Yentaが生み出すビジネスの出会い

66
+3

広めたり深めたり。Yenta は自分のモードを切り替えるスイッチ

過去を振り返ると、「転職や転居など変化が多かった年」「スキルを蓄積した地盤を固める年」など一定の期間に意味を感じることがありますよね。今回の Yenta ユーザーインタビューは、UI デザイナーでフロントエンドエンジニアの矢崎さん。矢崎さんは独立後、ある課題に直面し、それを解決するために Yenta を始められ、意外な形で自分をより深めることができたそうです。お聞きする中で見えたのは、Yenta が作り出す偶発的な出会いの価値でした。 矢崎裕一 UI デザイナー、フロント

スキ
19
+3

「話すのが苦手」いち会社員が起業を夢みて、独立するまで。

ビジネス書のベストセラーには、話し方の本が常にランクイン。コミュニケーションに苦手意識を持つ方は多いと思います。 今回の Yenta ユーザーインタビューは、株式会社cooOn の常行淳史さん。常行さんもコミュニケーションに苦手意識があり、起業を踏み出せずにいました。Yenta で多くの人と出会い、話すことで苦手を克服しようとした常行さん。お話しをお聞きする中で、見えたのは偶発的な出会いがもたらす価値でした。 株式会社cooOn 代表取締役 常行淳史 システムエンジニアと

スキ
25

人間関係で感じていた壁。作っていたのは自分だった。

共働き夫婦の増加で、問題になった待機児童。2010 年代ではより深刻化し、社会問題にもなりました。今回の Yenta ユーザーインタビューは、保育業界で人事を担う花澤さん。業界問題の渦中にあった花澤さんの心の変化や、Yenta が作り出す人との出会いで見えた自分についてお話しいただきました。 花澤 彩菜 さん 区立保育園で保育士を経験したのち、保育現場の経験を生かしてYenta での出会いから複数の保育施設を運営する企業で人事を担当。 保育士にやりがいを感じる一方で、周

スキ
17

多様性の学び方。重要なのは、多様な出会いとコミュニケーションの量

世間一般的にも、耳にすることが多くなった「多様性」。「多様な価値観を受け入れよう」と呼びかけられますが、それだけで受け入れられるようになるのでしょうか? 今回の Yenta ユーザーインタビューは、多くの人と出会い、ビジネスとご自身の成長を実感された株式会社メディアウェイブメディアウェイブの上田さん。上田さんのお話しをお聞きして、見えたのは Yenta がつくりだす偶発的な出会いの価値でした。 株式会社メディアウェイブ代表取締役社長 上田 雅史さん 会社員、複数の会社の取

スキ
12

育ててくれる人と託せる人。未来を作る出会い。

Yenta を利用して出会い、実際に採用につながった株式会社ハッカズークの鈴木さんと實重(さねしげ)さん。實重さんはスタートアップの立ち上げを志すも、課題にぶつかり、行き詰まってしまいました。そんな實重さんの世界を広げたのは、Yenta がつくりだす偶発的な出会いでした。 ビジネスの可能性を広げるためにー Yenta を使い始めたのはいつごろからですか? 鈴木さん: 2017年にシンガポールから帰国した後です。シンガポールでは前職の現地法人を立ち上げ、周辺諸国も含めた日系

スキ
16

課題と意見を素直に話す。助成金・補助金サポートツール開発のきっかけ。

Yenta を利用して出会い、実際にお仕事につながった株式会社セームページの高木さんとフリーランスの吉田さん。出会いから半年後、高木さんが手がけていた助成金・補助金支援事業の価値を向上させる、業務ツールを吉田さんが開発。その開発過程をお聞きするなかで、見えてきたのは Yenta での出会いが生んだ新しい可能性でした。 事業を担える仕事仲間を探していたー お二人の自己紹介をお願いします。 高木さん(TOP画像左): 株式会社セームページ代表の高木です。会社は今年で 9 期目

スキ
12

新規事業開発に重要なヒントが得られた 〜マインドセットと顧客ニーズの発見〜

大阪から東京へ転勤し、仕事内容も活動拠点も変わった伊藤忠テクノソリューションズでを務める林さん。新規事業のテーマ探しに悩んでいた時に、Yenta を使い始め、人との出会いの中からヒントを得られたそうです。林さんの出会いがどんなものだったのか、お聞きするなかで見えてきたのは、 Yenta がつくりだす偶発的な人の出会いでした。 新規事業のテーマ、開発ノウハウがない― 林さんは Yenta をいつから使われているのですか? 2017年に大阪から東京に転勤して、少し経った頃です

スキ
14

人との対話で変わった、仕事への向き合い方 〜挑戦と安定。プロフェッショナルの定義〜

Yenta を利用して、多くの人との出会い、実際にビジネスパートナーを見つけられたプロダクトデザイナー 石榑 華那子さん。石榑さんの出会いがどんなものだったのか、お聞きするなかで見えてきたのは、 Yenta がつくりだす偶発的な人の出会いでした。 挑戦したい自分と、安定していたい自分― 石榑さんは Yenta をいつから使われているのですか? 昨年の 10 月くらいから使い始めました。当時、高校時代の同級生と一緒にデザインコンペに応募するという挑戦をしていました。その同級

スキ
18

多様な人との出会いと視点の交換が学びにつながる 〜メンターを探して、たどり着いたこと〜

今回インタビューしたのは菅原加奈子さん。今年から新社会人となった菅原さんは、自分をマネジメントしてくれる存在であるメンターを求めていました。Yenta を利用し、多くの人との出会い、ご自身の成長につながったと語る菅原さん。彼女の出会いがどんなものだったのか、お聞きするなかで見えてきたのは、Yenta がつくりだす偶発的な人の出会いでした。 対話しながら自分が成長できるメンターに会いたい― 菅原さんは Yenta はどのくらい使われているのですか? 使い始めて 1 ヶ月ほど

スキ
17

Yenta、サービス開始から5周年で5000万スワイプ突破。ビジネスマッチングアプリの今とは?

2021年1月27日で5周年2021年1月27日(水)をもって、ビジネスマッチングアプリ「Yenta」はサービス開始から5周年を迎えました。5年間に渡って成長し続けられているのは、継続的にYentaをご利用いただきながら、様々なアドバイスをくださるユーザーの皆様や開発チームを支えてくださっているパートナーの方々のおかげです。せっかくの5周年ということで、普段あまり公表していないYentaのこれまでのデータや最近の動きなどをまとめさせていただきましたので、ご興味をお持ちいただけ

スキ
65