ヴィジュアル博士のる

■ライブイベントMCをしたり、ライブレポートを書いたり、インタビューをしたり。◼︎ここではイベント出演バンドを中心にヴィジュアル系の話をします。◼︎バンド・関係者の皆様へ、お仕事の依頼お待ちしてます。twitter:vr_noru

ヴィジュアル博士のる

■ライブイベントMCをしたり、ライブレポートを書いたり、インタビューをしたり。◼︎ここではイベント出演バンドを中心にヴィジュアル系の話をします。◼︎バンド・関係者の皆様へ、お仕事の依頼お待ちしてます。twitter:vr_noru

    最近の記事

    地方のヴィジュアル系バンド2022【中四国編】

    東京や大阪、名古屋といった日本の主要都市から離れ、所謂"地方"を拠点に活動しているヴィジュアル系バンド。 そんな"地方"にて活動しているヴィジュアル系バンド(ヴィジュアル系と親和性の高いバンドも含めております)を記事にまとめた記事の5地方目。今回は西日本のキーとなる地方である中国・四国地方のバンドたちです。 【Z CLEAR】Vo.AKIRA Gt.みやこ Gt.トミー・ソウマ Ba.こーいち https://twitter.com/Z_C_OFFICIAL 2018年結

    スキ
    6
      • 地方のヴィジュアル系バンド2022【北関東編】

        東京や大阪、名古屋といった日本の主要都市から離れ、所謂"地方"を拠点に活動しているヴィジュアル系バンド。 そんな"地方"にて活動しているヴィジュアル系バンドを記事にまとめて早4地方目、今回は首都圏からほんの少し離れた関東地方群馬・栃木・茨城の3県、所謂"北関東"が拠点のバンドたちです。 ともすれば上京や、ライブの度に都内に出ることで都内バンドの括りにも比較的容易に入ることのできる北関東バンド。 それを敢えて地元を選んで活動を続ける、その地元愛も音楽から感じられる!? 【愚裸

        スキ
        10
        • 地方のヴィジュアル系バンド2022【北陸・甲信越編】

          東京や大阪、名古屋といった日本の主要都市から離れ、所謂"地方"を拠点に活動しているヴィジュアル系バンド。 地元の活性化のため、ひいてはヴィジュアルシーン全体の活性化のため、必要不可欠な"地元バンド"という存在を、インターネットの普及により遠方の情報も容易に手に入れることができるようになった今、是非追いかけていただきたくここにご紹介します。 第3弾は新潟、長野、金沢、石川、福井といった北陸・甲信越です。個人的にも熱いバンドが集まっています。 【ARMADEA】 Vo.一稀-カ

          スキ
          9
          • 地方のヴィジュアル系バンド2022【東北編】

            東京や大阪、名古屋といった日本の主要都市から離れ、所謂"地方"を拠点に活動しているヴィジュアル系バンド。 地元の活性化のため、ひいてはヴィジュアルシーン全体の活性化のため、必要不可欠な"地元バンド"という存在を、インターネットの普及により遠方の情報も容易に手に入れることができるようになった今、是非追いかけていただきたくここにご紹介します。 昨日の北海道に引き続き本日は青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の6県にまたがる東北地方のバンドを掲載。是非お楽しみください。 【LIQU

            スキ
            9
            • 地方のヴィジュアル系バンド2022【北海道編】

              みなさんこんにちは。ヴィジュアル博士のるです。 noteの更新は約半年ぶり。文章を書くことからしばし遠ざかってしまっており、これではいけない、と勢いで筆を取りました(パソコンなのでキーボードですけど)。 そんな久々の記事は、"地方のヴィジュアル系バンドについて"です。 きっかけはとあるバンドの、「地方のバンドが減っている」という発言。 確かに自分がまだ若かった頃、ヴィジュアル系バンドのイベントツアーのスケジュールを見ると、地方のイベントには必ずといっていいほど"地元枠"とい

              スキ
              11
              • 2021年。

                今日で2021年も終わりですね。皆さん1年の最後の日、いかがお過ごしでしょうか。 個人的には、今年はかつてないぐらいの怒涛の一年になりました。 プライベートでは2度ほど大きめの病気をし、その反面人生で一、二を争うぐらい嬉しいできこともあり、行き着く暇もないぐらいあっという間に駆け足で日々が過ぎて行った気がします。 とりあえず無事新年を迎えられそうでホッとしています。 ヴィジュアル系的な話では、やっぱり今年はオムニバスCDを作ることに尽力した一年だったと思います、 CD1枚

                スキ
                4
                • オムニバスCD「NO VISUAL, NO LIFE〜GIANT KILLING〜」の話。

                  というわけで久しぶりのnoteの更新です。 本日より、僕が監修したオムニバスCD「NO VISUAL, NO LIFE~GIANT KILLING~」がリリースされました。予約購入いただいた方は本日、早い方だともう昨日フラゲできていた方もいるみたいですね。 参加者の方のツイートやハッシュタグで辿っていると、想像以上に多くの方に手に取っていただいたようで、自分のことのように嬉しいです。お手に取っていただき本当にありがとうございます。可愛がってやってくださいね。 このオムニバ

                  スキ
                  6
                  • 雨 私を刺す/ラキ(モンストロ)

