見出し画像

「聴くこと」と「対等であること」

(はじめに)

このnoteは、哲学者と一般人である私との往復書簡のようなやりとりを通して、ネット上での「対話」を試みたい&読者の皆様にも「対話」を提案しようというものです。今回は、哲学者の竹之内裕文さんからの返信を掲載させていただきます。

●早朝の路上で

 毎朝、大学まで歩きます。40分ほどかかります。一歩一歩の感触を確かめ、深く呼吸して、ゆっくり歩きます。雨上がりの朝には、樹木から葉の匂いが伝ってきます。

 毎朝、鳥たちのさえずりが聞こえます。足をとめて観察してみると、だいたい二羽で呼応しながら、飛びまわっています。鳥たちはとても楽しそうに見えます。なぜそんなに楽しそうに鳴き交わすのか。

 ときどき地面へ降り立つところをみると、それは朝食を探すコミュニケーションの一環なのでしょう。ただ餌を獲るためにしては、過剰なやりとりのように思われます。早朝の鳥たちは饒舌です。まるで朝を迎えた喜びを抑えきれないようです。

 この往復書簡では、まず稚子さん——このように呼ぶ理由は最後に述べます——から、「未知のものに向き合うためには、何が必要なのか?」と問いかけていただきました。それに対してわたしは、「未知のものに向き合う」を「未知のものと共にむき合う」と読み替え、「対話」が必要であると回答しました。「向き合う」に「共に」を加えたわけです。

 しかしわたしは、「未知のものと共にむき合う」というタイトルについて説明していませんでした。ご指摘を受けて、はじめて気づきました。簡潔に書こうと、字数にばかり気をとられていたようです。

 「未知のものと共に向き合う」とはどういうことか——漢字の「向き合う」とひらがなの「むき合う」を並列させると混乱を生むので、以下では、わたしも「向き合う」と表記することにします。今回はその解題から始めます。そのうえで、「対話」の条件として稚子さんがあげられる「聞くこと」と「対等であること」について、わたしの所見を手短に述べます。

画像1

●あらためて〜「未知のものと共に向き合う」ということ

 人間には「ひとりの時間」と「共にある時間」がいずれも欠かせません。たとえばわたしにとって、早朝の道で足をとめて、「なぜ鳥たちは楽しそうに鳴き交わすのか?」とひとり問うのは、かけがえのない時間です。それでも相手に恵まれるならば、募る疑問を共有し、共に問いたいと願います。

 ここで相手Aが登場します。かりに野鳥の専門家としましょう。わたしにとっては未知の事柄も、Aにとっては既知の事柄です。Aが親切な人ならば、わたしの問いを愚問と片づけず、回答してくれるでしょう。一方にとっては未知だが、他方にとっては既知である事柄については、知っている人が知らない人に答えを教える(伝える)ことになります。

 次に、鳥たちが毎朝、さえずり合う理由を、(ありそうもないことですが)わたしが知っていたとしましょう。その場合わたしは、そもそも上のような疑問を抱くことがありません。わたしにとってそれは既知の事柄なのですから。Aとわたしはともに知っている人です。このような場合、疑問や問いが共有されることも、究明のための対話が始まるということもありません。せいぜいのところ、早朝の鳥のさえずりについてどう思うか、意見交換するくらいでしょう。両者にとって既知の事柄については、問いが立てられず、探究的な対話が生まれないのです。

 ここで、わたしの相手をBに替えてみましょう。Bもわたしと同様、野鳥に通じていないが、朝の鳥のさえずりに関心を抱いたとします。なぜ鳥たちは楽しそうにさえずり合うのか?その理由は、Bにもわたしにもわかりません。二人は共通の問いの前に立たされ、共同作業としての探究に赴きます。双方にとって未知の事柄についてのみ、問いが生まれ、共有され、探究が進められるのです。

 最後のケースが探究的な対話の基本モデルです。一方にとって、あるいは双方にとって既知の事柄については、探究的な対話は成り立ちません。双方にとって未知の事柄だけが共同的な探究の主題になります。「未知のもの」と「共に」向き合い、協力して探究を進めることができます。

 「未知のものと共に向き合う」という表現には、さしあたりこのような意味が込められています。では稚子さんは読み違いをされたのか。そうでもないのです。未知のものと共に向き合うためには、「あなた」と「わたし」が当の「未知のもの」を共有していなければならないからです。では「あなた」と「わたし」は、どのように未知のものと向き合い、それを共有するのか。未知のものとのそれぞれの向き合い方が、ここで問題になります。

