谷津矢車

歴史、時代小説分野を専門にしている商業小説家。ゆるふわ系男子になりたい。
固定されたノート

谷津矢車刊行作品一覧

◆最新作  こちら。 ◆連載中小説  今のところ連載終了です。 ◆刊行予定  2019年11~12月「桔梗の人(仮)」(潮出版社)刊行予定 ◆狩野永徳シリーズ   → ...

【天狼院書店初心者短編2019年12月コース受講者向け】①小説は変化を描くものである

【PR】 【注意】  こちらのエントリは、天狼院書店さんで開催中の「短編小説100枚を二ヶ月で書いてみる」講座参加者の方向けのエッセイです。参加していない皆様にもなに...

『桔梗の旗』(潮出版社)発売最初の土日です

【PR】   発売から最初の土日です。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。ってか、『桔梗の旗』をぜひとも買ってほしいんだよ!  実際、『麒麟がくる』が諸般の事情でま...

伽古屋圭市先生のyoutubeページ「さっかとーく」で喋らせていただきました

【PR】  『桔梗の旗』の発売以降、告知がたくさんあり助かります。いや、皮肉じゃないよ、心から思ってるYO。一般文芸のプロモーションは往々にして発売後に始まるもの...

本日12/5、『桔梗の旗』の発売日です

【PR】  ずいぶん前から騒いでいたのでまだ発売してなかったの!? と驚かれそうですが、何と、本日が明智光秀と光慶親子の物語『桔梗の旗』標準発売日です。  大河ド...

言葉は相手への棘である

【PR】  たしか、さくらももこ先生のエッセイだったと記憶しているのですが、こういう記述がありました。 「(イベントの)前日に髪の毛を切ったせいで、髪型が素人臭く...