若林🌱StartUp×融資

シードスタートアップの融資を支援するINQ http://inq.finance CEO|起業の「お金」がわかる INQ MAG https://magazine.inq.finance/ |起業や調達のカベウチ承り中|4児の父で兼業主夫

若林🌱StartUp×融資

シードスタートアップの融資を支援するINQ http://inq.finance CEO|起業の「お金」がわかる INQ MAG https://magazine.inq.finance/ |起業や調達のカベウチ承り中|4児の父で兼業主夫

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【創業融資】に積極的な金融機関はどこ?創業融資ランキングやってみた

スタートアップの融資を支援するINQの若林( wakaba_office )です。 「スタートアップに強い金融機関ってどこですか?」 「公庫以外に創業融資に積極的な銀行ってあるんですか?」 という質問を起業家からよく頂きます。 都度、他の起業家等からの評判ベースでお答えしてきましたが、自分自身もっと定量的に知りたいと考えました。 そこで「創業融資に積極的な金融機関ランキング」を作ってみましたので、シェアさせていただきます。 併せて、ランキングの結果をベースに、起業家が金

    • 起業初期の資金調達方法(後編)融資と出資を比較した場合のメリット・デメリット

      スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 前回のnoteでは、起業初期に使える資金調達方法の中でも特に汎用性の高い、融資と補助金のメリットとデメリットを解説しました。 今回は、スタートアップの資金調達方法の中でもメジャーな出資(株式発行による資金調達)と融資を比較した場合のメリットとデメリットをお伝えします。 融資と出資、それぞれの特徴融資と出資のメリットとデメリットを解説する前に、まずはそれぞれの特徴を頭に入れておきまし

      • 起業初期の資金調達方法(前編)!融資と補助金を比較した場合のメリット・デメリット

        スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 先日、国内の資金調達動向に関するセミナーに参加してきたのですが、登壇者によるとスタートアップのエクイティ・ファイナンス(株式発行による資金調達)の市況感は、レイター・ステージ(スタートアップの成長ステージの最終段階)に近づくほどに厳しくなっているとのことでした。 また、アメリカ大手のベンチャーキャピタルであるY・コンビネータが「不況下を生き延びろ」という強いメッセージを出しているよう

        • MRR別融資のポイント #4 MRR1,000万円以上のケース

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 全4回にわたって「MRR(*1)別融資のポイント」というテーマで、スタートアップが融資を利用する際のポイントを解説しています。以下は各記事へのリンクです。 MRR0〜100万円かつ創業1期未満 MRR100万〜500万円かつ創業2期未満 MRR500万〜1,000万円 MRR1,000万円以上(本記事) 1) Monthly Recurring Revenueの略。日本語では

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ファイナンスHACKS
          若林🌱StartUp×融資
        • 起業HACKS
          若林🌱StartUp×融資
        • INQではたらくひと
          若林🌱StartUp×融資
        • インタビュー
          若林🌱StartUp×融資
        • 応援中❗
          若林🌱StartUp×融資
        • rifty
          若林🌱StartUp×融資 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          MRR別融資のポイント #03 MRR500万〜1000万円のケース

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 全4回にわたって「MRR(*1)別融資のポイント」というテーマで、スタートアップが融資を利用する際のポイントを解説しています。以下は各記事へのリンクです。 MRR0〜100万円かつ創業1期未満 MRR100万〜500万円かつ創業2期未満 MRR500万〜1,000万円(本記事) MRR1,000万円以上 *1) Monthly Recurring Revenueの略。日本語で

          MRR別融資のポイント #02 MRR100〜500万円かつ創業1期以降のケース

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 全4回にわたって「MRR(*1)別融資のポイント」というテーマで、スタートアップが融資を利用する際のポイントを解説しています。以下は各記事へのリンクです。 MRR0〜100万円かつ創業1期未満 MRR100万〜500万円かつ創業2期未満(本記事) MRR500万〜1,000万円 MRR1,000万円以上 *1) Monthly Recurring Revenueの略。日本語で

          【MRR別の融資のポイント#01】MRR 0〜100万円かつ創業1期未満のケース

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 全4回にわたって「MRR(*1)別融資のポイント」というテーマで、スタートアップが融資を利用する際のポイントを解説しています。以下は各記事へのリンクです。 MRR0〜100万円かつ創業1期未満(本記事) MRR100万〜500万円かつ創業2期未満 MRR500万〜1,000万円 MRR1,000万円以上 MRRとはMonthly Recurring Revenueの略。日本語

          融資における前回事業計画書との乖離問題

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 以前のnoteで、ベンチャーキャピタル(以下、VC)と銀行は収益構造が異なり、取引先を見る目線にも違いがあるため同じ事業計画書を出してはいけない、という話をしました。 VCには強気な事業計画を提出し大きく成長できることを、銀行には堅実な事業計画を提出し確実に返済できることをアピールするのが基本です。 しかし、(実態が伴っていれば)銀行に強気の事業計画を提出したにも関わらず、審査に通

