見出し画像

思わぬセラピー

気分が落ち着かずイライラしながら外を歩いていると、前の方から黒いラブラドールを散歩させているおじいさんがやって来ました。

まだ成犬になっていないためか、落ち着きがなく私の姿を見るときゅんきゅん言いながら駆け寄ってきます。成犬になっていなくても、中型犬くらいの大きさなので、飛びかかってきたらよろけるかもしれないなと軽く身構えました。飛びかかってくることはなく、私の方へとよってきます。おじいさんが申し訳なさそうに綱を引きますが、私はそっとラブラドールとおじいさのそばに近寄っていきました。

「ひとなつこいですね」

黒いラブラドールは、ごろんと横になり甘えるような声をあげます。

「道で会う人は、みんな自分をなでてくれると思ってるんですよ」

ごめんなさいね、嫌がる人もいるのにと申し訳なさそうな顔をするおじいさんに、いえいえと笑ってラブラドールの頭とおなかをなでていきます。あまり引き留めても悪いと思いすぐに立ち上がって、お礼を言ってから軽く会釈をしました。

ラブラドールをなでたことで和んだ私は、そのままウォーキングを続けました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝感激♪
21
ほぼ毎日noteの更新をしています。日常の小さな出来事から、ショートショート、詩などの作品も更新しています。 アメブロでもブログネタを更新。https://ameblo.jp/togenkyo888/

コメント2件

黒いラブドールと読み間違え固まりましたです。
( ;∀;)
烏裸族さま
一文字ないだけで、ずいぶん内容が変わってしまいますね。
まぎらわしくて申し訳ありません^^;
誤字脱字の怖さにひやっとしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。