見出し画像

「つくりたい」を育てる-外出自粛期間に本棚をつくってみた-

この記事は、何か「つくりたい」という方々の参考になればと思い書いています。

私たちが、なぜより多くの方々にものづくり環境を届けたいか、そしてどの様にそれらを実現しようとしているかに関しては、ぜひ「はじめまして、VUILDです」の記事をご一読いただけますと幸いです!

ここからは、ヴィルダーズ事業部で普段、3D木材加工機「ShopBot」の販売、事業サポートをしている田中が執筆いたします。

0.「つくりたい」を育てる

「つくりたい」を、育てる
ワクワクする暮らしや人生を自らの手でつくり、設計者を育てる人たちのことを、VUILDでは「ヴィルダー」と呼んでいます。
「わたし、こんなこともできるんだ」という発見を、もっとたくさんの人へ届けるために。どんな人でも、手軽に「つくる」ことを叶える3D木材加工機「Shopbot」を活用し、日本全国どこでも・誰でも・好きなものがつくれる環境を、全国各地のヴィルダーと連携しながら構築していく。
ヴィルダーズ事業部は、そんなヴィルダーを増やしながら、「つくりたい」と思う心を育て伝播させていくために、 地域コミュニティの構築やShopbot導入後の運用まで、多面的なサポートをおこなっていきます。

「わたし、こんなこともできるんだ」という発見を、もっとたくさんの人へ届けるためには、まだまだ足りない事はたくさんあると思っています。

手軽に「つくる」ことを叶える3D木材加工機「Shopbot」を活用し、日本全国どこでも・誰でも・好きなものがつくれる環境を構築していこうとしていますが、頭の中で考えているものを、つくることへそのまま移行することに慣れていない人は、「つくる」というフェーズの前に、設計することに目を向けなければなりません。

1.つくるものを考え、形にする。

頭の中で考えているものを、紙に描いていきます。
いざつくろうと思っても、何をつくれば良いか分からないと思いますが、まずは身の回りにあるものを思い浮かべてみてください。

私の家には本棚が無かったので、本棚をつくろうと思いました。

iOS の画像 (93)

まずは部屋のサイズを測ります。
部屋の高さから棚の段数が決定し、飛び出している梁の幅に合わせることで、自ずと本棚の奥行きが決定します。

後は好きに棚の形を考えるだけです。

iOS の画像 (92)

この時点で、考えているものが本当に形になるのかなんて、考えていません。理想を思いのまま描いているだけです。

しかし、考えているものを自由なままにさせておくと形になりません。ここからは自分で条件を設定していきます。


 外出自粛期間中での作業なので、全て手作業で加工することが前提。
 誰がどこに移動しても、自分の部屋の大きさに合わせて設置できるように、いつでも分解して運べるもの(段ボールに入るサイズ)とし、全て同じ形、同じサイズとする。
 誰でも簡単に組み立てられるようにビスやボルトを使わないようなものとする。


単純な直線で全て構成し、相欠き(材料の半分ずつ切り取る)の組み合わせで収納空間をつくることになります。後はその組み合わせを、自分の好きな幅や高さまで追加していくだけです。

iOS の画像 (94)

購入した板を家に運び入れ、板に線を引くことから始まりました。書いた線に沿って、のこぎりを使って切断していきます。紙やすりを使い、木材の表面や切断面を整えていきます。

切り出した板の合計枚数 93 枚
けがき(板に線を引く)、切断にかかった時間 約 28 時間

全て手作業で行うことで、デジタルテクノロジーの恐ろしさを知るとともに、手作業でしか現れない端材を発見して、新しい価値を生み出す事が出来ました。

端材

iOS の画像 (86)

端材を組み合わせて差し込み、ものが掛けられるようになっています。

2.設計するということ

設計といっても、家具から建築、工業製品まで様々なものづくりにおいて必要な作業ですが、CADソフトといった道具を使っている事に対して難しいイメージを持たれる方が多いと思います。
しかし、紙と鉛筆があれば図面として計画を表すことが出来ます。特別な道具を使えなくても設計はできます。では何故CADソフトが出てきたのか?

