金子稚子/ライフ・ターミナル・ネットワーク

いつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行うライフ・ターミナル・ネットワークという活動のほか、人生最後の医療・ケアをすべての人が自ら希望し選択できるようにという情報発信や提言を行っています。終活ジャーナリスト。https://www.ltn288.net/

「聴くこと」と「対等であること」

(はじめに) このnoteは、哲学者と一般人である私との往復書簡のようなやりとりを通して、ネット上での「対話」を試みたい&読者の皆様にも「対話」を提案しようというも…

「対話する」時に必要な2つのこと

このnoteは、哲学者と一般人である私との往復書簡のようなやりとりを通して、ネット上での「対話」を試みたい&読者の皆様にも「対話」を提案しようというものです。今回は…

拝復~未知のものと共にむき合うために

(はじめに) このnoteは、哲学者と一般人である私との往復書簡のようなやりとりを通して、ネット上での「対話」を試みたい&読者の皆様にも「対話」を提案しようというも…

未知のものに向き合うために

●自己紹介に代えて はじめまして。 私は、なるべく多くの人にわかりやすいようにと、終活ジャーナリストを名乗っていますが、私自身は自分の仕事は編集者だと思っていま…