見出し画像

コラム5 回復期リハが包括される未来と今からできる対策(1)

個別リハビリテーションを出来高で算定することのできる回復期リハビリテーション病棟において、将来理学療法や作業療法が包括化されることを考えたことがありますか?

私は自身のブログにおいてそのことについて書いてきました。

日本慢性期医療協会の提案(1月9日)についての個人的見解

回復期リハ病院のリハが包括化される可能性も考えておく必要がある

実際に地域包括ケア病棟においては包括化されています。国の税収が大幅に増えない限り、回復期リハ病棟のリハの単位数の制限もしくは包括化は現実的にあり得ると思っています。

具体的な時期としては次回の同時改定となる2024年ではなくてその次の同時改定の2030年くらいだろうと想定しています。

そこで、回復期リハビリテーション病棟における理学療法や作業療法が疾患別リハという体系ではなく、包括化されることを想定しその制度に向けて今から何をすべきかということについて書いてみたい。

このコラムは、以下のnoteコラムと合わせてお読みいただけると嬉しい

10年後(2030年)のために『今から』実践すべきリハビリテーション(1)10年後のリハ業界とは?


このコラムは「2020年版note 病院リハと地域リハをつなぐ・変える」に含まれています。2020年版noteのコンテンツ一覧は以下のリンクからご覧いただけます。

2020年版noteコンテンツ一覧

回復期リハビリテーション病棟には収益の上限がある

この続きをみるには

この続き: 1,833文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
2020年1月~12月までに掲載するコラム・動画・リアル研修会資料・webによるライブ講義すべてコミコミで5000円です。 コラムや動画を毎月配信します。「研修会」「書籍」とはひと味違う新しい学びの形を病院や生活期のリハビリテーションに関わっている多職種の方にお届けします

コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く51歳の…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
9
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

こちらでもピックアップされています

2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
  • 47本
  • ¥5,000

コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く51歳の作業療法士が、病院リハと生活期リハで実践すべきことやリハビリテーションの考え方についてお伝えしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。