ぷろせす

「赤ちゃん語を理解できる人がいる?」 伝えるための戦略を考える!

僕の同期の作業療法士は、子育て支援に関するセミナーを開いている。

育児のことを中心に子育て中のママさんや、子供さんを対象にしたセミナーを開いている。保健師さんや助産師さんたちとのコラボセミナーも開いていて、まあセミナー講師としての売り上げだけなら僕よりも稼いでいるだろう。脳育セミナーなんかもしている。

関東や北陸で日々彼女のファンは増える一方だ。

そんな彼女のブログには

「私は赤ちゃん語を理解することが出来る、お母さんたちが理解できなくても、赤ちゃんが言いたいことが私にはわかる」

みたいなニュアンスのことが書いてある。

言葉を話せない年齢の子供さんたちの言っていることがわかるというのだ。

まあ、この部分だけを切り取って考えると、怪しい奴だってことになる。だけど、彼女の取り組みや実践していることは子供の療育やリハビリテーションに関わっている人ににとっては参考になると思う。

そんな「赤ちゃん語を理解することが出来る」っていうのはいったいどんなことなのかってことを、同期の作業療法士の許可は一切得てないけど勝手に解釈してみる。

お母さんたちとの関係に悩んでいる人は参考になると思う。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジ『やまだstyle vol.5 子供のリハビリのこと(1)』に含まれています。

マガジンは1000円で販売しています。マガジンには10本くらいのコラムを掲載予定ですので、単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

マガジンの全内容はこちらで確認していただけます。

⇒https://note.mu/yamada_ot/m/mdca89290ca63

=====ここから続き========

超能力なのか?おかしい奴なのか?

この続きをみるには

この続き: 3,496文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

やまだリハビリテーション研究所の所長である作業療法士の山田が書いているマガジンです。2017年で臨床経験は26年超です。10年位前から訪問…

または、記事単体で購入する

「赤ちゃん語を理解できる人がいる?」 伝えるための戦略を考える!

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

こちらでもピックアップされています

やまだstyle vol.5『子供のリハビリのこと(1)』
やまだstyle vol.5『子供のリハビリのこと(1)』
  • 21本
  • ¥1,000

やまだリハビリテーション研究所の所長である作業療法士の山田が書いているマガジンです。2017年で臨床経験は26年超です。10年位前から訪問リハビリテーションで重度の子供さんの訪問に関わり、3年くらい前から児童発達支援&放課後等デイサービスにもかかわるようになりました。そんな子どものリハビリテーションの現場で考えていることを書いていきます。 10本くらいのコラムを掲載する予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。