                    本日ご紹介の音源はこちら。 モンストロのVo.ラキ氏がバンドと並行して続行するソロ活動。 3rd ACTIONとして解禁された今作はは、Gt.にex.リブラヴェルのレイ氏、Ba.にDADAROMAの朋氏がゲスト参加。 今作も該当ツイートをRTした方には音源をプレゼント。 https://www.youtube.com/watch?v=MufQn42rRHo&feature=youtu.be 「雨 私を刺す」 悲しげなアルペジオからドラマティックな展開とメロディーが切なく、儚

                    スキ
                    2
                    • 惡夢/ラキ(モンストロ)

                      惡夢/ラキ 本日ご紹介の音源はこちら。 モンストロのVo.として、現在はソロ名義でも活動を続けるラキ氏のソロ音源第二弾。 ボカロバージョンと本人歌唱バージョンがあり、本人歌唱バージョンはツイッターにてRTした人に無料配信という企画を続行中。(現在は終了) https://www.youtube.com/watch?v=3PCfpoVkKA8&feature=youtu.be 「惡夢」 妖艶な雰囲気の中、サビには彼のセンスが光るキャッチーさを感じる直球なロックナンバー。 モ

                      スキ
                      2
                      • フロンティア/ラキ(モンストロ)

                        フロンティア/ラキ 本日ご紹介の音源はこちら。 モンストロのボーカリストとして活動するラキ氏が、コロナ禍でメキメキとソロアーティストとしての実力をもつけてきており、その一環として楽曲を作成。 本作は配信やCD発売ではなく、対象ツイートをRTした人に無料配布という太っ腹企画。 https://www.youtube.com/watch?v=70tls6nd_xI&feature=youtu.be 「フロンティア」 4つ打ちのダンサブルな音が次第に圧を増してゆき、サビでその綺麗

                        スキ
                        3
                        • 橙雨/スキゾフレニカ

                          本日ご紹介の音源はこちら。 7/1から配信サイトにて解禁となることが発表された、スキゾフレニカの配信シングル。 6/16からはwav音源、ジャケット写真、限定アー写がパッケージになった高音質版も配信となる新曲。 高音質で聴きたい&限定アー写も拝みたいがためにパッケージ版を購入。配信版の購入ページは以下。 https://dogramagra.thebase.in/items/46458452 1.橙雨 雨の音の様に静かに重なるクリーンギターの音。囁くように優しく歌う幸子氏の

                          スキ
                          2
                          • 模倣フィルム/DRAMAticEND

                            本日ご紹介の音源はこちら。 桜樹和哉氏率いる新バンド、DRAMAticENDの初音源となるミニアルバム。 音だけでなく、ドラマ映像も作成することでより幅の広い表現を見せることをテーマとしている。 CDには6曲、DVDにはこれまでYouTubeにて配信されていたドラマを収録。 1.Ego denial 桜樹氏のソロ名義にてリリースされていた楽曲で幕開け。 ノスタルジーを感じるメロディーに跳ねたバックのリズムが心地よく、頭からグッと胸を掴まれるような感覚。 思わずハンドクラップ

                            スキ
                            1
                            • ケンネルの罠/病葉〜わくらば〜

                              本日ご紹介の音源はこちら。 関西バンド、病葉〜わくらば〜の1stシングル「ケンネルの罠」。 4/18のワンマンより先行発売され、現在はヴィジュアル系専門店及びメルカリ等通販にてリリース中の1stシングル。 3曲+αを収録した仕様で、再生機器に入れると思わずニヤリ。 SEについては敢えて触れないが、曲の世界を引き立てるのにうってつけな演出がされていて、これ混みで楽曲を楽しむべき、と言える3トラック。 1. 2.奇想は、真っ黒。 ジャキジャキとしたギターにぐちゃぐちゃと吐き

                              スキ
                              1
                              • ジャパニーズサバイブ デジタルエンドロール/diverse effect in Doppelgänger

                                本日ご紹介の音源はこちら。 関西にて活動するdiverse effect in Doppelgänger、通称deDの、ツイッターでのキャンペーンによる無料配布CD。オフィシャルアカウント(https://twitter.com/deD__official)とYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCodVcgWWncm7KRPa_jNqxZw)のフォローを条件に、郵送にて配布された音源。 内容は5/31よりサブスクにて解禁

                                スキ
                                1
                                • 追憶と原罪/曖ノ音

                                  本日ご紹介の音源はこちら。 ボーカリスト・叭紅氏によるバンド、曖ノ音(あのね)による初音源となるミニアルバム。 昭和歌謡系と呼ばれるジャンルが好きな人なら必ずツボにハマるであろう、哀愁を帯びたギターロックが堪能できる5曲を収録。ご好意で聴かせていただきました。 1.青無私。 哀愁漂うギターの音から静かに始まるスローな楽曲。 終始漂わせる憂いの雰囲気。特に2番のサビで盛り上がると思いきや、静寂を迎える展開には思わず身体が震えるような感覚に。重なるギターの音と哀しげな叭紅氏のボ

                                  スキ
                                  2
                                  • 愚問/umbrella

                                    本日ご紹介の音源はこちら。 11周年を迎えたumbrellaの、6/11よりリリースが始まった新曲。 サブスクでの配信に加え、本曲のイメージを凝縮したイメージをデザインに落とし込んだTシャツとのセットとなるパッケージ版も同時リリース。 CDとTシャツ、両方手にしたかったので迷わずゲットしたこちらはパッケージ版。 1.愚問 野太く手数の多い楽器隊に変拍子、サビのノスタルジーを感じさせるメロディーの重なりと、これまでのumbrellaが持つ彼ららしいテクニカルな部分も見せつつ、

                                    スキ
                                    2