CAD Computer Aided Design(コンピュータ・エイデッド・デザイン)

コンピュータ支援設計と訳され、要はコンピュータに手伝ってもらうことなのです。しかし、いつのまにか使えることが前提になり、触れたことのない人の前に設計の壁が一つ立ち上がりました。

手作業をコンピューターで自動化し、業務効率の為に発展したきたテクノロジーですが、乗り越えようとも思えないような、見えない壁になってきたのです。

更には、3DCADソフトというものが出てきて、幅広いものづくりを楽しめるようになってきました。無料で試すことができ、使いやすい画面にもなっているのですが、そもそものCADの壁が存在するので、「3D」と聞くと、もっとハードルが高く感じるかもしれません。

画像1

わたしたちのWEBサイトには、これまで実践してきた加工事例を掲載していますが、滑らかな曲線や複雑な形態が多いので、正直自分でつくるイメージが沸きにくいと思います。
しかし、わたしたちが「つくりたい」を追い求めて、実現していくことは必要なことだと思っています!

3.描いた線が手元に届く今

画像4

今回は全て手作業で本棚をつくりましたが、誰でも描ける単純で真っすぐな線で構成しているので、もちろん、illustratorで試しにデータをつくってみることも簡単です。illustratorは建築分野の人に留まらず、幅広く親しまれています。
名刺のデザインからオリジナルのロゴデザインまで、ありとあらゆるデザイン製作のためのツールが備わっています。

画像9

そのつくったデータをEMARFの無料プラグインに適用させ、板の厚さやフィレット形状(入隅の加工の角ばったところ)を選択し、EMARFのサイトに出力します。

「EMARF」
最近リリースした「EMARF」というサービスは、日本初のクラウドプレカット※サービスです。
これまで専門知識が必要だったり、コストや納期などの制約で諦めていた建築の木製部品をCAD上でオンライン入稿し、まるで自分の工房を持ったかのような感覚で出力することができます。
※プレカット…現場での施工前に、工場であらかじめ木製の建具・内装・家具・造作・構造部品などを切断・加工しておくこと

画像6

機械で加工する前のデータが自動的に生成され、加工時間や加工費用を見ることができます。

▼比較▼

ー時間ー
ShopBot加工       約 6 時間 (93枚)
手作業(けがき+切断)    約 28 時間 (93枚)
ーコストー
EMARF    96,980 円(材料費+加工費+システム利用料)
自作           34,600 円(材料費+工具類一式+GW休み4日間)

約 6 時間で板が切れることが分かりました。
手作業(約28時間)の4分の1以下の時間で加工できる想定になりました。

普段illustratorで書いた線がものとして出来上がるのは、名刺やTシャツ等のものに印刷された状態です。
illustratorの2Dの画面上で書いている線が、木材という立体物となり手元に届くのは変な感覚だと思います。

4.おわりに

デジタルテクノロジー(3D木材加工機「Shopbot」や「EMARF」)を使うのは絶対ではありませんし強いるものではありません。

しかし、実際にテクノロジーに触れてみることで、手作業との比較をすることができ、自分なりの発見があります。

何かを機械に手伝ってもらったりする前に、手作業でつくってみる。

それが私が思う「つくりたい」を育てるために必要な、
小さくて大きな一歩だと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【おまけ】サンプルデータの配布

下記アンケートをご回答頂いた方限定に、本棚のサンプルデータをお渡しします。
何かお試しで「つくりたい」という方々のためになれると嬉しいです。

▼【EMARF未登録者向け】アンケート
https://share.hsforms.com/1-qq062nmRcehFhC7i68fEw4emy5

▼【EMARF既存登録者向け】アンケート
https://share.hsforms.com/1t_5-sUEqRvmeYLvARwoPKA4emy5

▼本棚を「読む」の記事はこちら▼

facebook: https://www.facebook.com/VUILD.co.jp
instagram: @vuild_official & @vuild_architects
twitter: @VUILDinc


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
104
VUILD株式会社はデジタルテクノロジーによって建築産業の変革を目指す設計集団です。noteではVUILDの人やプロジェクトの紹介を通して私たちが「建築の民主化」にチャレンジしていく過程を記録していきます。https://vuild.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ShopBotの記事まとめ
ShopBotの記事まとめ
  • 7本

ShopBotの導入・活用を検討されている方向けに、ShopBotの魅力を多面的にお伝えしていく記事をまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。