Kid's Right Net WelWel

子どもの権利実現、笑顔社会の実現を目指すべきです。非親権者は法定代理権が無く開示請求出来ず[親権者による児童虐待]から自分の子どもを守れない。ハーフの子どもは自分で国籍を選べるが親権者が一人になれば自分で国籍を選べない。つまり共同親権制度導入は必須。実子誘拐をも防ぐことにもなる。

Kid's Right Net WelWel

子どもの権利実現、笑顔社会の実現を目指すべきです。非親権者は法定代理権が無く開示請求出来ず[親権者による児童虐待]から自分の子どもを守れない。ハーフの子どもは自分で国籍を選べるが親権者が一人になれば自分で国籍を選べない。つまり共同親権制度導入は必須。実子誘拐をも防ぐことにもなる。

    マガジン

    • 子どもの権利を考える。

      子どもの権利条約に反する行政の行使が横行している。 北欧に比べればアジアは人権後進国である。 子どもに優しくない日本を変える事が出来るのか。 憲法,条約,判例など法的観点でお伝えしていきます。

    • 子どもの権利を考える。

      子どもの権利条約に反する行政の行使が横行している。 北欧に比べればアジアは人権後進国である。 子どもに優しくない日本を変える事が出来るのか。 憲法,条約,判例など法的観点でお伝えしていきます。

    ストア

    • 商品の画像

      オレンジブルーのダブルリボン(シック)+議員へプレゼント

      ピンバッチ(シック) (1.5cmX3cm) 購入者と、ご希望の議員へ発送します。 ご希望の議員へは、 プレゼンターの名前を添えて当団体から送付します。 議員様の紹介料として、お安くさせて頂いております。 議員への送料も含まれていますので バッチの費用は、実質2個500円、半額です。 これを機会に、啓発の告知や意見書なども含めて発送いたします。
      650円
      ウェルウェルのグッズ販売
    • 商品の画像

      オレンジブルーのダブルリボン(カジュアル)+議員へプレゼント

      ピンバッチ(カジュアル) (3.5cmX4cm) 購入者と、ご希望の議員へ発送します。 ご希望の議員へは、 プレゼンターの名前を添えて当団体から送付します。 議員様の紹介料として、お安くさせて頂いております。 議員への送料も含まれていますので バッチの費用は、実質2個550円、半額です。 これを機会に、啓発の告知や意見書なども含めて発送いたします。 ※ ラインストーンは外れる事があります。 (凹穴に入れて、はめておりますので、外れた際は瞬間接着剤等で接着してください。)
      700円
      ウェルウェルのグッズ販売
    • 商品の画像

      オレンジブルーのダブルリボン(カジュアル)5個セット

      ピンバッチ(カジュアル) (3.5cmX4cm) 5個セット
      1,800円
      ウェルウェルのグッズ販売
    • 商品の画像

      オレンジブルーのダブルリボン(シック)+議員へプレゼント

      ピンバッチ(シック) (1.5cmX3cm) 購入者と、ご希望の議員へ発送します。 ご希望の議員へは、 プレゼンターの名前を添えて当団体から送付します。 議員様の紹介料として、お安くさせて頂いております。 議員への送料も含まれていますので バッチの費用は、実質2個500円、半額です。 これを機会に、啓発の告知や意見書なども含めて発送いたします。
      650円
      ウェルウェルのグッズ販売
    • 商品の画像

      オレンジブルーのダブルリボン(カジュアル)+議員へプレゼント

      ピンバッチ(カジュアル) (3.5cmX4cm) 購入者と、ご希望の議員へ発送します。 ご希望の議員へは、 プレゼンターの名前を添えて当団体から送付します。 議員様の紹介料として、お安くさせて頂いております。 議員への送料も含まれていますので バッチの費用は、実質2個550円、半額です。 これを機会に、啓発の告知や意見書なども含めて発送いたします。 ※ ラインストーンは外れる事があります。 (凹穴に入れて、はめておりますので、外れた際は瞬間接着剤等で接着してください。)
      700円
      ウェルウェルのグッズ販売
    • 商品の画像

