Yasu TANAKA / ノマド美容師

理美容師25年/横浜元町の美容室をマネージメント中/同時にノマド(代官山⇔横浜元町⇔札幌)。20代に貯めた開業資金1200万円が突然消え全て失う→2002年米国へ→英語ゼロで→豪州へ→Webマーケ&行動経済学を勉強→ドイツへ→帰国→豪州と日本をノマド4年→コロナで中止。今は日本。

Yasu TANAKA / ノマド美容師

理美容師25年/横浜元町の美容室をマネージメント中/同時にノマド(代官山⇔横浜元町⇔札幌)。20代に貯めた開業資金1200万円が突然消え全て失う→2002年米国へ→英語ゼロで→豪州へ→Webマーケ&行動経済学を勉強→ドイツへ→帰国→豪州と日本をノマド4年→コロナで中止。今は日本。

マガジン

  • 豪州の労働環境を、日本でも実現させたい!!

    横浜での美容室経営が始まりました。美容師の労働条件の悪さと給料の安さ!ブラックと言われている美容師業界を相手に、オーストラリアで10年以上、オーストラリア人の中で1人日本人という環境で働いた経験を元に、日本の美容業界に激震を走らせたい!

  • ゼロスタートで、フリーランス&ノマドになるまでの道のり

    フリーランスを目指している人には、成功のエッセンスがこのエッセイに詰まっています。 2011年秋。長年の海外生活を終え、日本に帰国。顧客ゼロからのスタートで、どう集客をし、どう収入を安定させ、表参道と札幌を移動して働くようになり。365日休まずに美容師以外の仕事もし… 現在、日本とオーストラリアを行き来するノマドワーカーになるまでの道のりを公開しています。

  • 恋愛探偵

    今までに、延べ2万人の人達とお会いした経験から、恋の真相を解明するために、恋泥棒を追いかけています! ご相談に応えています。

  • ノマド美容師Yasuの フリーランス&ノマド塾

    【留学生・ワーホリさん、フリーランスやノマド生活に興味ある人向け】 どうやって生計を立ててるの? 最初はどうやって立ち上げればいいの? フリーランスのデメリットは何? 労働人口の半分はAI(人工知能)に仕事を奪われる時代が来る。自分で稼げる力を身につけるためノウハウを伝授!学生〜起業に夢を持つ人向け。もちろん美容師も歓迎。 経営学、行動経済学(顧客心理学)、マーケティング論が中心 ■■■ 絶対にやらないのは… MLM…人間関係をお金にするビジネスはやりません。 3ヶ月で30万!…など、努力しないで儲かるようなビジネスはやりません。 アフィリエイトで儲ける…なんて、時給換算したらアホなのでやりません。 早い話、「短期間で儲かる」って話は一切やりません。 ■■■ 正統な学問としてのビジネスを勉強します。

  • 現在・過去・未来な日記【フリーランス・ノマド】

    技術バカになってはいけない、人を動かすのは人の心です。過去の出来事の所々に思いがけないヒントが散りばめられています。基本無料ですが、あまり公開したくない内容だけ有料にしています「✅これからフリーランスを目指したい!✅既にフリーランスとして働いている。✅ITとは関係ない職種でもノマドで働きたい」という方に読んでもらいたい日記です。

最近の記事

美容師におけるフェアトレード〜SDG's

SDG'sに関しては、僕はキナ臭い感じ (利権がらみ) がして心の底から賛同はできないのだけど、17の項目の中にフェアトレードというのがある。 コーヒー豆が有名な話しだけど、僕たちが安くコーヒーを飲めるのは、発展途上国の子供達が豆の収穫にかり出され、報酬などももらえない、もしくは信じられないくらい安い賃金で働いている環境下で育てている豆を、大量に安く仕入れることができるからとか…。 貧困の差をなくすためには、フェアな適正価格で購入するのが大切だと理解しています。 これっ

    • 年間65日しか休んでいない美容師達

      11月1日から美容室を引き継ぎました。 そういや、今までのサロンの年間休日ってどのくらいだったのか?と計算したところ 65日! 30年前の理美容師の年間休日とほぼ同じ。時代は変化しているのに、美容師の業界だけ変わっていなかったんですね💦 常に、新しい時代を追いかけていこう!という業界なのに、給料や休みは30年前と変わらずってどういうこと? 働き手が言えないことを、バンバン言ってます。 100人未満の従業員を抱える会社の年間休日の全国平均は、 109日間 労働基

