見出し画像

大洗・ご馳走青柳さんで約6000円のあんこうのどぶ汁を食べてきた――あやせの贅沢出納帳・特別編

「贅沢な食事」とは何だろうか。

近頃、この企画を通して「贅沢」の何たるかに触れ始めている。

画像1

女友達3人と、平日の昼間からサイゼリヤで3人5000円で飲む。これもまぎれもない贅沢だ。

普通にTwitterに上げれば「フォロワーさんの3割ぐらいは割と本気でうらやむ行動」だと思っている。

Instagramに上げたらひとつもいいねが付かないどころか「この人は雑に暮らしていて下賤だ。原始人かよ。フォロー外そ」と思われかねない。

そんな特定のコマンドを入力しないと開かない「贅沢の抜け道」みたいなやつではなく、正門から入るタイプの「誰もがうらやむような」贅沢をしてきた。

TwitterもInstagramもフェイスブックも対応しているタイプの贅沢だ。

決してリムジンで豪遊とか、劇団雌猫がファッション誌で披露するタイプの「あ、この人たち浪費してる」系ではない。

どちらかというと、「丁寧な暮らし」系のそれだ。

「私が多めに払う!」と友人を誘って2人前約1万2千円のあんこう鍋・「あんこうのどぶ汁」を食べてきた。

この続きをみるには

この続き: 4,657文字 / 画像10枚

大洗・ご馳走青柳さんで約6000円のあんこうのどぶ汁を食べてきた――あやせの贅沢出納帳・特別編

矢御あやせ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます! 頂いたお金は「私の進化」のために使わせて頂きます。私が大物になったその時はぜひ「矢御あやせは私が育てたんだ」と自慢してください!

伸びしろ⑥趣味がいっぱい!
84
「より良い明日になる今日」を提供するサービスをしています🌸【実績】「大洗おもてなし会議(マイナビ出版ファン文庫)」発売中🌸アイコンデザイン→Kojiさん🌸 ライティング・小説のお仕事依頼はymy87.5108★gmail.com(★=@)

こちらでもピックアップされています

処女小説家、「語る」編
処女小説家、「語る」編
  • 56本

好きなものを語った記事をまとめました。愛とリスペクトで構成されています。

コメント (2)
美味しそうでリアルによだれが( º﹃º )
矢御さん食レポうまいですね!
ありがとうございます✨
食レポを書くのが趣味で仕事にしたい人です笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。