歌詞の徒然-5-

こんにちは。

今日は、“紡ぎ目“という曲の歌詞について語ります。

**“楽しかった日々は溶けて
思い出に変わっていく”

“ねぇもしも太陽が昇らなくなったとしたら
どこを目指せばいい?”

“全てを捨てても誇れるのなら
心のままに 焦がして”**

紡ぎ目は、未練と決意の詩です。

きらきらした記憶を振り返り、憧憬し、辛くなり、

そんな湧いてくる感情を引き剥がすように未来に目を向け、振り返らず、別れを告げよう、

そんな過去と未来と、その紡ぎ目である現在の詩です。

いまこの瞬間もいつかの思い出になって、

後悔するかもしれない。
戻りたいと思うかもしれない。

せめて今この瞬間は自分らしく。

2020年1月19日

確かな「紡ぎ目」を経て、

これからも一歩一歩、ヨルを紡いで行きます。

dr.しゃなせんぱぃ

↓↓↓

NEXT LIVE

-無気力な言葉で
残酷な明日を壊した-

2020/2/24@下北沢ReG

マチカドラマ
2nd Mini Album『だれかの日々に。』
Release Tour 2020
ReG 10th Anniversary LIVE-

■open 16:30 / start 17:00
■adv 2000 / door 2500 +1d

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
"音楽は自分はここにいるよっていう証明なんだ" 東京発メランコリックロックバンド 『ヨル』 [member] vo.May gt.スグル ba.₫ dr.しゃなせんぱぃ [Website] http://yorunooto.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。