アフリカ、感染者300万人超え。初のワクチンの接種が開始
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アフリカ、感染者300万人超え。初のワクチンの接種が開始

(アフリカにおけるコロナ状況その11)

アフリカのコロナの累積感染者数が300万人を超えました。

一人目の感染者が見つかった2月からの推移です。先週金曜日の1月8日の感染者数は3.6万人となり、これまでで最大の1日あたり新規感染者数となりました。

画像1

累積300万人のうち、120万人が南アです。南アは1月6日以降、連日2万人台の新規感染者が見つかっており、1週間で感染者が12.5万人増えました。感染者のDT(倍加日数、感染者が2倍になるのにかかる日数)は45日まで縮まっています。

画像2

滝を登るかのような増え方です。アフリカ全体の増加は、南アの増加が影響していますね。

ただちなみにこの倍加日数、日本はいま31日なので、直近では南アよりも早いペースで感染者が増えていることになります。

南ア、感染者は急増しているのですが、致死率は落ち着いています。「この1週間の死亡者数」/「2週間前の1週間の新規感染者数」で算出した「直近致死率」は4.4%ですが、12月半ば以降、減少し続けています。

アフリカ全体では、1月6日に1,100人が亡くなり、これまでで最大の1日あたり死亡者数となりました。

南アフリカでは、昨年12月に、変異種が発見されています。この変異種はいまのところ重症化したり、いままでと違う症状がでるとは報告されていないのですが、感染力は強いとされています。

ワクチンが効かないという報道もありましたが、効くという未査読の実験結果もでたようです。


それにしても、南アまではいかずとも、感染者が増えているナイジェリアやエジプトと、

画像3

画像4

増加の波が一段落したケニアとモロッコ。

画像5

画像6

何が違うのでしょうか。。国ごとに感染者数の増減はかなり違っています。

累積でみた致死率は、どの国も低いのですが、

画像7

直近致死率(「この1週間の死亡者数」/「2週間前の1週間の新規感染者数」)が13%を超えているのがジンバブエです。

ジンバブエは、倍加日数も14日まで縮まりました。政府は、厳しいロックダウンに踏み切っています。

朗報?もあります。インド洋の島国であるセーシェル。タンカーの重油事故があったモーリシャスの近くで、モーリシャス同様、美しい海に囲まれた観光国です。

画像8

そのセーシェルで、ワクチン接種が始まったと報じられています。アフリカで最初に開始した国となりました。

ワクチンは中国Sinopharmのものです。これに先立ち、中国の王毅外相は、セーシェルを訪問しています。他に訪問した国はナイジェリア、DRC、タンザニア、ボツワナ。中国の外相は毎年、年始にアフリカを5カ国ほど外遊するのが習わしとなっています。

アフリカで最大の感染者数であり、急増もしている南アは、2021年末までに国民の6割に接種を完了するという目標を掲げていますが、現在のところ製薬会社との契約交渉は完了していません。


アフリカにおけるコロナの状況や、各国が実施している入出国の規制や行動規制については、以下からご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アフリカビジネスパートナーズ 代表パートナー ( https://abp.co.jp ) / ケニア在住 / twitter: @umemotoyukari, @ABP_Africa /Facebook AfricaBusinessPartners