見出し画像

生産性改善のために社内で実施している14のこと

株式会社QuickWorkでは、Visionとして「Be Productive -社会の生産性を底上げする-」を掲げています。他社の生産性を高める立場として、自社内の生産性は世界一であるべきだと考えています

そのため、社内の基本スタンスとして、

・無駄だと思うことは一切しない
・可能な限り全て自動化する
・最小限の時間で最大限の価値を出す

は常に意識しています。

その基本スタンスを元に、生産性を高めるために実施している14のことをご紹介できれば幸いです!

■想定読者
・社内の生産性を高めたい方
・自動化や効率化に注力したい経営者 / リーダー
など


a. 社内ツール

a-1. zapier

あらゆるツールを簡単に連携できます
サイトへの問い合わせがあったら、gmailからスプレッドシートに記載しslackに通知したりしています。設定も3分で簡単にできます。QuickWorkでは月間2,000件以上のタスクをzapierが自動化してくれています。

a-2. slack

文句なしに使いやすいコミュニケーションツールです。ここまで不満がないツールは滅多にありません。笑 社内コミュニケーションはほぼ全てslackで完結しています。API連携も簡単で、zapierとの連携などとても重宝しています。

a-3. biskett

日程調整は全てこれで実施しています。日程調整のメールやり取りの作業を一切しなくてよくなります。googleカレンダーと連携し、スケジュールが空いている時間を先方がリンク先から選択できます。営業担当全員が商談の日程調整に活用しています。

a-4. Gsuite ( google ) 

クラウドで同時編集できるスプレッドシートやgmailなどフル活用しています。こちらもAPI連携が豊富で、zapierからgmail, スプレッドシート, slackを連携したり、salesforceのデータを自動で同期したりしています。

a-5. クラウドサイン

請求書や申込書はweb完結です。紙の印刷も原則実施せず、pdfで完結させます。 ( 金融機関など紙が必須の場合のみ印刷していますが、、 ) 

a-6. salesforce

営業の生産性改善に最も貢献しています。営業の仕組み化には必須だと思います。ただ機能が豊富すぎて、使いこなすのが少し難しいです。よりシンプルなhubspotなどもお薦め。


b. 採用

b-7. 面接はwebのみ

基本的には一度も対面で会わずに採用しています。対面で会わないとわからないことなど無いと考えています。

b-8. 採用情報公開

また、採用用件などを可能な限り情報公開することで、用件を満たした方が応募していただける状態 ( 面接の時間を割かなくてもマッチ度が上がっている状態 ) を作っています。
優秀な方ほど、弊社サイトや募集条件を事前に確認した上で、自身にマッチすると分かって応募していただけるので、15分程度で採用が決まったりします。

弊社求人はこちら↓


c. 社内体制

c-9. フルフレックス

コアタイムも決めていない完全フルフレックスです。そのため、平日夜20時〜や、土日に勤務するメンバーも多いです。フルフレックスにすることで図らずもシフト制のようになっており、QuickWorkでは夜中以外はほぼ常に誰かが稼働しており、有効に時間活用ができています。
メンバーとしても働きたい時間に働けるため、勤務時間を縛るのは特に大きなメリットがないと考えています。

c-10. フルリモート

メンバーの8割近くはフルリモートです。採用もweb面談のみのため、兵庫県など地方在住で、まだオフラインで一度もあったことのないメンバーもいます。笑
オフィス勤務希望者は渋谷のplug and play shibuya ( シリコンバレー発祥らしい ) というシェアオフィスで働くことができます。週に1回だけオフィスに来たりするメンバーもいます。

画像1

c-11. 複業OK

全職種で複業の業務委託メンバーが中心となっています。そもそも「本業以外にも仕事をしたい」というスタンスが前提となっており、
・仕事の優先度が高く主体的で自走力がある
・そもそものスキルセットが高い

というメリットがあります。想定以上のパフォーマンスを出してくださる方々ばかりで、いい意味で期待を裏切られて続けています。ミスマッチをなくすため、正社員の採用は複業としてまず入っていただき、お互いに意気投合した段階で入っていただくフローを取っています。

c-12. 社内打ち合わせもweb

社内の打ち合わせやミーティングも基本全てwebです。googleカレンダーを設定し、メンバーを招待してgoogle meetで打ち合わせしています
参加メンバーも最低限で、基本的には15分~45分で全てのミーティングが終わります。zoomが流行っていましたが、人数制限も時間制限もないgoogle meetが一番便利だと思ってます。


d. 営業

d-13. 訪問営業は基本一切しない

採用面接と同様に、会わないと伝わらないことはほぼないと考えています。コロナ前は「とりあえず訪問は必須だから来てくれ」と言われることもあったのですが、コロナ後は無くなり助かってます。笑

d-14.  サービス情報の公開

弊社サービスに興味を持っていただいたクライアント様が、弊社営業と話す時間を取らなくても、必要な情報に簡単にアクセスできる状態を作っています。具体的にはサイトやサービス資料、自動返信メール文面に可能な限り必要な情報を掲載しています。


最後に

少しでも上記の内容が皆様のお役に立てれば幸いです。弊社内でもまだまだ生産性改善すべき箇所は残っています。引き続き、最小限の時間で最大限の価値を出すことを意識していきます

引き続き定期的に有益となる情報を投稿していきますので、ぜひフォローお願いします。

twitterもぜひ!mm

粂耀介 @株式会社QuickWork

QuickWork


番外編

僕は家の中も、スマートハウスとして思いつく限り、全て自動化しています。笑

・Alexa ( 音声で操作。"ただいま"といえば電気, エアコンつけたり、音楽かけたり。 )
・nature remo (赤外線リモコンを全て覚えさせてスマホ, alexaで操作できる)
・ドラム式洗濯機 ( 洗濯物を干すという行為を一切しなくて良くなる )
・食洗機 ( 皿を洗う行為を一切しなくて良くなる )
・philipsの電球 ( 電気をAlexaやスマホで操作できる )
・ルンバ ( 掃除機ほとんどしなくて良くなった )
・dysonのHot+Cool (スマホとsiri で操作できる )
・mornig plus ( カーテンの開け閉め自動 )
・smart lock ( 鍵の開け閉めを自動化。家に近づくと開けたりできる )
・自動ゴミ箱 (手をかざすとセンサーで蓋が開きます笑)
・tile (忘れ物防止)
・philipsの歯磨き (アプリを見ながら磨き残しが無いように磨けます笑)

alexaとnature remoを組み合わせることで、
・毎朝8時に自動で全てのカーテンを開けて電気をつけて天気予報を流して音楽をかける
・Alexaに"行ってきます"と言うことで電気消してエアコン消してTV ( プロジェクター ) 消してルンバが掃除開始
・家につく30分前にスマホからエアコン開始、ルンバ開始

とかをしています!

みなさんも良ければぜひ!笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
44
株式会社QuickWork 取締役兼COO 神戸大学経営学部卒 創業2期目のITスタートアップ経営者の視点から、スタートアップ/経営/マーケ/開発などの情報発信していきます。 週に5本見るほど映画が趣味。

こちらでもピックアップされています

Corporate IT
Corporate IT
  • 561本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。