      オレンジブルーのダブルリボン(カジュアル)5個セット

      ピンバッチ(カジュアル) (3.5cmX4cm) 5個セット
      1,800円
      ウェルウェルのグッズ販売
    • もっとみる

    最近の記事

    固定された記事

    子どもの権利に関する条約

    前文 この条約の締約国は、国際連合憲章において宣明された原則に従い、人類社会のすべての構成員の固有の尊厳および平等のかつ奪えない権利を認めることが世界における自由、正義および平和の基礎であることを考慮し、 国際連合の諸人民が、その憲章において、基本的人権ならびに人間の尊厳および価値についての信念を再確認し、かつ、社会の進歩および生活水準の向上をいっそう大きな自由の中で促進しようと決意したことに留意し、 国 際連合が、世界人権宣言および国際人権規約において、全ての者は人種、皮

      • 「子どもを奪ったり、連れ去ること」は配偶者暴力(DV)として市町村がガイドラインを啓発しています。

        神奈川県「子どもの親権は渡さない」などと脅す 群馬県 不当に子どもを取り上げる 福島県 不当に子どもを取り上げる 青森県 子どもを取り上げる 石川県 子どもを取り上げる 茨城県 子どもを取り上げる 沖縄県 子どもを取り上げる 熊本県 子どもを取り上げる 滋賀県 子どもを取り上げる 千葉県 子どもを取り上げる 鳥取県 子どもを取り上げると言っておどす 福井県 子どもを取り上げると脅かす 福岡県 子どもを取り上げると脅す 宮崎県 子どもを取り上げる 宮城県 子どもとあな

        スキ
        3
        • 公立学校における学校行事への参加について、別居親や非親権者を参加させないことは違法。

           公立学校における学校行事への参加について、別居親や非親権者を参加させないこと 地方自治法244条2項 「普通地方公共団体は、正当な理由がない限り、住民が公の施設を利用することを拒んではならない。」 もしくは同条3項 「普通地方公共団体は、住民が公の施設を利用することについて、不当な差別的取扱いをしてはならない。(同居親や親権者との関係で不当な差別的取扱いをしてはならない。)」 これらに反する。 また教育基本法10条2項(家庭教育)に反し、16条(保護者の定義)に反し

          スキ
          1
          • 逮捕状が出ている母親を親権者に決定し東京家庭裁判所の欠陥について

             https://www.bbc.com/japanese/59486195 ヴィンセント・フィショさんの裁判 このヴィンセント・フィショさんの裁判に相当する案件は日本で少なくない。日本国内において、同意なく子を連れ去ったヴィンセント・フィショさんの妻に対して、自力救済が許されうる特段の事情はなく、フランス当局から逮捕状が出ており、インターポールもフランス政府の要請で逮捕状を出しているが、日本の裁判所は、警察や検察の捜査結果を待たず、ヴィンセント・フィショさんの妻を親権者と

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 子どもの権利を考える。

            • 0本
            • ¥350

            子どもの権利条約に反する行政の行使が横行している。 北欧に比べればアジアは人権後進国である。 子どもに優しくない日本を変える事が出来るのか。 憲法,条約,判例など法的観点でお伝えしていきます。

          • 子どもの権利を考える。

            • 1本

            子どもの権利条約に反する行政の行使が横行している。 北欧に比べればアジアは人権後進国である。 子どもに優しくない日本を変える事が出来るのか。 憲法,条約,判例など法的観点でお伝えしていきます。

          • 子どもの権利を考える。

            • 0本
            • ¥350

            子どもの権利条約に反する行政の行使が横行している。 北欧に比べればアジアは人権後進国である。 子どもに優しくない日本を変える事が出来るのか。 憲法,条約,判例など法的観点でお伝えしていきます。