      • 毎週給料日の実現の可能性

        いま、社労士さんとミーティングをしています。 きちんとした労働条件で、法律に則った雇用を守りながら、会社としてどこまで売上げを上げられるかを証明したいと考えています。 来年から、デジタルマネーで給与払いが解禁になるとか。 今は、政府から金融会社へ「デジタルマネーを現金化できること」という通達をしているらしく デジタルマネーで給料が支払えるようになると、毎週給料日が簡単にできそうなのです。 お給料をもらう側だって、給料を振り込まれたらATMからお金を出金すると手数料が

        • 美容師の産休育休〜労働基準法を学ぶ

          最近は労務管理に関する本を読んで、法律に踏み込んで勉強しています。 10年以上前から、オーストラリアの労働環境を日本でも実現したいと思い続け、その可能性が出てきました。 美容師業界って、若い女性が働く割合の多い業界なので 特に、産休育休について調べて社労士さんと協議して、うちのサロンに取り入れる準備をしています。 勉強して、分かったことをメモ代わりにまとめてみました。 【社会保険】 社会保険から、出産手当金(産休中の休業補償)がもらえます。 基本給の2/3 がもら

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 豪州の労働環境を、日本でも実現させたい!!
          Yasu TANAKA / ノマド美容師
        • ゼロスタートで、フリーランス&ノマドになるまでの道のり
          Yasu TANAKA / ノマド美容師
          ¥100
        • 恋愛探偵
          Yasu TANAKA / ノマド美容師
        • ノマド美容師Yasuの フリーランス&ノマド塾
          Yasu TANAKA / ノマド美容師
        • 現在・過去・未来な日記【フリーランス・ノマド】
          Yasu TANAKA / ノマド美容師
        • 壮絶!30歳からの海外挑戦
          Yasu TANAKA / ノマド美容師

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          (美容師) 有給休暇とは別に、病気休暇制度も必要

          「風邪ひいても、仕事が休めないからと無理して出勤して、スタッフみんなに風邪をうつして仕事が機能しなくなるから、風邪だと思ったら直ぐに休め! お客さん?いいから休め! スタッフみんながダウンしたら、全てのお客さんの予約がキャンセルになる!」 というのが、オーストラリア人の中で、1人だけアジア人という環境で働いていた時の常識。 僕のアシスタント時代は、「熱は38度超えたら休んでいい。風邪は病気じゃない」と教わっていたので、カルチャーショックを受けていました。 どっちが正

          【美容師】誕生日休みがあったっていい♥️

          自分がオーナーになった時に、必ずやりたいのが 「誕生日休暇」 スタッフの誕生日にプラスして、もしパートナーがいれば、パートナーの誕生日もお休みに。 パートナーがいない場合、一緒に誕生日をお祝いしてあげたい方のお日にちを、1日だけ登録制にしてお休みを作ってあげたい。 なので、年間で誕生日休暇は2日あるという形ですね。 彼氏さん、彼女さん、旦那さん、奥さん、それ以外にも、推しの誕生日とか、ペットの誕生日とかでも、とにかくご自身の誕生日にプラスして、もう1日をBD休暇を作

          【美容師】人の顔を見ないで、休める環境づくり

          入社する前は 「うちは年間に10日間も有給があるから〜」 なんて、笑顔で言われたのに。。。 いざ、働いてみると、誰も有給休暇なんて取っていなく、自分だけ休むなんて言ったら、どんな顔をされるだろう… って、無言の重圧をかけられて、結局は自由に休めない。 なんてことが当たり前の業界になっています。 オーストラリア人の中で、僕1人アジア人という環境で働いていた時は ボスが「お願いだから休んでくれ」と、しつこいくらい言われ 有給休暇の前日は、スタッフ全員が「楽しい休日

          【美容師】美容師だって年間10日間の有給休暇が保証されている件

          美容師も例外なく、雇用されていれば、有給休暇が年間に10日間もらえます。(但し、半年以上勤務で80%以上出勤すると権利獲得です) 入社して直ぐにはもらえないって事ですね。 オーストラリアでオーストラリア人の中で雇用されていたときは、年間28日の有給休暇がもらえていました。 日本の法律では、雇用されて初年度は10日間、勤続年数により、この日数が増えていくシステムになっています。 10日間のうち、5日間はスタッフが休みたい日に自由に5日間を指定できるってことで、こんな条件

          【美容師】営業時間内の居残り。やる事ないなら帰ろう。

          営業時間が夜9時迄のサロンがあったとしよう。 もう、当日予約も入らないし、掃除も終わりました。する事ありません。 オーストラリアの美容室であれば、「今日は、さっさと帰ろう!」となります(笑) こんな居残り、無駄じゃないですか? 電話予約? 携帯に転送しておけばいいのでは? っていうか、今どき、電話予約じゃなくて、ネットやLINEで予約受付にしようではないですか! 暇な時に、普段掃除しないところ、カルテの整理、BlogやSNSの投稿をしたりと やることをやれば…

          【美容師】練習時間は労働?

