花澤勇佑|プロモーションディレクター

プロモーションディレクター。プロレス、格闘技、スポーツ関連のプロモーション、マーケティングのお仕事。コロナ太りにより糖質制限中|フォロー待ってます|プロレスリング・ノアデジタル担当|株式会社ミイコロ取締役 スポーツとエンターテインメントを愛してます。

花澤勇佑|プロモーションディレクター

プロモーションディレクター。プロレス、格闘技、スポーツ関連のプロモーション、マーケティングのお仕事。コロナ太りにより糖質制限中|フォロー待ってます|プロレスリング・ノアデジタル担当|株式会社ミイコロ取締役 スポーツとエンターテインメントを愛してます。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    35歳おじさんが関ジャニ∞安田章大くんにハマった話

    今ハマっていることを聞かれれば、真っ先に「関ジャニ∞!」と答える。先日35歳になったばかりのおじさんの僕が、ジャニーズアイドルに夢中である。ハマったのは関ジャニ∞の安田章大くん、今年の9月11日で36歳となる同世代のスターだ。勝手ながら今日は、彼のことを紹介したいと思う。 ※多くの人に読んで貰いたい為、メンバーの皆様の呼び名を敬称略及び普段の呼び方で書かせていただきます。 妻の影響で好きになったジャニーズ僕が関ジャニ∞に興味を持ったのは今から2年半前の2018年頭頃。現在

      • 三沢光晴メモリアルポスターに込めた思い【プロレスリング・ノア】

        5月31日、後楽園ホールで『プロレスリング・ノア』の創始者である三沢光晴さんの記念興行『三沢光晴メモリアル2021~Forever in our hearts~』が開催される。 初めて三沢光晴さんのポスタービジュアルを作る僕が『プロレスリング・ノア』の仕事に関わって、約2年が経つ。実は三沢さん関連のデザインをするのは、今回が初めてだ。昨年はコロナ禍により大会は開催せず、一昨年はまだポスタービジュアルの担当ではなかった。 正直、“あの三沢さん”のポスターを制作することができ

        • アスペルガーの僕が 家族の定額給付金を使い込んだ話

          『アスペルガーの僕が、家族の定額給付金を使い込んだ話』 表題の通りである。 僕は家族の定額給付金を、勝手に使いこんでしまった。 我が家の家族構成は僕と妻、息子と娘の4人である。コロナ禍、4人分の定額給付金として40万円が僕の口座に振り込まれた。この40万円を何に使おうか? 妻と話をしていたときに、こう言われた。 妻「家族のお金を管理する口座があるからそこに振り込んでおいてくれる?」 僕「わかった! 振り込んでおく!」 翌日、早速振り込み作業をしようと銀行のページにロ

          • 画像一枚でファンにどれほどのインパクトを与えるか。【プロレスリング・ノア】

             4月29日(木・祝)名古屋国際会議場にてプロレスリング・ノアのビッグマッチ『NOAH the GLORY』が開催される。今大会におけるプロモーションで、話題になったポスタービジュアルについてご紹介する。 ビジュアルとは「ワクワク感の可視化」 名古屋国際会議場は、これまでも大会を開催している中規模会場のひとつだ。しかしこれまでと違うのはノアの最高峰である『GHCヘビー級のタイトルマッチ』が行われることである。  これは運営として最大限に盛り上げなければいけない。既存のノア

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • プロレス広報日記
            花澤勇佑|プロモーションディレクター
          • 受動型アスペルガー
            花澤勇佑|プロモーションディレクター
          • マーケティング
            花澤勇佑|プロモーションディレクター
          • 安田章大が好きすぎる
            花澤勇佑|プロモーションディレクター

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            生まれて初めて買った写真集 安田章大『LIFE IS』感想

            2020年9月24日、関ジャニ∞ 安田章大初のソロ写真集『LIFE IS』が発売された。 先日のnoteにも書いたが僕は35年間、写真集と呼ばれるものを買ったことがない。この日生まれて初めて、推しの写真集というものを買った。 ※多くの人に読んで貰いたい為、メンバーの皆様の呼び名を敬称略及び普段の呼び方で書かせていただきます。また、写真集の感想及び内容を文章で書くためネタバレになる可能性がございます。ご了承ください。 いよいよ迎えた写真集発売日、しかし……写真集発売前にヤス

            関ジャニ∞安田章大くんが教えてくれた3つのこと

            先日、関ジャニ∞の安田章大くんへの思いを綴ったnoteを公開した。ありがたいことにアクセス数は20,000を超え、僕のこれまでのnoteの中でも歴代1位のPVとなった。今回はその記事を公開して自分に起こったこと、そして安田章大くんから教えてもらったことを話したいと思う。 ※多くの人に読んで貰いたい為、メンバーの皆様の呼び名を敬称略及び普段の呼び方で書かせていただきます。 気持ちを言葉にすることに抵抗があった実のところこのnoteを公開するには強い抵抗があった。タイトルの通

            かっこいいポスターは制作側の自己満。ノアのポスターデザインの意味とは?

