新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

<フクシマからの報告>2020年春   福島第一原発に近づくと                             JR常磐線車両内で                                        線量計の警告音が鳴った        その車両が東京に毎日6本やってくる

 2020年3月14日、JR常磐線が全線復旧し、東京・上野駅と宮城県・仙台の間が直通で行き来できるようになった。そのニュースをご覧になった方は多いと思う。2011年3月の東日本大震災以来、9年ぶりに電車が全線を往復できるようになった。これが「復興」の象徴だとして、新聞テレビは大きく取り上げた。

 福島第一原発事故を発生初日から取材している私にとって、これは大きな動きだった。

 かつて現地で目撃した、田んぼの真ん中で立ち往生したまま放置されている電車の姿が脳裏に焼き付いていた(下2枚:2011年4月26日、福島県南相馬市で撮影)。

画像3

画像3



 現地を取材しようと思った。「復興」の現実がどのようなものか、自分の目で確かめたかった。

そうした取材の結果のうち、福島県・富岡町にある夜ノ森駅へのアクセス道路が開放された時の様子は、本欄でも報告した。9年間立入禁止の朽ち果てた街で、道路だけが「点と線」のように行き来自由という異様な光景だった。地震・津波と原発事故の三重苦で、街がひとつ消えてしまったJR富岡駅前の現在も書いた。富岡町は、住民の95%がいなくなってしまった。

JR常磐線は、福島県から宮城県にかけて太平洋沿岸部を南北に走っている。東日本大震災のとき津波が沿岸部を襲い、至るところで線路や車両が流された。

そうやって寸断された線路を徐々に復旧して、最後に残ったのが、福島第一原発直近の一帯だ(注参照)。原発事故の時に放射性物質が降り積もったまま、今も除染されていない。住民ですら立入禁止である。つまり高濃度の放射能汚染が事故直後のまま、手つかずになっている。

つまり常磐線の「全線開通」とは、その高濃度の汚染地帯を車両が行き来することにほかならない。線路が福島第一原発にもっとも接近する地点では、同原発正門から約1.5キロまで近づく。

スクリーンショット 2020-05-07 18.54.28

(2020年1月18日付『福島民報』より。

福島第一原発の位置は示されていない。大野駅と双葉駅の間)

(注)駅名でいうと、今回の開通区間は「富岡〜夜ノ森〜大野〜双葉〜浪江」の約21キロ。行政区分でいうと、原発の立地自治体である大熊町・双葉町と、富岡町の一部。政府は「帰還困難区域」と呼ぶ立入禁止区域である。

 常磐線の車両が走る場所の線量は、どれぐらいの数値なのか。

 地元・大熊町が2019年9月に計測したデータをネットで見つけたので、詳しく読み込んでみた。

 JR常磐線の線路直近であることがわかる地点がひとつあった。54番の「ポポロ西JR跨線橋西端」である。

 ネットで検索してみると「ポポロ」は国道6号沿いのレストランの名前だった。その西にJR常磐線の上にかかる道路橋がある。

 その西端の線量は1時間あたり15.54マイクロシーベルトである。原発事故前は0.04〜0.05マイクロシーベルトだったから、そのおよそ300倍である(2016年3月には27.36マイクロSVだった)。

 次に掲げる大熊町の線量メッシュ地図では「54番」は真っ赤に塗られている。つまり、原発事故被災地でも、最も高い線量の一角を、常磐線の列車が行き交っていることになる。

スクリーンショット 2020-05-06 2.09.57


 私はまず、線量計を持って車両に乗り、このエリアを通過するときに車内の線量がどうなるか測ってみた。車内でピーピーと警告音が鳴った。念のため2回測った。結果は同じだった。そして次に自動車を運転して、この「ポポロ」前まで行ってみた。詳しくは本文中で述べる。

