#40 DAO(自律分散型組織)、そしてベンチャー投資への影響
見出し画像

#40 DAO(自律分散型組織)、そしてベンチャー投資への影響

ヨンロック (Youngrok Kim)

DAO(Decentralized Autonomous Organization、自律分散型組織)は、今後ベンチャー投資の世界をディスラプトすることができる仕組みとしての成長が期待できます。

theLetterでニュースレターを購読  &  ポッドキャストで聞く

まず、ベンチャー投資の仕組みを理解することから始めましょう。ほとんどの場合、ベンチャー投資ファンドはパートナーシップのビークルであり、ファンドは一定額の資金を拠出するパートナーの集まりで構成されます。例えば、10億円のファンドに10人のパートナーが1億円ずつ出資する場合もあれば、20億円のファンドに1人のパートナーが10億円を出資し、さらに10人のパートナーがそれぞれ1億円ずつ出資する場合などが考えられます。

ここで重要なのは「パートナーシップ」というキーワードです。ファンドは結局、同じ利害関係を持った人たちの集まりであり、利益分配のルールや重要な意思決定プロセスなどの集まりのルールの詳細は、複数の長い契約書によって守られます。したがって、この一連の契約書が、該当ベンチャーファンドに関わる全てのパートナーにとって唯一の「信頼の源」となります。

次に、DAOについて説明しましょう。DAOは、ブロックチェーン技術によって実現された今までにない形態の組織の種類であり、各DAOは同じ利害関係を持つメンバーで構成されます。複数の利害関係者の集まりという観点から、前述したパートナーシップともよく似ていますね。しかし、1つだけ注目すべき違いがあります。それはDAOは「Autonomous(自律)」であるというところです。

この自律性は、ブロックチェーン上で動くプログラムである「スマートコントラクト」というものを基盤としています。例えば、スマートコントラクトは「Yという事象が起きたらAがBに10ドルを支払う」というようなプログラムを実行します。ここで最も重要なことは、これらのプログラムはブロックチェーン上で動いているため、関係者全員の合意がなければ誰もプログラムを勝手に操作したり変更したりできないということです。何があっても、事象Yが起きたら必ずプログラムは実行されます。言い換えれば、事象Yが起こったとき、人々は信頼の唯一の源である契約書を高い弁護士費用を払いながら内容をもう一度確認し、次に何をすべきかを考えたり議論したりする必要がないのです。事象Yが起きたらスマートコンタラクトに保存されているBの財布からAの財布に10ドルが自律的に送られるのです。信頼の源であった契約書も不要であり、お互いの相手を信頼していてもいなくても支払いが行われることから、これはしばしば「トラストレス」と呼ばれます。

DAOは、組織がどのように運営されるべきかを規定する一連のスマートコントラクトに基づいて構築されます。上で例にあげたAからBへの支払いという単純な事象だけではなくて、組織全体が運営されるルールの全てをスマートコントラクト上で構築することで、組織自体が自律的に回るすることにできるのです。ですので、DAOでは取締役会のような経営会議を含む会社運営のあり方そのものが大きく変わるようになります。

この新しい形態の組織はエンジェル投資のシンジケートを初め、今後ベンチャー投資に大きな影響を与えて行きます。エンジェル投資のシンジケートとは、一言で言えばスタートアップ企業に少額資金を集めて投資をする人たちの集まりです。シンジケートをDAOに移すことで運営自体がより簡単になることは想像し難くありません。スマートコントラクトで予め決められたルールに従ってシンジケートを自律的に回すことができるからです。すでにそのような動きは起きています。Syndicateという会社は、アンドリーセン・ホロウィッツ、マルチコインキャピタル、コインベースベンチャーズなど著名投資家から$27.5M(約28億円)を調達し、投資活動向けのDAOを形成できるサービスのベータ版を開始しました。また、BitDAOというDAOは、ピーター・ティールやファウンダーズ・ファンドなど、9,200人のパートナーから$365M(約365億円)を調達し、DeFiプロジェクトへの投資と育成を開始しています。

さらに興味深いのは、DAOはベンチャー投資をはるかに超えた幅広い領域において活用されるようになるとのいうことです。例えば、Flamingoは、デジタルコレクションに投資する人々で構成されたDAOですが、今年初めに行われたCryptoPunkの$761,889(約7,619万円)の購入を行ったのも彼らです。もちろん、DAOは投資手段としてだけではなく、幅広い組織において利用されるようになると思います。組織のみならず、コミュニティーやましては友達同士といった、同じ利害関係を持った人たちの集まり全てに活用できるので、DAOの影響の裾野がますます広がることを期待しています。

theLetterでニュースレターを購読  &  ポッドキャストで聞く

References:
・What is Flamingo? - https://docs.flamingodao.xyz/
・BitDAO Raises Another $365 Million After Governance Token Launch - https://decrypt.co/78719/bitdao-raises-another-365-million-after-governance-token-launch
・Investing in Syndicate - https://a16z.com/2021/08/31/investing-in-syndicate/
・Early CryptoPunk Digital Collectible Sells for $762K in Ether - https://www.coindesk.com/tech/2021/01/23/early-cryptopunk-digital-collectible-sells-for-762k-in-ether/
・Syndicate - https://syndicate.io/
・BitDao - https://www.bitdao.io/
・GitCoin - https://gitcoin.co/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヨンロック (Youngrok Kim)
現在シリコンバレーのVCエコシステムで活動中|前職→ベンチャー投資チーム@リクルート、エンジニア@ゴールドマンサックス|その他→青学・シカゴ大学MBA、来日のきっかけはバンド活動 | ミッションは海外と日本の情報・人・キャピタルを繋ぐこと