          • 子どもの権利を考える。

            • 1本

            子どもの権利条約に反する行政の行使が横行している。 北欧に比べればアジアは人権後進国である。 子どもに優しくない日本を変える事が出来るのか。 憲法,条約,判例など法的観点でお伝えしていきます。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 児童相談所が保護した乳児は、母乳で育つ権利が奪われるケースについて

              METのサミット「社会的養育の現状について」でお話させて頂いた内容  当財団紹介    私たちは小さい団体ですが、バリアフリーが必要である個性特化型の子どもたちに、ダンスを通じて「夢や希望は叶うもの」という自己啓発を講演会で伝えています。また障がい者自立支援のグループホームをしながら、ベトナムの孤児や子ども食堂への支援などを行っています。   テーマである社会的養育について   子どもは社会から守られる権利があると、児童福祉法では定められているわけですが、児童虐待の話題が堪

              • パパママリボンプロジェクト

                パパママリボン  子どもは、パパからもママからも、パパやママに代わる里親であっても親子愛を育む権利が守られるべきであるという「子どもの権利を世界基準にしていこう」というメッセージが込められています。  パパママリボンプロジェクトは、児童の権利条約に基づく、子どもが両親から愛される権利を守っていく共同愛育プロジェクトです。 (パパママリボンのピンバッチ購入はこちら) ■児童の権利条約第4条  子どもには、世界で、次のことで、ひとりの人間として 尊重され、愛される権利があ

                スキ
                1
                • ハーグ条約は国内法に基づき家裁が子の連れ去りを不法行為と認容する。

                   不法な連れ去り 常居所地国の法令によれば監護の権利を有する者の当該権利を侵害する連れ去りであって、当該連れ去りの時に当該権利が現実に行使されていたもの又は当該連れ去りがなければ当該権利が現実に行使されていたと認められるものをいう。 ハーグ条約実施法28条3項 裁判所は、子の監護に関する裁判があったことのみを理由として、子の返還の申立てを却下してはならないとする。 これは子を連れ去りを要件事実として、 子の監護に関する裁判を得たとしても、これにより同意なき子の連れ去り

                  スキ
                  3
                  • 面会交流の意義:父性原理と母性原理が子の人格形成に必要である。

                    静岡地裁浜松支部平成11年12月21日判決 判例時報1713号92頁 「一1 ところで、家族の社会生活における意義を見るに、テンニースという学者は、社会をゲマインシャフト(共同社会)とゲゼルシャフト(利益社会)とに分けている。ゲゼルシャフトとは会社とか学校とか組合のように、人がある目的のために結び合う社会のことで、そこでは人々はその目的のために結び付くのであって、一面的である。ゲマインシャフトとは村落とか、家庭のように人々がそれ自体で結び付き、無目的に結合している社会で 、

                    スキ
                    1
                    • 離婚後の共同親権を提案へ 法務省、法制審部会に 8月にも試案

                        原則、共同親権でなければ 親権者や継父が虐待しても非親権親は児相に開示請求出来ない。つまり養育費の使途も含め監護の監督権を奪取されてしまい子どもは非親権者の実親に助けてもらえない。単独親権制度は子がネグレクトで死んでから実親は虐待を知る。子の利益を守れない法制度は改廃すべきです。  ------------------------------------  法務省は、家族法制の見直しを議論している法制審議会(法相の諮問機関)の部会に、離婚した父母双方を親権者にできる「離

                      スキ
                      1
                      • 保護命令は「生命に係る暴力や脅迫」の有無を証明するものではない。

                        法制審議会家族法制部会第13回会議(令和4年3月29日開催) 議事録(TXT版 PDF版) 「東京家裁の細矢でございます。それでは、私から御説明させていただきます。 まず、裁判所においてDVを受けたという主張がされる典型的な事件類型としましては、地方裁判所が取り扱う配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(いわゆるDV防止法)に基づく保護命令申立事件がございます。ここではDVの有無等や生命・身体に対する重大な危害のおそれ等が直接の審理対象となっております。・・・D