          【コロナ借換保証】について取り急ぎまとめました

          2023年1月10日から信用保証協会の新しい保証制度【コロナ借換保証】が始まりますので、取り急ぎまとめます。 コロナ借換保証とは?コロナ借換保証を超端的にまとめますと、 コロナ借換保証の条件は? 上記の特別な条件とは、 のことです。 どれくらい特別かといいますと、 限度額1億円。 ゼロゼロ融資の限度額は時期により3,000~6,000万円でした。それを上回っているということは、ゼロゼロ融資の借換以外の追加融資等の資金ニーズにも対応することが想定されている制度と読め

          2022年振り返りと2023年の展望

          スタートアップの融資を支援するINQの若林( wakaba_office )です。 2022年も12月30日をもって仕事納め。 スタートアップ×融資のニッチトップを目指し、走り、話し、もがき、悩み、戦った一年でした。 また同時に、スタートアップ×融資という文脈で、本当に多くの方と出会い、お世話になり、忙しくも大変充実した一年になりました。 皆様への感謝の気持ちとともに、2022年を振り返らせてください。 数字で振り返る2022年ミーティング数 今日の午前中までで707

          【株式投資型クラウドファンディングのイークラウドを展開する波多江さんと対談#02】イークラウドについて

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 前回に引き続き、イークラウド株式会社の代表取締役である波多江直彦(はたえ・なおひこ)さんをゲストに迎え、同社が提供する株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」について詳しく聞きました。 先に以下の記事を読んでおくと、今回のnoteの内容を理解しやすくなります。 【株式投資型クラウドファンディングのイークラウドを展開する波多江さんと対談#01】株式投資型クラウドファンディング

          【株式投資型クラウドファンディングのイークラウドを展開する波多江さんと対談#01】株式投資型クラウドファンディングとは?

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 今回のnoteでは、私のPodcastにイークラウド株式会社の代表取締役である波多江直彦(はたえ・なおひこ)さんをゲストに迎え、株式投資型クラウドファンディングについて話した内容をお届けします。 数千万〜1億円までの資金調達を検討している経営者や、ベンチャー投資に興味のある方は必読です。 株式投資型クラウドファンディングとは?若林:早速ですが、起業家やこれから起業したい方に向けて「

          スタートアップ向けデットファイナンス、FLEX Capitalについて【スタートアップ向けデットのFlex Capitalを展開するFivot阿部さんと対談#03】

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 前回に引き続き株式会社Fivotの代表取締役である安部匠悟(あべ・しょうご)さんをゲストに迎え、同社が提供するベンチャーデット「Flex Capital(フレックスキャピタル)」についてお聞きした内容を紹介します。 以下の記事を先に読むと、今回の記事の内容を理解しやすくなります。 ベンチャーデットって何?国内のプレイヤーも紹介 ベンチャーデットを使うメリット・デメリットとは?

          ベンチャーデットを使うメリット・デメリットとは?【スタートアップ向けデットのFlex Capitalを展開するFivot安部さんと対談#02】

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 前回の「ベンチャーデットって何?国内のプレイヤーも紹介」に引き続き株式会社Fivotの代表取締役である安部匠悟(あべ・しょうご)さんをゲストに迎え、ベンチャーデットについてお話しした内容をお届けします。 今回は、以下の資金調達方法と比較した際の、ベンチャーデットを使うメリットとデメリットについて聞きました。 エクイティと比較したときのメリット①経営権が希薄化しない若林:今回は、スタ

          ベンチャーデットって何?【スタートアップ向けデットのFlex Capitalを展開するFivot安部さんと対談#01】

          スタートアップの融資を支援しているINQの若林( @wakaba_office )です。 今回のnoteでは株式会社Fivotの代表取締役である安部匠悟(あべ・しょうご)さんをゲストに迎え、ベンチャーデットについてお話しした内容をお届けします。 そもそもベンチャーデットって何?若林:「ベンチャーデットとは何なのか」を解説いただく前に、企業の資金調達方法についておさらいしておきます。会社が資金を調達する方法は主に次の2つです。 ベンチャーデットはデットファイナンスの中でも

          スタートアップ業界のホペイロになる。StartPass取締役COO就任と、INQのStartPassグループ参画のお知らせ

          スタートアップの融資をサポートしていますINQの若林( wakaba_office )です。 下記のプレスリリースの通り、私、若林はStartPassの取締役COOに就任します。また私が代表取締役CEOを務めるINQはStartPassグループの一員となります。 INQ、StartPassグループに参画 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000059443.html このnoteでは、お世話になりました皆様と、これか