見出し画像

スタメンの管理部利用ツール/フローについてまとめてみた。

清家_スタメン

株式会社スタメン経理担当の清家(せいけ)と申します。
経理の中でも請求や債権管理などの事業管理から、売上管理やKPI管理等の管理会計業務、財務的な銀行折衝や仕訳/決算業務など幅広く担当しています。

2020年の12月頃から経理に異動したのですが、まず気になったことは「他社ではどのように経理周りのツールや社内のフロー・体制を、運用しているのか」でした。

他社の経理の方にそういった社内フローをお伺いする機会をいただいたことをきっかけに、自社の社内フローや利用ツールについてまとめたので、発信してみることにしました。
扱う商材や契約形態や価格帯によって、最適解は分かれるかと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。


1. 全体について

スクリーンショット 2021-05-19 21.57.37


会計ツールはMFクラウド会計を利用しています。
弊社スタメンは昨年2020年にマザーズ市場に上場しており、クラウド会計Plusを利用していると思われがちですが、クラウド会計をずっと利用しています。(※理由や方法は個別に聞いていただければと思います。)

MFクラウド会計を利用しているので、請求・給与・経費もマネーフォワードさんのものを利用しています。
社内稟議やチャットを、自社サービスであるTUNAGでまかなっていることも特徴の1つです。

2. 労務・給与計算について

スクリーンショット 2021-05-19 22.58.54

給与計算については、社内で完全内製しています。
弊社は給与振込日が毎月15日と比較的早いこともあり、基本的に月初2営業日で給与計算を終えられるようなフローを組んでいます。
そのため勤怠修正や経費申請は月中に完了してもらうように、毎月社員にあの手この手でリマインドしています。笑
入退社などの労務管理としてはSmartHRを活用し、勤怠はKING OF TIMEを導入しています。

3. 購買・出金について

スクリーンショット 2021-05-19 22.59.15

全体部分でも触れましたが、社内稟議を自社ツール内で行っています。
ワークフローの機能があるため、経費の事前稟議・リモートワーク申請・振込申請などで活用しています。
MFクラウド経費のワークフロー機能を使っていないのは珍しいかと思います。

4. 管理会計について

スクリーンショット 2021-05-19 22.59.31

MFクラウド会計にある財務会計の情報と、Salesforceにある事業部情報をスプレッドシートで加工し、管理会計をまとめています。
これでもか!というほどスプレッドシートを活用している企業なのですが、いまの管理方法に限界も感じてきており、新しい方法やツールを模索中です。直近で導入したSalesforceにそれを期待してはいるので、連携については引き続き他社の方々に知恵をお借りしたいなと考えています。

5. 請求・債権管理について

スクリーンショット 2021-05-19 22.59.40

この請求・債権管理は今年最も改善したい分野です。
と言うのも、MFツール関連で唯一会計と連携していないのが、このMFクラウド請求書だからです。(正確にはあえて連携させていないのですが)

弊社サービスの契約は基本的に年間契約なので、12ヶ月売上がたつのですが、初月は「売掛金」初月以降は「前受金」で売上計上しています。
その切り分け登録が出来ず、12ヶ月分全てが売掛金として売上計上されてしまうため、連携させることにより11ヶ月分の修正仕訳を行う必要があることから連携させていないのです。
請求書の発行はSalesforceから行う、もしくは別ツールを導入することも視野にいれているので請求書ツールベンダーの方々は是非とも営業していただければと思います。

6. 監査・税務・開示について

スクリーンショット 2021-05-19 22.59.49

記載の通りではありますが、監査はあずさ監査法人様、税務は税理士法人様、開示はプロネクサス様と契約しております。
昨年2020年12月に上場したのですが、12月決算の企業でもあるため、上場後すぐに初の年次決算(開示)が待ち受けていました。
開示に関してもブラッシュアップできる余地が大きいと感じているため、今後特に注力していく分野の1つです。

7. その他ツール

スクリーンショット 2021-05-19 21.57.37

その他の人事施策関連や、社内コミュニケーション施策に関しては、弊社サービスのTUNAGもしくはスプレッドシートに集約しています。
このあたりの話も順次発信していこうと考えておりますので、お楽しみにしていてください。

いかがでしたでしょうか。
ざっくりとスタメン社内での利用ツールや業務フローに関してイメージしていただけたでしょうか。
2021年中に色々と見直そうとしているため、大きな変更があった時にはまた記事にしていこうと思います。

次回は、管理部門の目標設定について書こうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
またふらっと読みに来てもらえると嬉しいです。引き続きよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!