見出し画像

クビの配達引き受けます

 AP。
 その言葉が意味するのは、大体二つだ。
 一つはアーマー・ピアシング。徹甲弾。
 もう一つはアーマード・パルクール。装甲戦闘服の運び屋。俺みたいな。

「昔の戦争の花形がなあ」
「ボヤくなよマスター。俺は割と気に入ってんだから」

 酒場の店先、デカいコンテナを置く。中身は無論酒。割れキズ遅延無し。

「んじゃまたご贔屓に」

 跳躍。重力制御。ビル壁三階、垂直着地。
 走る。ハードルじみた電子看板。跳ぶ。跳ぶ。次のビルへ着地。ニュースを流すモニタ。大富豪ラティナ家当主が行方不明。跳ぶ。次のビルへ着地。考える。

 どうするか。仕事は終わりだが、このままだといよいよ大家に追い出される。アーマーは金がかさむのだ。

「あー。何かドカンと稼げる仕事が」

DOOM!

 左上、飛び去るエアカー一台。優雅な外観。だが尻から煙。ロケットでも受けたか。ややおいて飛び去るエアカー三台。黒塗り。窓から乗り出すデミヒューマン。明白な追跡。

 直後、飛び込む通信。知らぬ名前。だが取る。

「ザザッ。初めまして。APの方とお見受けしました」
「ご明察。そっちは? 追われてる方?」
「はい、ご理解が早く助」

 銃声。舌打つ。全力疾走。すぐ追いつく。斜め上、黒塗り三台。跳躍。最後尾に着地。

 生体反応。銃。だが俺のが早い。ルーフへ銃口密着。AP弾。撃つ。撃つ。撃つ。

 墜落する最後尾。跳躍。スラスター。回転。残り二台の前へ。逆さの視界。それぞれの運転デミへ照準。射撃。射撃。

 落ちる黒塗りを背に、追われてたエアカーのルーフへ着地。ドアを開く。覗き込む。

「悪いねー道が混んでてさ。んで依頼は」

 言葉は途切れた。

「詳しくは、主から」

 運転者は事切れた。白い血。この男もデミ。だが、同乗者の姿はない。

「主って、どこだよ」
「こちらです」

 後部座席、一抱えある銀の箱が開く。
 圧縮空気と共に現れたのは――生命維持装置に繋がれた、ラティナ家当主の首であった。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
45
巨大ロボ、特撮、ニンジャスレイヤー、トランスフォーマー、FFSなどが好物。 農作業の忘備録を書いたり、スーパーロボット小説「神影鎧装レツオウガ」を投稿したりします。 http://ncode.syosetu.com/n7106bw/ 夏には桃の通信販売も行っています。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品
逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品
  • 167本

小説の冒頭800文字でCORONAを勝ち取れ! ダイハードテイルズが主催するパルプ小説の祭典、パルプ小説の祭典「逆噴射小説大賞2019」の1次&2次審査を突破した作品をファイリングしたものです。全エントリーや募集要項はこちらから!:https://diehardtales.com/m/ma6005640a282

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。