失敗への恐怖が自分をやりたいことから遠ざけている。
見出し画像

失敗への恐怖が自分をやりたいことから遠ざけている。

山本恵亮

失敗することを恐れて、やりたいことから
遠ざかっていませんか?
成功を阻むものは失敗への恐怖であって、
(私も含め)人は間違えることを大変恐れています。

まぁ、それは無理もないことです。
子供達の学校や塾での勉強を見ていても
テストで間違えないことばかりやっています。
小さな子供の頃からテストで間違えると
成績順位が落ちてしまいます。

社会人になったら、営業成績や売上で序列がつき
収入も決まってしまいます。
または、自分の役割でミスなく迅速に処理できる
ことが評価されて賞与金額や昇進に影響します。

そんな競争社会に生きていると、
どうしても間違えることを恐れる習慣が
身についてしまいますよね。

しかも、間違えない完璧を目指すことは
精神的なストレスを大きく高めます。
ヘルシーではありません。

新しい挑戦は間違いとセット

しかし、新しいことをやるということは
同時にたくさん間違えるものです。
そして、それで構いません。
なぜなら、そんなもんだからですし、
間違いや失敗から我々は学んで成長していくからです。

こんなことはワザワザ言わなくても、
皆さんにとって釈迦に説法だとは思いますが、
自分のことになると失敗は怖いものです。
私もそうです。

だからこそ、何かやろうとする時の失敗は
普通に生じることであって、
そこから学ぶことが成功への道だと、
自分に言い聞かせたいですね。

ちなみに、自分が失敗から学んだことは何がありますか?
過去を振り返って思いつく限り書き出してみると
何があるでしょうか?

例えば、私の場合はこんな感じです。

)「何とかなるやろ」と試験勉強をさぼっていたら、
試験に落ちて準備しなければ何ともならないことを学んだ。

)上記1の教訓を踏まえて、
スポーツで目標達成の為に、休まずに
人の何倍も練習していたら、
疲労が蓄積して実力が伸びなかった。
→自分を追い込むだけではダメで、
体調を管理しながら計画的に工夫して努力する
ことが必要と学んだ。

) これらの教訓を踏まえて、
計画を立てて仕事に取り組んで成果を上げたが、
いまいちブレイクしなかった。
→行動量が少ないと成果も少ないことを学ぶ。
行動を増やして、計画は走りながら立てて、
やって、反省して、やって…としていると
売り上げが何倍にも増えた。

・・・この先も情けない失敗をいくつも繰り返し、
恥をまき散らして今に至る訳です(笑)

皆さんは自分の失敗から何を学びましたか?
過去の失敗をリストアップして、
そこからの学びを振り返ると、
貴重な学びが沢山あったことに気づくと思います。

失敗が予期せぬ結果を生むこともある

ま、結論は失敗を恐れないで!ということですが、
何よりも挑戦しないで逃すチャンスがあることを
恐れた方がよいでしょう。

失敗にしても、小さな間違いにしても、
そこから学べることがあるのは貴重です。
更に、その失敗が想定外の結果に繋がることだってあります。

なので、(自分にも言い聞かしているのですが)
失敗や間違いを活かすことを第一に考えて
それらを恐れず行動しましょう。
間違いから学ぶことこそが、成功に繋がっています。

(2021年11月1日)
1級キャリアコンサルティング技能士
山本恵亮
プロフィール
参考ツール(無料):タイプ分け診断
推薦図書一覧:キャリアの図書室



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!!!
山本恵亮
キャリアコンサルタントです。キャリア形成の相談 https://yanee.jp/ と 人材仲介 https://www.antelope.co.jp/ をやっています。働くことや仕事をテーマにした記事を主にアップします。1級キャリアコンサルティング技能士。