 放射線防護の観点でいえば、こうした高線量の放射性物質で汚染されたエリアを封鎖し、人間や車両の出入りを制限する理由は2つある。

(1)エリア外から人が入って、放射性物質を帯びたチリを体に付着させ、あるいは吸い込み、被曝することを防ぐ。
(2)エリア内で放射性物質を帯びたチリを体に付着した人や車両がエリア外に出て、チリを環境に放出しないようにする。エリア外の人々が二次的に被曝することを防ぐ。

 新型コロナウイルスの流行でマスメディアに登場した言葉では、ウイルスに汚染されている可能性のあるエリアを「レッド・ゾーン」という。汚染の恐れがないエリアを「グリーン・ゾーン」という。防疫の観点では、レッド・ゾーンとグリーン・ゾーンは厳密に区分けし、ウイルスに感染または体に付着させている人が出入りしないようにする。

 放射線防護と感染症防疫の発想は基本的には同じである。レッド・ゾーンとグリーン・ゾーンを厳密に区分し、両者の間に人や車両の行き来がないよう封鎖する。

 本来、常磐線が往来しているエリア(=帰還困難区域)はレッド・ゾーンである。そこに入った人や車両は外に出してはいけない。体や車体を除染しなくてはいけない。実際に、原発事故の直後は、直近から避難してきた人は、被曝量を計測しなくては避難所にも入れなかった。

 しかし2020年現在、常磐線は全線開通し、列車が一日に20本前後走っている。これでは、放射性物質を帯びたチリが電車の車両に付着し、そのまま沿線に運ぶことにならないのか。現場に行った私は心配になった。

 もうひとつ大きな私の心配は、このレッド・ゾーンを通過した列車のうち、一日に上下6本は仙台から品川まで直通で運転する特急列車だということだ。

 つまり、高線量の放射能で汚染されたエリアを通った列車が、東京圏の人口密集地帯を通過し、上野〜東京〜品川とうい都心部まで来る、ということだ。その途中には取手市、我孫子市、柏市、松戸市など東京圏のベッドタウンがつらなっている。東京都内では金町、亀有、綾瀬、北千住などを通る。

高線量地帯を通過した車両は、放射性物質のチリを付着させているのではないか。その車両がそのまま通過すれば、放射性物質による健康リスクを東京圏に持ち込むことにはならないのか。

 JR常磐線は東京圏の人々にとっても、通勤や通学の足として馴染んでいる。上野を起点として、北千住や綾瀬といった東京北東部を走っている。地下鉄千代田線とも直通運転している(高線量地帯を走る特急列車は地下鉄には入ってこない)。なおのこと心配になった。

 私は、新聞やテレビの報道で、こうした可能性について検証している記事がないか探してみた。「大丈夫だ」という確信を得たかったのだ。

 新聞テレビ記事のデータベース「Gサーチ」を「常磐線」「全線開通」をキーワードに検索してみると、643件の記事がヒットした。朝日、読売、毎日など全国紙のほか「河北新報」「福島民報」など地元紙、テレビはNHK・民放の記事をリストアップしてみた。

 しかし、開通区間の放射能汚染や車両の汚染について検証した記事が一本も見つからなかった。

 代表的な記事を引用してみよう。

A「常磐線 全線開通に合わせ 東京─仙台特急再開 来年3月 JR東発表」(2019年7月6日付 福島民報)

 JR東日本は五日、東日本大震災などの影響で県内に不通区間があり来年三月末までに全線開通を予定している常磐線について、全線開通に合わせて東京都内と仙台市内を結ぶ直通の特急列車の運行を再開すると発表した。

 同社によると、特急は上野駅か品川駅と、仙台駅の間で運行する方針という。車両は、特急「ひたち」「ときわ」に使われているE657系(十両)を二編成増やして対応する。詳細な再開時期や停車駅、運行本数などについては調整中で、決定次第発表する。

 常磐線は現在、帰還困難区域内を通る富岡-浪江間(二〇・八キロ)の運行を休止しており、同社が復旧工事を進めている。同社は、同区間内の駅周辺の避難指示解除に合わせて運行を再開する方針を示しており、早ければ年内に試運転を行う。

