ばーわんちゃん

Verone - 東京で一番オシャレなブログ http://verone.hatenadiary.com

ばーわんちゃん

Verone - 東京で一番オシャレなブログ http://verone.hatenadiary.com

    マガジン

    • 僕的美麗日記

      旧:男に美容を語らせるな

    • he is for She is

      "he is"は自分らしく生きる僕を祝福するライフ&カルチャーコミュニティです。仕事や恋愛、ファッションやビューティなど僕の多様な生き方を探るウェブマガジンと、コスメや雑貨が詰まったギフトを、魅力的な僕だけの声とともにお届けします。

    最近の記事

    必読bengal先生のブログ全文解説

    bengal先生による鬼作「cristaseya クリスタセヤのデニム、BLEACHED DENIM PLEATED TROUSERS」が公開され大きな反響を呼んでいる。まずはご一読いただきたい。 私は文系であるからにして、ついつい読みながら筆者の気持ちを考えてしまう。でもこのブログは違った。他の読者の気持ちを考えてしまったのである。これ、ハイコンテキスト過ぎて注釈がいるんじゃないの、と。 私は世話焼きな性格なので、つい人様に偉そうに説明をしてしまう癖がある。男の子はスキ

      • 僕的美麗日記 sept

        こんばんは、コスメスタイリストのばーわんちゃんです。気付けば1年以上も僕的美麗日記を更新しておらず、もうコスメのこと興味なくなっちゃったの?🥺と心配させちゃってごめんな。安心して欲しい、俺はノーコスメノーライフの精神で日々を生きている。 ちょっと盛ったがまあ良いだろう、ブラでも化粧でも盛れるってのは大切なことだ。オタク仕草100%の腕時計noteでフォローしてくれたジェントルメンには悪いが今日はお帰り願おう、だってここを俺とギャルの秘密の花園にするんだもん。 Lebel 

        • 今すぐグランドセイコーを買えという話

          ばーわんちゃん最近は時計の話ばっかしててつまんない!お洋服とかコスメの話しないならフォローやめます!というモニター前のあなたの気持ち、よーくわかります。だけど残念でした〜今日はグランセイコーの話をします。 グランドセイコー、10月からとうとう希望小売価格やめて量販での割引やめるってよ、マスターショップ限定商品が増え始めた頃から予想はしてたが一言だけ言わせてくれ。おせーよ。ってことで、今買わないでいつ買うのって話なんよ。だから急いでグランドセイコーについて書きます。いやもうボ

          • ハカタROCK TRANSFORMED状態

            福岡は私にとって第二の上海であった。それはつまりどういうことか言えば、何度も訪れたことがあるのにもかかわらず市内、とりわけ繁華街に立ち寄ることなくビジネストリップを終え帰路につく土地という意味で、仕事の全てが浦東新区内で完結する上海で、外灘の光に溺れることさえ出来ないフラストレーションがお分かりだろうか。 まぁ、正確に言えば虹橋へ向かうタクシーの車窓から指を咥えつつ横目で眺めたことはあったけど。日本で喩えると成田インからの幕張で仕事、千葉県内から出ることなく出国するみたいな

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 僕的美麗日記
            ばーわんちゃん
          • he is for She is
            ばーわんちゃん

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            TUDOR Black Bay Ceramicについて

            ああなんちゅうもんを作ってくれたんや…と四万十川の鮎を食べた京極はん(©︎美味しんぼ)みたいなコメントが思わずこぼれ落ちた。だってマスタークロノメーター認定のキャリバーをぶち込んだセラミックケースのブラックベイが5/25に発表されたんだもん。マジでもう誰もチューダーの勢いを止められん。 BBC(ブラックベイセラミックの略)についての詳細はエラい気合いの入った公式の特集ページを見ればスペック的なことは分かるので敢えて触れません。時計専門誌などでは語られなさそうな側面についてレ

            TUDOR Black Bay Fifty-Eightについて

            もし、あなたが道で助けた老人から「お礼に時計を贈りたい」という申し出があった時、ロレックスのオイスターパーペチュアルとチューダーのブラックベイどちらかを選べるのであれば、迷わず盾ではなく王冠が文字盤に輝く時計を選ぶべきだと断言できる。では、その選択肢がサブマリーナーとブラックベイ58なら? 本稿は誰もが素晴らしいと口を揃えるチューダーのブラックベイフィフティエイトについて。HODINKEEの1週間レビューを読めば、何故ここまで熱狂的に受け入れられているかをすんなりと理解でき

            オーサカ OMOIDE IN MY HEAD 状態

            大阪の話をするのに、いきなり京都の話をするのもどうかと思うけれど、ずっと京都が好きだった。と言うか、京都のこと嫌いな人なんておるんか?みたいな場所じゃないですか、京都。そりゃあいけずマインドが気に食わんとかはあるでしょうが、めでたくコンデナスト・トラベラーの世界で最も魅力的な都市にとうとう選ばれちゃうし、もう名実ともに1位の観光地なのは認めざるを得ないじゃないですか。大阪と言えば、学生時代に京都出身の女の子と付き合っていた時に道頓堀へちょろっと寄ったりしたぐらいで、あとは関西

