IPOデータベース:ウメレポ

ロコンドが上場。公募時時価総額は85億円。未上場最終ラウンドは63億円。プロダクトのポジショニングに疑問符

2017年2月よりウメキワークスを一部リニューアルします。今までIPO分析をたまにお届けしていた「ウメレポ」を廃止し、ネット系IPO分析をたまにウメキワークスでご紹介します。

注目銘柄に関してはTheStartupで記事にすることもありますが、メインはこっちで書いていきたいなと。マニアックな企業とかであればあるほどね。

2017年ネット銘柄IPOの1号はロコンドとなりました。2017年3月7日

もっとみる
「スキ」しても、回収不能予測は変わらないぜ。

プリペイドカードのバリューデザインが初値時価総額60億で上場:決済は安定性あり

既に9月26日に上場しましたが、バリューデザインの簡単な分析をお届けします。

☆目次

1:公募時想定時価総額は28億円、初値は60億円
2:株主構成 GMOVPやサイバーエージェントが出資
3:プリペイドカード市場はユーザー観点で本当に伸びるのか?1人5枚もプリペイドカード持たなくない?
4:業績ハイライト とはいえ決済関連銘柄の安定性は抜群?

出典:バリューデザイン目論見書

【1:公募時

もっとみる
「スキ」だけじゃなく、twitterでシェアしてくると嬉しいな...

減収減益のアイモバイルがPER19倍時価総額274億で上場承認

IPO DBの更新がかなり久々となりましたw ネット系のIPOがないときは更新しませんので、ご容赦ください。

LINE、ユーザベースと注目銘柄が続いたので、TheStartupで掲載しましたが、ニッチなものはこちらで。アドネットワークのアイモバイルです。よく一の部を読み込むと、2016年7月期の業績の速報は出ており、営業利益は20億以上出ているものの、減収減益でのIPOとなりました。

☆目次

もっとみる
ほら!本当は俺のこと、好きなんだろ?
3

GCPのお家芸・小粒上場のホープ。代理店事業メインで公募時時価総額18億

自治体向け財源確保支援サービスかつ福岡が拠点ということで、スタートアップ業界から少し遠い気がするホープに上場承認。2013年8月にGCPが1.5億出資して約18%を取得。

・ホープ、グロービスから1.5億円を調達--地方自治体サイト向けに広告事業を展開

取得比率から逆算すると当時のPost-Valuationは8.3億。今回の推定公募時時価総額は18.8億とGCPラウンドから2倍にはなっていま

もっとみる
「スキ」だけじゃなく、twitterでシェアしてくると嬉しいな...

アトラエが上場承認。GREEN経由で年間約1,300人が転職か?

ネット企業のIPO発表がないと更新されないIPOマガジン。ようやく久々のIPO発表きましたね。なんと、TheStartupの長年の広告主でもあるGREENを展開するアトラエ!いつもお世話になっております!とはいえ、広告主に対しても容赦なく分析していきます。これで広告出稿を停止されても致し方ありませんw

☆目次
1:時価総額。求人領域のPERはやや低めか
2:メディア事業なので利益率は20%台で推

もっとみる
ポッ ○´・ω・)(・ω・`○
2

億万長者は誰だ?ネットIPO銘柄31社分析

2016年3月から始めましたが、今回は2014年2月から2016年2月の約2年間の間に上場した主要ネット銘柄(GMOの子会社などしょぼい案件は割愛)31社の公開情報を元にしたデータ分析及び、分析の元となるエクセル一覧をgoogle docsで共有します。

データの一部を抜粋するとこのようなものが。31社の公募時売出しで得たキャピタルゲインランキングです。

敬称略。ピンクセルで人名記載がある企業

もっとみる
「スキ」だけじゃなく、twitterでシェアしてくると嬉しいな...
4

1.5兆円の市場シェアを0.5%奪えば上場できる。上場承認のエボラブルアジアの実態はOTA

2015年9月のB Dash Campでのスポンサーで見かけたエボラブルアジア。全く知らない企業でしたが、上場承認出ました。スタートアップ業界で限りなく知名度が低いと思われる同社。旅行系ということくらいしか何をやっているかわからない読者も多いのでは?

結論、よーく見てみないと何をやっているかよくわからない企業でしたw
OTA(航空券販売事業)の比率が高い気がします。類似企業としてはアドベンチャー

もっとみる
ほら!本当は俺のこと、好きなんだろ?
5

上場承認の「PR TIMES」、月間500万PVで1PV10円以上を稼ぎ出す?その究極の分散型メディアモデルとは

The StartupのIPO分析シリーズは、今回からnoteマガジンへ移行します。有料マガジンですので、今までより気合を入れて分析していきますよ!

☆目次
1:時価総額・株主状況
2:ビジネスモデル解説)PR TIMESの考え方は、分散型メディアだった!
3:PLと表KPI、梅木が予測する裏KPI
4:PR TIMES vs @PRESS比較。@PRESSの方が利益率も利益額も上だが、メディア

もっとみる
ポッ ○´・ω・)(・ω・`○
4