見出し画像

スペイン巡礼10日目:コスパ最強アルベルゲに宿泊

2018/8/30 Navarrete〜Najera(16km)

NavarreteからNajeraまで、約16kmの旅。
前日かなり足を酷使してしまったため、今日は控えめにした。

道はほぼ平坦で歩きやすい。調子が良い序盤はついすたすた歩きがちなので、意識してゆっくり歩く。

この日はかなり涼しくずっと曇りだった。サンライズはおあずけ。

推定70前後のフランス人おばあちゃんず。たしかViannaあたりから偶然毎回ルームメートだ。いつも20時半に寝て朝は5時過ぎには起床。休憩はしっかり取るようだが、歩くのはまあまあ早い。

いつもすれ違うとフランス語で「元気??」と声をかけてくれる。信じられないくらいスタスタ歩いていく後ろ姿がたくましいw

ブドウ畑を横目にひたすら歩く。ちゃんと2時間に一度は休憩を挟み、濡れタオルで足首をアイシング。そのかいあってか、何だかんだ5時間ほどで到着したが今までで一番疲労度が低かった。

ネットで口コミが良かった宿が開くまで時間があったので、通りすがりのバルでお昼休憩。生搾りオレンジジュースとオムレツ入りの小さいサンドイッチをいただく。

おばあちゃんずも休憩中。私の足のサポーターを見て「足大丈夫?お大事にね!」と励ましてくれる。おばあちゃんに労られる24歳、何とも情けない笑 おばあちゃんずは颯爽とさらに6km先の街まで出掛けていった。


スーパーで3食分の買い出しをし、いざ宿へ。

橋を渡ってすぐのPuerta de Najera!
わずか10€でめっちゃおしゃれでかわいいホステルに泊まれる!スタッフもみんな親切だし、アンティークな共有スペースも居心地抜群だ。ベッドもパイプじゃないのが嬉しい。

ドミだけでなくプライベートルームもある。

アルベルゲにシャンデリアはやばい。

注意点を強いて言うなら、コンロがないことくらい。てっきりあると勘違いしてニョッキを買ってきてしまったが、電子レンジでお湯を沸かして茹でられたのでセーフ。

宿の目の前は川沿いに遊歩道がある。橋の真下に降りると、天然のアイシングができた!

川の水はかなり冷たかったので、アイシングに最適!ちょうど階段みたいになっていたので、足を冷やしつつ本を読んだりまったりした。

宿の共有スペースで情報収集やらnote更新やらして、大量のニョッキとサラダを食べて、ベッドでのんびり。これまで顔馴染みだった巡礼者とはまたペースがずれてしまい、何だか新しく友達を作るのもめんどくさくて、この日はほぼ一人で過ごした。

でも最高の宿と川沿いのまったりタイムのおかげで、個人的には大満足の1日となった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!サポートいただいたお金は、パリ生活を生き抜くために使わせていただきます。

Merci!! よろしければシェアもお願いします!
1
パリ在住・インドを愛する24歳フリーランスライター。2018年5月からワーホリでパリへ。インバウンドのヨーロッパ市場を調査中。 noteでは、海外生活・働き方・旅に関して感じたことを赤裸々に綴ります。

こちらでもピックアップされています

2018夏スペイン巡礼カミーノ日記
2018夏スペイン巡礼カミーノ日記
  • 32本

2018年8月21日〜9月25日の全36日間、女ひとりでカミーノを歩いた記録です。フランス人の道の様子やエピソード、感じたことを日記形式で赤裸々に綴っています。準備関連の情報は、http://workhard-travelharder.com をご覧ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。