            コスメとテラハ東京19-20第39話

            こんばんは、コスメスタイリストのばーわんちゃんです。 え?またテラハの話?って言われるかもしんないけど、そうですテラハの話をしまーす。何故ならまたコスメが登場したから。快のお葬式のせいで5秒くらいしか流れなかった京都旅行のお返しについて、俺が書かなきゃ誰が書く?テラハにコスメが出る限り、俺は全力で向き合うって決めたの。 んで、京都旅行のお返しにシャッチョはモルトンブラウンのシャワージェルを貰った訳なんだけど、そもそも品川〜京都間の新幹線て指定席だと往復28,340円するの

            僕的美麗日記 six

            こんばんは、コスメスタイリストのばーわんちゃんです。 今日も元気に金遣いワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT状態のあたし、どうしたら乱費するのやめられるだろうと悩んだ結果、物理的にお金が払えない環境に身を置けば良いじゃん!とひらめいて、引っ越し家賃2倍界王拳をキメたので、ボケたら老人ホームで「俺が若い頃は渋谷に住んでてなぁ…」って話を100回くらいして元を取ろうと思います。 SUQQU ENRICH FOAMING WASH しかし一体なんで伊勢丹のSUQQU

            僕的美麗日記 cinq

            こんばんは、コスメスタイリストのばーわんちゃんです。 溜まりに溜まった下書きを消化するため立ち上がったぞ。前回の僕的美麗日記の更新から半年が経った訳だけど、その間に何があったかって言うと、フリマで「三姉妹でばーわんちゃんのブログ読んでます!」て言われ失神したり、troisの冒頭で登場する女性に「ふ〜ん、手を繋ぎたかったんだ(笑)」と揶揄われて卒倒したり、あとはなんだ?「あたし、すきな人ができちゃったかもしれない」ってLINEが届いたり?…まぁ色々とありましたけど今は昔。

            コスメとテラハ東京19-20第36話

            こんばんは、コスメスタイリストのばーわんちゃんです。 突然だけど皆はテラスハウスを観てる?観てないの、あっそう。俺は偉大なる愛華嬢のザギンでシースー事件(結局ピアスどこだったんだ)をきっかけにドハマりしている。そもそもの俺と言えば、テラスハウスなんて好むような人間のことをどちらかと言えば見下していたし、エクザイルのファンと同類だと思い込んでいた。それは大きな大きな誤りだったのだが、詳細を述べるとヘイトスピーチになってしまうからここでは割愛する。 さて、今日は前回のテラスハ

            僕的美麗日記 quatre

            こんばんは、美容研究家のばーわんちゃんです。あたしが人生で常に心がけてきたのは「スープストックセットを東京ボルシチとオマール海老のビスクで頼むような、欲張りのくせに冒険もしない臆病者にはならないようにする」ってこと。だからコスメも色々なものを試してる訳だけど、恋だけは!!欲張ってないのに!!神様!!なんで!! giovanni Tea Tree Triple Treat はい、今からちょっとスピリチュアルな話をしまーす。いいシャンプーを使えばコンディショナーはいらない。お

            僕的美麗日記 trois

            よく来たな、美容研究家のばーわんちゃんだ。俺はバイブスだけでコスメを買い続けている。何故かって? コスメは俺を裏切らないし、また俺もコスメのことを決して裏切らないからだ。 暑くなってきたし、怖い話でもしよう。こないだ魔女をやっている先輩に呼び出され、表参道のビストロでご飯を食べたんだけどさ、パイセンのダチだっていう強面のヤバそうな雰囲気の人にいきなり 「初めて化粧品を買ったのはいつ?(笑)」 って聞かれたの。怖くない? まさかのブログ読者。まんまと罠にハメられたって訳。

            僕的美麗日記 deux

            恋はするものじゃなく落ちるものだと江國香織が何かの小説で言っていたけれど、そんな使い古された表現に納得がいかない恋に恋する乙女なあたしに言わせれば真実はこう、メイクはするものじゃなく落ちるもの!! はい、という訳で出オチ感が凄まじいですけれど、今回も基礎化粧品についてダラダラと文章を綴りたいと思いまーす。ちなみに、あたくし最近ムラムラっとしたらコスメじゃなくてワインを買うBプランを採用してるんだけど、いくつか学びを得られたので皆さんにシェアしちゃいますね。 はっきり言って

            僕的美麗日記

            はいはーい、美容研究家 兼 Chief Love Officerのばーわんちゃんです。 ハードコアなファッション系ツイッタラーとしてデビュー、昔懐かしのテキストサイトみたいなブログを経て、乙女心たっぷりのポエム製造機になってしまった私ですが、最近のコスメに対する姿勢は三井不動産のグループステートメントと同じ! そう、乾燥しきったアーバンライフにおけるオアシスとしての機能、つまり「都市に豊かさと潤いを」ってこと。日々の暮らしにラグジュアリーさを感じられるようなバイブスと、実

            動画2.0の明石ガクトに彼女はいる?出身大学や年収を調査!

            ガクちゃんと僕はバイブスメイトである。彼が『動画2.0』なる本を上梓したと知り、コレド室町のタロー書店にて入店して5秒で中身も見ずに購入させて頂いた。まんてん鮨の予約時間が迫っていたからである。 本来であれば献本を催促すべきだったとも思うが、どうにも待ちきれず自費で買ったのには訳がある。それはガクちゃんの著書で題名が『動画2.0』なのだから、当然エロス動画に関するムフフな内容であって、桃色テクニック満載の電撃ウラワザ王の類だと邪推したから。 表紙も赤かったし、なんか本のオ