読み返したいnote

307

初めての転職活動で大切だった3つのポイント

転機となりうる大きな動きをするとき。人の助けを借りますか。 一人の力で出来ちゃう人は強い人、優秀な人。 強くない、さして優秀でない自分は頼ることにしました。 今回は初めての転職活動を行う人や上手くいっていない人へ向けて。 +++ 年始から始めた3ヵ月にも及ぶ転職活動にようやく終止符…

子なし専業主婦生活と、創作活動を思いっきり楽しんだ結果…

森のようちえん卒園式、娘を4年間通わせてみて

森のようちえん、という活動を知っていますか? もともとは北欧発祥の、園舎がなく森で過ごす保育をする活動です。 人工的な遊具をあまり使わずに自然の中のもので工夫して遊んだり、雨の日も雪の日も屋外ですごしたり、基本になる思想はあるものの他の幼児教育よりもゆるいのが特徴です。 幼児教育…

「聞いてもらうこと」で自分の気持ちが知れる

選択の連続の人生。 大きな選択に悩んだときはどんな行動をするだろう? ・良さと気になる点をリストアップする。 ・一度時間をおいて、頭から離して整理する。 ・「えーい!」と決めてしまう。 … 考えるすぎるのが大得意の自分にとっては、選択ってのは「楽しみ」と「しんどさ」が交じり合う瞬間で…

口調のキツい人には、千鳥のノブを召喚しよう

真っ当でいいこと言っているのに、そして悪い人じゃないのに、ちょっと口調がキツいなあ。 なんて人、たぶんたくさんいる。 普段はそこまで気にしないでいられたとしても。ちょっと疲れているとき、元気のないとき、「悪気のない口調のキツさ」にやられやすくなったりする。 昨日の私は、まんまと「…

不況を乗り越えるたったひとつの処方箋

「成果に直結する」動きをせよ 世界に不透明感が増しています。 私はふだん組織のコンサルティングで多くの経営者にお会いしますが、そのときによくアドバイスさせていただくのが「不景気のときほど成果に直結する動きをしましょう」ということです。 あたりまえですが、景気が悪いときほど「成果に…

死の知らせを聞く側

「〜の結婚式の新婦さんが亡くなった」と仲間からのLINE。「ひゃっ」と小さな悲鳴と共に、携帯を落としそうになる。というよりも、私自体が世界の隙間に落ちてしまいそうな気持ちになる。「何で?なんで?」そうすぐ返信するも、その仲間も理由はわからない、という。この1ヶ月でそんな風に2人の死の…

母の最後を撮ったワケ

もう半年も前のことなのか。去年の盆入りの日、その日わたしは仕事で池袋の高いビルの屋上にいた。父からの電話に動揺しながら電車に飛び乗り向かった。家に帰ると母の姿はない。母に会えたのは葬儀会場の霊安室だった。 その日、一日母のそばにいながら思った。「母の最後を記録したい。しなければな…