うめざわしゅん

うめざわしゅん

    最近の記事

    • 固定された記事

    『ダーウィン事変』第1話

    月刊アフタヌーン8月号にて連載始まりました。第1話読めます↓ 続きは月刊アフタヌーン9月号から。買おう月刊アフタヌーン!うめざわしゅんの漫画が読めるのは(たぶん)アフタヌーンだけ!

      • 2023🎍

        あけましておめでとうございます。 昨年はタフな一年でした。 2023年の目標は「ポジティブシンキング」です。 今年もなんとか。 うめざわしゅん

        • もろもろ告知

          おひさしぶりです。わたしです。 ご心配おかけしましたが今月発売号のアフタヌーンにて『ダーウィン事変』連載再開します🎉トレンドにならない方の連載再開。 そんで療養して元気になったのかと聞かれたら、さほど。元気なんて中三の夏くらいからないし毎朝この世は地獄だと確信しながら起床する。四十路となれば身体にガタがきて常時どっか調子悪いのは受け入れるべきだろうな。with病気。最終的にはガッツで乗り切ろうと思います。 告知その②日本科学未来館他にて文化庁メディア芸術祭受賞作品展が開催さ

          • ダーウィン事変4巻出ました

            なんとか4巻出せた!本日発売のアフタヌーンも表紙を飾らせて頂きました🙌 今回ちょっとイレギュラーな掲載の仕方をしておりまして、今月号掲載の第22話が先に発売された4巻ラストの話にあたります。ややこしくてすみません。 この間色々ありましてね。思いがけず賞を頂いたと思ったら病気で入院しちゃったりで、所謂「耳キーンってなるわ」状態というか。 病室から覗く窓の向こうはますます狂って見えました。まぁ入院生活が過度な正常を一瞬もたらしただけで退院したら私も無事シャバの狂人の一人に戻り

            ちんき堂へ

            すっかり宣伝忘れてましたがダーウィン事変③巻出てます! 溢れるエドワード・ホッパー感 他にもダイナーの看板、服、本なんかにいろいろ小ネタを仕込んでたり 探してみてね💁‍♂️ 話、変わりますけど。 かねてより行きたかった神戸での「晩秋の根本敬まつり」にお邪魔してきました🚄 久しぶりに根本先生とお会いできて、俺のややこしいお題の注文色紙も描いて頂き↓ https://twitter.com/takashinemoto81/status/146345078144980992

            『ひとのこ』

            明日10/20発売の新井英樹さん最新刊『ひとのこ 下』(リイド社)に帯コメントを書かせて頂きました! ぜひ読んで脳みそ掻き回されて下さい↓ ついでに自慢シェア↓ (18才の夏、発売日に本屋を回って買ったThe World Is Mine①巻に😍)

            『ダーウィン事変』②巻出ました in 緊急事態宣言

            ご多分にもれず私なんかもコロナ禍では大いに困らされている。 一度肺炎で死にかけてから喘息持ちになったんで感染したら重症化しそうで怖いとかそういうこと抜きにしても。 一昨年前の今ごろ『ダーウィン事変』企画段階ではまさか舞台のアメリカが(世界中もだけど)こんな未曾有のパンデミックに見舞われるなど予想できるはずもない。 舞台設定は現代だがこの事態を同時進行的に取り込める物語ではないので「もしCOVID-19が無かったら」という想定外に大きなif要素を抱え込まざるを得なかった。

            出たよ

            あちこち中指立てるものが多すぎて全身疲労中。それはともかく 『ダーウィン事変』1巻発売しました。 紙はやっぱりいいなあ。スリスリ。一冊の本の裏でドロドロの情念,生活,理想,現実,欲望,諦め諸々が渦を巻き関係性の濃淡さまざまな人達を経て書店に並ぶ。たま、らんよね。スルッとスマートに出せたことなど一度もないし。 しかしこうやって「モノ」として外在化されることで脳髄で暴れていた強迫観念が(少なくともしばらくは)収まってくれるという直接的な効能があるんですよね。物理的なオブセッショ

            +23

            かいぞくたちのいるところ③ 2/2

            +21

            かいぞくたちのいるところ③ 1/2

            +18

            かいぞくたちのいるところ② 2/2

            +16

            かいぞくたちのいるところ② 1/2

            +27

            かいぞくたちのいるところ①

            +28

            いつ果てるとも知れぬ夏の日