 特急は震災前、上野-仙台間を直通運転しており、JR東日本水戸支社によると、県内では勿来、泉、湯本、いわき、四ツ倉、広野、富岡、大野、双葉、浪江、小高、原ノ町、相馬などに停車していた。現在は品川-いわき間で運行している。

■復興加速化に期待 沿線の首長

 東京都内と仙台市内を結ぶ常磐線の特急列車再開決定を受け、沿線自治体の関係者からは復興の加速化を期待する声が上がった。

 双葉地方町村会長を務める伊沢史朗双葉町長は「大変喜ばしい。双葉郡の復旧・復興の加速化に弾みがつく」と歓迎した。門馬和夫南相馬市長は「特急列車の利活用による経済・産業の発展や観光振興を目指す」と力を込めた。

 立谷秀清相馬市長は「沿線住民の移動手段の多様化に加え、交流人口などの拡大にもつながる」と期待し、清水敏男いわき市長は「仙台市からの観光客が市内を訪れるきっかけになる」と述べた。

B 毎日新聞がYou Tubeで公開している動画はこちら。

C テレビ朝日のニュース報道はこちら。

D NHKニュースの文面はこうだ。

「JRが東京~仙台の直通特急を再開へ JR常磐線の全線開通にあわせて運行」(2019年7月5日付 NHKニュース)


 JR東日本は、震災と原発事故の影響で一部の区間が今も不通となっている常磐線(じょうばん)について、全線の再開に合わせて、来年3月までに東京と仙台を結ぶ直通の特急列車の運行を9年ぶりに再開することを決めました。

 JR常磐線は、震災と原発事故の影響で、福島県の浪江駅(なみえ)と富岡駅(とみおか)の間の帰還困難区域を通るおよそ20キロの区間が、今も不通となっています。

 JR東日本は、来年3月までの全線の再開を目指していますが、これに合わせて、都内と仙台を結ぶ直通の特急列車の運行を再開することを決めました。

 震災の前は、都内と仙台を結ぶ特急列車が運行されていましたが、現在は福島県のいわき駅までとなっています。

 JR東日本は、今後、具体的な再開時期や運行本数などを検討することにしていて、特急列車の再開で震災からの復興に向けた地域の活性化にもつなげたいとしています
〜〜〜〜

 新聞・テレビとも「常磐線が全線開通することは復興を加速する」という論調の記事ばかりだった。

 政府や地元自治体、あるいはJR東日本がそう主張するのは、特に驚くべきことでもない。

 しかし、報道はその主張を検証しなくてはならない。「本当に安全を確信していいのか」と問いかけねばならない。新聞テレビには、そうした検証をした形跡が見当たらないのだ。

 私が検証すべきと思う点は次の通りだ。

(1)原発被災地でも最も放射能汚染がひどいエリアを定期的に列車が走る。JR東日本は、乗客や乗員の被曝からの安全を確保するため、どのような対策を講じているのか。

(2)2011年3月11日夜以降、今も原子力緊急事態宣言が出たままの状態である福島第一原発まで、最短で1.5キロの地点を列車が走る。万一、9年前と同じ規模の原発事故が起きたとき、乗客や乗員の安全確保のためにJR東日本はどのような対策を講じているのか。

(3)原発事故被災地でも最も放射能汚染がひどいエリアを走った列車が、そのまま東京圏まで走ってくる。放射性物質のチリを帯びた車両が、路線周辺に汚染を運んでくる可能性はないのか。その防止にJR東日本はどのような対策を講じているのか。

