新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

同じだよねという共感よりも、違いから生まれる豊かな何かを受け取りたい

(はじめに)

このnoteは、哲学者と一般人である私との往復書簡のようなやりとりを通して、ネット上での「対話」を試みたい&読者の皆様にも「対話」を提案しようというものです。今回は、私から哲学者の竹之内裕文さんにお返しします。
なお、私自身の環境の変化にともない、今後は2週間に一度の公開予定とさせていただきます。何卒ご了承のほどお願いいたします。

●双方が知らない事柄についてだけが「対話」になる

少し間が開いてしまい、申し訳ありませんでした。
新型コロナウイルスは、私個人の生活にも大きな変化をもたらし、新しい生活様式はもちろん、「新しい生活」が突如始まったため、そのリズムに慣れ自分の新しいペースをつかむまでに数週間を要してしまいました。
東京オリンピックを予定通り開催するか延期するかなどと、テレビがしきりに報道していた頃が遠い昔のように感じます。たった数カ月で、自分一人を取り巻く環境すら激変したことを実感します。

とはいえ、新しいリズムに慣れていく中で、これは大切だ、これは手放してはいけない、というものもはっきり見えてきました。

前の状態には戻れない。では、私は、私たちは、どうするのか……。いよいよ具体的に考え、ともかくも一歩を踏み出す(踏み出さざるを得ない)タイミングもさまざまに増えているように感じています。

さて、いよいよ「対話」について、本題に入ってきました。

前回、裕文さんは、私が投げかけた「未知のものと共に向き合う」の、「共に」への疑問に応えるような形で、対話に関する重要な事柄を記してくださいました。

「両者にとって既知の事柄については、問いが立てられず、探究的な対話が生まれない」
「双方にとって未知の事柄についてのみ、問いが生まれ、共有され、探究が進められる」

やさしく書いてくださいましたが、私流にもう少しかみ砕いてもよろしいでしょうか?(少し文法的に気になる書き方ですが、そのままぶっちぎります 汗)。

どちらにとっても、すでに知っている事柄については、「対話」にならない。
どちらも知らない、よくわからない事柄についてだけが、「対話」になる。

そして……、

「対話は、問いがなければ成立しない」

ここでまた、少し気になる言葉が出てきました。

「問い」とは一体何でしょうか?
すでに対話を何度も経験している私には、体感として理解できていることですが、これを誰でもわかるような言葉で説明するのは、まだうまくできません(「探究」という言葉は、一般的にはあまりなじみがないように思います)。

「質問」ではないか?と言う人もいるかもしれませんが、質問とは違う。質問とは、私→あなた、というような一方向のもののように感じます。

強いて言うなら、私→あなたという方向の質問である同時に、あなた→私という方向の質問でもある……という感じでしょうか。その2つの方向が同時に成り立つ「質問」が、「問い」になり得るように思います。

裕文さんが例に挙げていただいた以下の梅の木の話からも、そんな風に思いました。

たとえば縁側に腰をかけて、庭の梅について話す場合、「あなた」と「わたし」の視線は梅の木に向けられます。梅の木が加わることで、「あなた」と「わたし」の二者関係が三者関係に転じます。「あなた」「わたし」「庭木」を頂点に、三角形を描くことができます。

「あなた」と「わたし」は、すこし異なった座位から、同じ梅の違った側面に注意を向けます。二人の関心に応じて、目のつけどころも異なるでしょう。同じものを見ていながら、それぞれの着眼が違うから、梅の見立てがより豊かになる。(後略)

つまり「問い」とは、二人の前にある(=二人が共に〜一緒になって〜向き合う)梅の木、ということですね。

そして「対話」を行う時は、きちんと「同じ梅の木に向き合っていること」が大前提となるはずです。言い換えれば、「同じ問いに向き合っている」ということですね。

加えて、「梅の木」は、双方が知らない、よくわからない事柄であることも大切になります。本noteの第1回めの問いかけに戻りますが、それがまさに「未知のもの」となるのでしょう。

第2回めにしてフライングされてしまいましたが(笑)、「未知のものに向き合うためには、何が必要なのか?」という私の問いに対して、それは「対話」である、と裕文さんが答えてくださったように、私もそう考えています。

未知のもの……、それは私の場合、多くは「死」や「死にまつわるさまざまな課題」となりますが、それに向き合うには、対話が必要。いや、対話でないと、現実に直面する問題を解決できないとさえ思っています。

●なにを聞くのか、なにを聞いているのか

まず以下を引用させてください。

聞くは、“音や声を感じ取る。また、その内容を知る。香をたく”の意。
聴くは、“注意して耳に入れる。傾聴する”の意。
ーー「大辞林」より

辞書の意味をそのまま使わせていただくのならば、人の話を聞くという時、私は「聴く」のではなく、「聞いて」いると思っています。常にそうだというわけではありませんが、何か特定の情報を得るだけでなく、言葉として形作られる前の音や声……などを受け取っているという感覚があるからです。