 たとえば縁側に腰をかけて、庭の梅について話す場合、「あなた」と「わたし」の視線は梅の木に向けられます。梅の木が加わることで、「あなた」と「わたし」の二者関係が三者関係に転じます。「あなた」「わたし」「庭木」を頂点に、三角形を描くことができます。

 「あなた」と「わたし」は、すこし異なった座位から、同じ梅の違った側面に注意を向けます。二人の関心に応じて、目のつけどころも異なるでしょう。同じものを見ていながら、それぞれの着眼が違うから、梅の見立てがより豊かになる。二人がどのように向き合うことができるのか、それは各々が梅の木とどう向き合うかに応じて決まる。「未知のものと共に」という各々の構えが、二人が「共に向き合う」かたちを定めているのです。

 対話は縁側モデルをとります。じっさいここで「梅」を「問い」に置き換えれば、それは対話する関係そのものです。共通の問いをめぐって、「あなた」と「わたし」の間で、探究的な対話が進められる。問いがなくても、会話や討論(意見交換)はできるでしょう。しかし対話は、問いがなければ成立しません。

●「聴くこと」について

 具体例をあげて、丁寧に説明しようと心がけたつもりです。その分、長くなってしまいました。「聞くこと」と「対等であること」に移りましょう。

 対話の条件として、稚子さんは「聞くこと」をあげられます。表記こそ異なりますが、わたしも「聴くこと」なくして対話は成立しないと考えます。かりにだれも耳を傾けなかったとしたら、なにを語ろうと独白(モノローグ)になってしまうでしょう。では「聴く」とは、具体的にどういうことなのか。対話に際して、人はなにを聴くのか。そもそもなぜ聴くのか。

 これらの問いに、稚子さんはどのように回答されるでしょうか。「相手からのレスポンス(それは言語に限りませんが)があることが前提」と書かれているところをみると、聴くのは「言葉」に限定されないのでしょうか。またそこでは、なにが聴く動機を与えてくれるのでしょうか。「私はこう思うけれど、あなたはどう思うの?」と相手の見解を知ろうとする意欲は、どこから生まれるのでしょうか。

●「対等であること」について

 対話が成立するためには、参加者が「対等であること」が必要だ。わたしもそのように考えます。現にわたしたちは対等な人間関係を志向し、「稚子さん」と「裕文さん」と互いを呼び合ってきました。この往復書簡でも、これまでの流儀を踏襲したいと願っています。

 「対等であること」の心地よさは、わたしも知っているつもりです。しかしわたしたちの社会では、「人間は対等である」という思想が共有されていないように思います。稚子さんが指摘される「アンバランス」な人間関係は、それを反映したものといえるでしょう。

 かりに人間が対等でないとしたら、どうして対話の場で「対等であること」を要求できるでしょうか。たしかに対等な関係がないと対話は成立しません。しかしそれを理由に、「せめて対話の場だけでも対等に」と求めることは、ご都合主義的ではないでしょうか。

 ここで掘り下げて考えてみませんか。すべての人間は、本当に「対等」といえるのか、なにに基づいて「対等」だといえるのか。わたしたちは、これらの問いに対する回答を用意しておく必要があります。さもないと対話における「対等な関係」は、一時的なもの、便宜的なものにとどまってしまいます。

●おわりに

 できるだけ簡潔に書いたつもりですが、わたしの文章もそれなりの分量になってしまったようです。今回は「未知のものと共に向き合う」という言葉に解説を加え、「聴くこと」と「対等であること」を、さらに掘り下げて考えることを提案しました。

 最後に、「承認欲求」にもふれておきましょう。「自分をわかってほしい、認めてほしい」と欲求する当人にとって、「自分」は本当に「未知のもの」なのでしょうか。「未知のもの」を「わかってほしい、認めてほしい」と他者に求めても、その要求は叶えられることがありません。しかし本当に「未知のもの」ならば、対話を通して他者とともに探究することはできます。ただその場合、他者が共有できるかたちで、問いが設定される必要があります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みにいたします。
5
いつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行うライフ・ターミナル・ネットワークという活動のほか、人生最後の医療・ケアをすべての人が自ら希望し選択できるようにという情報発信や提言を行っています。終活ジャーナリスト。https://www.ltn288.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。