたが、どうやら中国各地

                                  スキ
                                  1
                                  • 【華茶だよりvol.13】コロナ禍での茶摘みの課題と2022年価格動向

                                    みなさんこんにちは、ゆえじ ちゃんこです。中国茶&台湾茶マガジン【華茶だより】をお届けします。今回のテーマはコロナ禍での茶摘みの課題と2022年価格動向です。 春茶収穫の季節がやってきました〜! 早いところでは2月から始まっている地域もありましたが、3月も中旬を過ぎた頃から緑茶産地を中心に各地で新茶の収穫・生産が進んでいます。 ※詳細:華茶だよりvol.10 前回ご紹介した統計からも分かる通り、中国茶全体の6割を占めるのが緑茶。緑茶といえば日本茶と同じように春の一番茶(中

                                    スキ
                                    1