先月の終わりに、私も世話人の一人として関わる「カフェあの世この世」という対話の会を初めてオンラインで開催しました。そこで私はファシリテーターを務めたのです。

終わった後、世話人全員が疲労からのびてしまいました。勝手が違うということもありましたが、私自身は何より「参加者から受け取れる情報が少なすぎる」ことに、大変に疲れていたのです。
そこで改めて気がつきました。私は参加者から、問いに対する考えなど“言葉だけ”を聞いていたのではない、と。また、発言している人だけでなく、それ以外の参加者から発せられる、言うならば“空気”“気配”のようなものを私は受け取っていた、聞いていたのだと思いました。

この“空気”や“気配”が感じ取れない環境がもどかしかったのかもしれません。私は強めの問いかけ(それはA or Bという選択の形になりましたが)をしてしまったほどです。

しかし、その問いかけに、参加者の方々は画面の向こうでシーンと凍り付いたようになりました。
その瞬間、私はこれを感じ取りたかった、受け取りたかったんだと思いました。一同シーンというような絶句がほしかった、というのではなく、言葉にならない反応、リアルな対話では普通に受け取ることができていた“空気”“気配”を、ファシリテーターである私は確認したかったんだと気づいたのです。

画面では感じづらい「そこにその人がいるという実感」、初めて会う方であってもその人から発せられている「その人自身であるという確証のようなもの」、それを確認したい、確かめながら話したい、とそんな風に思っていたのだと振り返りました。

対話に際して、私たちが聞いているのは、これではないでしょうか?

貴重な話も伺いました。施設に入所する認知症の親御さんは、実際に対面すれば娘と理解できても、ビデオ通話では画面に映っているのが娘だとはわからなかった、と。*

もちろんその人が発した言葉は非常に重要なものです。そこからまた、次の言葉が生まれていく。
でも、対話ではこれだけでなく、言葉には表れてこない「その人がそこにいるという実感」「その人らしさ」を感じ取って初めて成立するように思うのです。

画像1

●そもそもなぜ聞くのか

たとえば、死について対話する時、問いに対して同じような考え、思いを抱く人も少なくありません。亡き人に対して抱く感情に、共感したり同意したりすることも多いでしょう。たとえば、喪失感や悲しみなど……。

では、同じような考えや思いであっても、それらはまったく同じと言えるのか。多くの人が、違う、と答えるのではないでしょうか。

私は、対話ではその小さな違いを丁寧に感じ取ることで、裕文さんが書かれていた言葉を引用するなら「それぞれの着眼点が違うから、梅の見立てが豊かになる」、その「豊かさ」を深く味わいたい。自分流に言い換えれば、「多くの情報」を受け取りたいと思っています。

なぜなら、私たちが向き合っているのが「未知のもの=知らない、よくわからないこと」だからです。

だから、「そもそもなぜ聞くのか」と問われたら、小さな違いを感じ取り、豊かさを深く味わいたい。わからないことに共に向き合って、見立ての違いから生まれた何かを手にしたいから、と答えたいと思います。同じだよねという共感よりも、違いから生まれる豊かな何かを受け取りたい。

私が「相手からのレスポンス(それは言語に限りませんが)があることが前提」だと書いたのは、そうでないと、見立ての違いがわからないからです。言い換えれば、違いがあることが前提、ということになりますね、月並みな言い方ですが……。
でもそれは、「だから、お互い努力してわかり合おう」というより、「違いから生まれる何かを受け取りたい」と思うからです。

だから対話は、「私の話を聞いてほしい」「私のことをわかってほしい」だけでは成り立たず、「あなたの話を聞かせてほしい」「あなたのことを知りたい」だけでも成り立たないのではないでしょうか。

というわけで、だからこそ「対等であること」が難しくも大切だという話につながると思うのですが、あまりにも長くなってしまいました。
「対等であること」についての裕文さんからの問いかけには、次回にお返ししたいと思います。

実際に対面して対話していても、数時間……という内容をnote上で行っていますね。時間的制限がないけれど、文字量は意識しなければと思うのですが……。


*文中に出てくる体験については、お話しくださった方のご承諾を得ています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みにいたします。
5
いつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行うライフ・ターミナル・ネットワークという活動のほか、人生最後の医療・ケアをすべての人が自ら希望し選択できるようにという情報発信や提言を行っています。終活ジャーナリスト。https://www.ltn288.net/

こちらでもピックアップされています

人生・哲学・宗教
人生・哲学・宗教
  • 1308本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。