見出し画像

株式会社VISK設立しました

VISK

株式会社VISK

2022年5月25日株式会社VISKを設立しました。 

実は今、今まで通り会社員としても働きながら、VISKを設立して、経営を始めました。どっちもやりたいので、同時並行で始めちゃいました。
体がもう一つほしい気分ですが、もっと時間を使えるし、もっと工夫できることがたくさんありますね。

さて、起業したということで、会社を設立した経緯をざっくりと記したいと思います。

きっかけは「憧れ」

経営という言葉に興味を持ち始めたのは、高校生の頃でした。
友人の父が経営者で、カッコ良い車を見たり、社長という言葉だったり、大胆な行動だったり、一言で表すと「憧れ」からスタートしました。
また、その友人が「将来一緒に会社を作ろう」と話をしてくれて、少しだけ現実的に考えていました。


就職

その後、大学を卒業し、2018年4月オージス総研という会社に就職して基礎となる多くのことを学ばせて頂きました。今でもよく思い出します。
(就活について、書くと長くなるので、また書かせてください。)

前職は1年ほどで退職しました。
ITについて考えているとあんなものを作りたい、こんなものを作りたいがたくさん生まれてきましたが、前職では諸々の事情で作ることができないと判断したからです。

ちなみに前職をディスってはいません。
僕がやりたいことができなかっただけです。とても良い会社でした。

人生の転機

2019年2月ごろ、転職活動を少しずつ始めていました。
いい加減なもので、企業から履歴書を求められると、めんどくさくなり、断っていたレベルのスタートです。

そこで、オークンに出会いました。(履歴書を求められませんでした)

面談を重ねた結果、2019年7月入社しました。
決め手は代表が、僕が作りたいサービスを「一緒にやろう!」と言ってくださったことです。あとベンチャー感が好きで、ワクワクした記憶があります。

思い返すと、オークンに入社したことが僕の人生の大きな転機となりました。

入社した頃は、まさか3年も経たないうちに起業するとは思っていませんでした。

なぜ、起業したのか

お疲れ様です。やっとここまで来ましたね。
あと少しだけ続くので、ぜひお読みください。

僕は今後、保育園に関するサービスを作りたいと思っています。
僕の奥さんは保育士で、大変な思いをしていることを毎日のように聞きます。
この問題は簡単に解決するものではなく、ITを導入して解決する問題ではありません。
保育業界全体の仕組みの問題と僕は捉えています。

世の中の課題というものはいつか誰かが気づき、良くなっていくものです。競争社会である以上は待っていればいつか良くなります。良くならない場合はそのもの自体が消えてなくなります。
ただ、僕はその問題が解決される未来を自分の目で見たいと思いました。
そのために起業し、自分達の力で保育業界の仕組みを変えたいと思っています。

上記の問題をなぜ解決したいのかを考えてみましたが、結局は全ての人に「幸せであって欲しい」という気持ちが強くあります。

正直、少し前まで「関係ない人はどちらでも良い。」と思っていましたが、最近は全ての人に「幸せ」でいてほしいと思うようになりました。

社会人になると出会う人は想像以上に多く、その関わった人々が楽しそう、幸せそうにしていることが自分にとって心地良いからです。

きっと、皆さんもそうではないでしょうか?自分の大切な人や友人が、悲しそう、辛そうにしていることは心地良くないはずです。

そして、幸せなるためには、仕事を充実させることが重要だと思っています。

VISKは「ワークライフハーモニー」をという考えを掲げています。ワーク(仕事)とライフ(私生活)はバランスを取るものではなく、調和し、融合することで、人生が豊か(幸せ)になるという考えです。

ワークとライフはバランスを取らないといけないと誰が決めたのでしょうか?
むしろ勝手にバランスを取ろうとしており、取れないことが幸せではないと決めつけているだけではないでしょうか?
(ワークライフハーモニーについてはまた記事を書かせてください)

VISKは「人生を生き生きと過ごす」人がたくさん生まれることをVisionとしています。
そのためにできることを順番に行っていきます。

今後のVISKの成長を楽しみにしていてください!

P.S. 一緒に働いていみたいと思った人はぜひ連絡をください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!