 しかし残念ながら、私の心配に答を与えてくれる報道記事は見当たらない。ならば、やむをえない。自分でJR東日本に聞いてみようと思った。

 「東日本旅客鉄道」=JR東日本は常磐線を運行する鉄道会社である。

 対応していただいたのは、東京・渋谷区にあるJR東日本本社の広報部である。面談しての取材を希望したが、メールで回答する、という同社側の希望に沿うことになった。

 質問は次の通り(再質問もまとめた)。

1)列車が通過するJR常磐線の線路上の放射線量計測はどのような手段を講じ ておられますか。線量計などは設置されていますか。もし設置しておられるな ら、どの区間に何キロ間隔で設置されていますか。開通区間のみですか。また その線量は乗客に見えるように掲示されていますか(常磐自動車道は高速道路 わきに線量の表示板が数箇所あります)。

2)開通区間を通過する列車は一日に上下合わせて何本ですか。そのうち仙台 から上野・東京・品川に達する列車は何本ですか。

3)開通区間を通過した列車の車体の線量を計測されていますか。それはどこ で、どのような手段で計測されますか。計測されたデータは 公開されていますか。それはどこかで拝見できますか。 

常磐線開通区間を通過した車両を洗浄さ れたあとの汚水は「放射性廃棄物」として法律に沿った処理はされていない、 将来もする予定はない、と理解してよろしいですか。

4)計測した結果、線量が基準値より高かった場合、その車両の使用を見合わ せる、除染するなどの対策は講じる予定ですか。どんな対策を講じますか。そ の対策を講じる・講じないの分岐点となる線量の数値はいくつですか。

5)開通区間を通過する車両の洗浄は何日に一度されますか。洗浄後の汚水は どのように処理されますか。汚水の線量を計測されますか。汚水を放射性廃棄 物として処理する基準値はいくつですか。放射性物質が検出された場合、公表 されますか。

6)開通区間以外のほかの駅で、開通区間を通過した列車が停車・通過するホ ームの放射線量は計測されますか。それはどこの駅ですか。また計測の方法を 教えてください。

7)福島第一原発は今も原子力災害非常事態宣言が発令されたままです。万 一、同原発で放射性物質が大気中に漏れ出すような事故が再び起きた場合、開 通区間の運行を取りやめる、運休する線量の基準はなにか設けておられます か。それは誰が、どこで計測したデータですか。線量でなければ、どのような 基準をお持ちですか。


8)今回の開通区間の再開は、いつ、いかなる経緯で決まったのでしょうか。 政府の決定が先でしょうか。御社の決定が先でしょうか。それはいつのことで すか。今年夏に予定されていた東京オリンピックに間に合わせるという意図は ありましたか。

9)今年3月14日の開通区間では、駅で線量を計測されているとのお答えでし た。 では、駅と駅の間の線路敷地の線量を計測されていますか。また今後計測され るご予定はありますか。

10) 将来、放射性物質を帯びたチリが線路敷地に入って線量が上昇す る、車両に付着するといった現象にどのような備えをしておられるか、教えて ください。駅間の線路敷地の計測はどのような方法で、どれくらいの頻度でさ れますか。それとも、将来にわたっても、線路敷地内に放射性物質が移動し、 敷地や車両の線量が上昇することはないとお考えですか。

JR東日本の回答は、以下の本文中で詳しく述べる。

 まず、私が実際に開通区間の電車に線量計を持って乗ってみた結果を報告しよう。

この続きをみるには

この続き: 7,383文字 / 画像65枚

<フクシマからの報告>2020年春   福島第一原発に近づくと                             JR常磐線車両内で                                        線量計の警告音が鳴った        その車両が東京に毎日6本やってくる

烏賀陽(うがや)弘道/Hiro Ugaya

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私は読者のみなさんの購入と寄付でフクシマ取材の旅費など経費をまかないます。サポートしてくだると取材にさらに出かけることができます。どうぞサポートしてください。

90
ジャーナリスト・フォトグラファー 1963年京都市生まれ。京都大学経済学部卒。 コロンビア大学修士課程(軍事学)終了。 朝日新聞社記者を経て2003年からフリーの報道記者。 アマゾン著者セントラル:https://www.amazon.co.jp/-/e/B01MF8GG1A
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。