             イベントにとって重要な販促物のひとつ、ポスター。本日は「ノアのポスターデザインの意味」について話したい。  プロレスのポスターと聞いて、みなさんはどんな絵をイメージするだろうか?きっと下記のようなデザインではないかと思う。 全員集合のポスターの意味    このようなポスターに対して、「ありきたりだ!」とか「もっとオシャレにかっこいいものが良い!」と言われることがある。特に、オシャレにかっこよくという部分はプロレス業界に限らずあらゆるスポーツ界隈でよく耳にする。  そうい

            🗒️noteを更新しました。 公式Twitterが凍結!ピンチから生まれた新たな企画【プロレスリング・ノア】@noah_ghc https://note.com/yhanazawa/n/nf758030400e6

            公式Twitterが凍結!ピンチから生まれた新たな企画【プロレスリング・ノア】

            2020年5月18日朝、プロレスリング・ノアの公式アカウントが不正アクセスにより一時的にロックされた。今回はその時広報チームで起こった裏側を紹介する。 SNS担当のOさんから私に連絡があったのは5月18日の早朝、ツイッター社から「不審なアクティビティがあったようなので一時的にロックします」という通知があったと連絡がきた。私は何度かそのような現場に遭遇したことがあった為、まぁたいしたことはない、大丈夫だろうと思っていた。 しかし追ってOさんから連絡が入った。「パスワード変更の

            🗒️noteを更新しました。 コロナ禍において、プロレス専門誌である『週刊プロレス』の表紙を一番多く獲得したのは紛れもなく『プロレスリング・ノア』だった。 https://t.co/pI8c9fTo8W?amp=1

            『プロレスリング・ノア』コロナ禍の4ヶ月

            前回、コロナ禍におけるノア広報の動きとして2020年3~4月までに広報としての取り組みをお伝えした。 あれから2ヶ月。『プロレスリング・ノア』は更に様々な事にチャレンジをしてきた。今回はコロナ禍において止まらず突き進んだノアの新しい取り組みと動きをご紹介する。 新しいプロレス試合の形「TVマッチ」3月29日、後楽園ホールで無観客試合を行った。メインイベントの「潮崎豪VS藤田和之」のGHCヘビー級選手権試合は、31分にも及ぶ視殺戦(にらみ合い)となった。その衝撃的な試合内容か

            自分が『隠れアスペルガー受動型』だと気付くまで。

            「ADHDじゃない?」 妻から、喧嘩をした時に言われた言葉です。最初にこの言葉を聞いた時、私は自分が何かの病気なのかと思い、悲しくなりました。けれどそれと同時に、「ADHD」という言葉に興味が湧きました。 ADHDは発達障害の一種で「注意欠陥多動性障害」といわれています。 参考:政府広報オンライン https://www.gov-online.go.jp/featured/201104/contents/rikai.html 妻は、合わせてこう言いました。 「この話3回

            Youtubeチャンネルを複数運用して見えてきた効果的な運用方法

            みなさま、はじめまして。 プロレス・格闘技関連でプロモーションディレクターをしております花澤と申します。主にWEB周りのお仕事でご飯を食べています。 Youtubeの事を呟いたら思ったより反響があった先日Twitterでこのようなツイートを投稿しました。 私としてはYoutubeチャンネルの運用のメモとしてちょっと書いたくらいだったのですが、多くの反応を頂いたので、もう少し詳しく書きたいと思います。 と、その前に、私はYoutuberでもなければ登録者数何百万人というチ

            コロナ禍におけるノア広報の動き

            新型コロナウイルス感染症の問題によりイベント業界は今大変な状況になっています。計画していたイベントはことごとく延期・中止に。再開の見通しも立たない状況です。 2020年、最高のスタートを切ったはずだった私が仕事をしているプロレス業界はどこも大変な状況です。 『プロレスリング・ノア』では2月末のイベント中止からはじまり、それ以降はほとんど大会やイベントを開催出来ておりません。特に3月8日は横浜文化体育館という5,000人収容の会場での大会で、それが中止となったのには大きなダ

            私は台風のような人になりたかった

            先日妻に「私のどこが好き?」と聞かれたので「台風みたいなところ」と答えた。 「何それ?」と、聞かれたので『台風のような人』の定義を考えてみた。 『台風のような人』というのは、破天荒である。とにかく目立つ。そして色々な問題があっても、時にはぶつかり、時には進路を変えながらも進み続ける信念を持っている。 自分が出会った事のある人物でわかりやすい『台風のような人』と言えば、アントニオ猪木さんや、長与千種さんがそれにあたる。 ミュージシャンに憧れ、ストリートライブを始める

            ノアがサイバーエージェントのグループ化した事によって、広報の身に起きた事。

            2020年2月1日、『プロレスリング・ノア』は『株式会社サイバーエージェント』のグループ会社になりました。 1月29日に記者会見が行われ、AbamaTV・ノア公式Youtubeチャンネル・DDT UNIVERSEと3つの媒体で生配信。連日多くのニュースサイトや新聞等で掲載され、格闘技業界でビッグニュースとなりました。 広報から見た、サイバーエージェントグループ化最初にサイバーエージェントグループ入りと聞いた時、正直なところ不安もありました。グループ会社に『DDTプロレスリ