          トレーニングの時間は、サロン側が作ったカリキュラムに沿って練習するのが一般的ですね。 これまた判断が難しいところで、 サロン側から命令された練習は労働で 自主練習は自分の時間なので、労働ではない。 例えば、 先輩や店長、オーナーから 「今日のカラーは、なにあれ?もう1度教えるから、今日は残って練習だ!」 って言われたら、これは労働。残業代は払う。 しかし、自分の中で 「今日のカラーは、まずかったなぁ〜。もっと勉強しなくちゃ。そうだ、今夜は閉店後に練習しよう!

          【美容師】ミーティングの時間は労働時間

          営業時間外(労働時間外)にミーティングをするのはどうか? ミーティング(以下MTG)は業務なので、残業手当が発生する。 もう当たり前過ぎて言うこともないが…。 閉店後にMTGをするなら、参加者全員に残業代を払わないといけないし 払いたくなければ、営業時間内に、お客様の予約枠をcloseして、 MTGするべき。 Zoom等でのオンラインMTGも残業代は払うべき。 違った、「払うべき」ではなく 「絶対に払わなくてはいけない」。 昔は、MTGを営業時間外に行い、しか

          【美容師】面貸しは「7:3」を標準にするべき!

          オーストラリアでは、面貸しの事を、Rent Chairと呼んでいて、椅子を借りるって意味なんです。 売上げの歩合なんて、面倒な事はせず (面倒くさがりな国民性なのでw) 1日いくらとか、週にいくらとか、定額制でした。 営業時間も週に40時間以内と決まっているので、週に2〜3万円くらいのレントを払えば、サロンの椅子を1台貸してくれます。材料は持ち込みでした。(サロンによっては、使わせてくれるところもあるかもです。 大体、1週間で20のお客様をやったとして、20万円くらいの

          【美容師】フリーのような、業務委託の罠

          僕のように、望んでフリーランスになるのは、全然良いのだけど、 もしくは、なんとなくフリーって良さそうって思って、フリーになるのも、まっ、勉強になるので良いとしよう。 ただ、フリーと業務委託の違いも分からないような、若い美容師、又はジュニアスタイリストのような子を、いいように雇っているケースもよく聞く。 雇われていると、所得税や健康保険、年金やらと、給料から引かれて、手取りが少なくなる。給料明細をみると損した気分になる人もいるだろう。 そこに付け込んで、 「正社員じゃ

          「クズ経営者」→辞めていくスタッフのSNSアカウントを全部消せと指示

          経営者は、自分のサロンよりも、もっともっと大切にしなくちゃ行けないのが 自分のスタッフの美容師人生 このスタッフが、今のサロンを退社してから、どうやって1人立ちして、幸せにメシを食っていけるかを考えるもの。 頑張ってSNSを投稿して、集客に頑張ってくれて、そのスタッフの指名客も増え、 経営者側も、少なからず恩恵を受けていたはず。(…というか、搾取しているサロンも少なくないが) それを、辞めると言った途端に、手のひらを返したように、意地悪に走る経営者。 「インスタや

          自分の時間が無い美容師

          週休二日制は当然もらうべきだと思っています。 労働基準法によれば、10人以下の従業員の店舗であれば、特例で労働時間は1週間に44時間以上働かせてはいけないという決まりがあります。 8時間以上働く場合は、1時間の休憩時間も与えないといけません。 これは、日本の法律で決まっているので、サロンのオーナーさん独自の就業規則にて勝手に好きなように決めては違法となるのです。 以前、働いていた美容室のオーナーさんに、こんな人がいました。 「労働基準法を守って、うちの店が潰れたら、

          彼女の過去の男性に対して、とても嫉妬してしまいます

          皆さん、こんにちは! 不定期で登場します。助っ人の「恋愛探偵」Mr.Xです 今までに、延べ2万人の方々とお会いした経験から、 恋の真相を解明するために、恋泥棒を追いかけています さて、ご相談を頂きました。 30代の男性からのご相談です。 Q 最近、年下の彼女ができたのです。問題は彼女ではなく自分自身のことなのですが、彼女の過去の男性に対して、とても嫉妬してしまいます。昔の男といっても、1人や2人しかいないのですが、人数ではなく、彼女の過去の男性と自分を比較してしま