                        スキ
                        1
                        • 父母の離婚後等における子に関する事項の決定に係る規律案(中間試案)

                          父母の離婚後等における子に関する事項の決定に係る規律案(中間試案) ※補足説明等、詳細は下記ファイルを参照ください。 ‐父母の離婚後等における子に関する事項の決定に係る規律案(中間試案) 第1 はじめに 第2 父母の離婚後等における子の親権に関する事項の決定に係る規律  婚姻中、共同して未成年の子に対して親権(注)を行っていた父母が離婚する場合、引き続き共同して親権を行うこととする規律を設ける。  親権を行う父又は母は、離婚に伴い親権を適切に行使できないやむを得ない事由

                          • 親の紛争が子どもの発達に与える影響

                            特集親の紛争が子どもの発達に与える影響 ─離婚、 面会事件における留意点─ 4 LIBRA Vol.14 No.1 第2 離婚=喪失体験 1  喪の作業   (怒り→嘆き→悲しみ→諦め→癒し→再生)  ⑴ 離婚を,両親そろっての家族というものの喪失 と言うならば,それをどう感じ,どのように表現し て,どのように乗り越えていくのかが大切です。   人 生においては,何かを失うことがあります。 そういうとき,まず怒りが出てくる。次に嘆き,そ れから,失ったものはどうしようも

                            スキ
                            1
                            • 実子誘拐は児童虐待(親疎外は児童虐待)

                              ↓ 翻訳 親疎外という児童虐待 親による子どもの拉致は児童虐待ですナンシー・フォークナー博士 1999年6月9日の特別セッションで、親による子の拉致被害者とP.A.R.E.N.T.の代弁者として、国連の児童の権利委員会に提出されました。 ナンシーフォークナー1999 この論文のピアレビュー フランス語の翻訳: L'enlèvementparentald'unenfantest unvioldesapersonnalité ; 2000年10月、GenveのD

                              スキ
                              7
                              有料
                              1,000
                              • 子どもへの悪影響のため、実子誘拐は児童虐待の一形態として特徴付けられています

                                ↓ 和訳 -------------------------------- 機械翻訳 親による子どもの誘拐(実子誘拐)の衝撃(強い影響)親による子どもの誘拐は、児童虐待のもう1つの形態です。心理学者のナンシー・フォークナー博士は、親の誘拐、子の奪取により誘拐された子どもに与える劇的な影響について話します。 1999年6月9日、親および親による子の奪取の 犠牲者 に代わって ナンシー・フォークナー博士が国連の子どもの権利条約に提出 ©Nancy Faulkner 1999

                                スキ
                                4
                                • 実子誘拐が児童虐待であるとする論文

                                  http://takeroot.org/ee/pdf_files/library/Huntington_1982.pdf ↓ 和訳 ----------------------------------------------- 親による誘拐(実子誘拐): 児童虐待の新しい形態  ドロシー・S・ハンティントン博士 著(1)(Dorothy S. Huntington, Ph.D. 著 (1))  親による子の奪取 --誘拐或いは親による不法な子の留保(保留) --

                                  スキ
                                  4
                                  有料
                                  1,000
                                  • 実子誘拐に対するアメリカの刑事司法対応

                                    The Criminal Justice System’s Response to Parental Abduction ↓ 和訳 ------------------------------ 米国司法省 司法計画室 少年司法および非行防止室 2001年12月 少年司法および非行防止室・少年司法報 実子誘拐に対する刑事司法制度の対応 カティ・L・グラッソ、アンドレア・J・セドラック、ジャネット・L・キアンコーネ、 フランシス・グラッグ、ダナ・シュルツ、ジョセフ・F・ラ

                                    有料
                                    500