見出し画像

2019年痛みの最前線「5Es」

疼痛治療はいまだ確立されていません。

特に慢性疼痛は長年、

●生物医学モデル(biomedical model)
●構造モデル(structure model)
●姿勢-構造-生体力学モデル(postural–structural–biomechanical model)
●運動病理学モデル(Kinesiopathological Model)
●動作の質モデル(Movement Quality model)

と言われる様な、ヒトを身体的構造や機能から評価し、アプローチするモデルが使用されてきましたが、結果は失敗に終わっています。(自称「治せる」は除き)

恐らくこれらの大きな間違いはヒトを機械的に扱ったことです。

人は構造と機能だけで構成されているわけではありません。

過去疼痛治療に失敗してきた我々は新たなアプローチを必要としています。
それは機械的ではなく人間的である必要があります。

E-based enactive approach(5Esに基づいた積極的なアプローチ)

ここで紹介するのは5Esと呼ばれる理論です。

この5Es基盤となっているのはギャラガーの「4Es」です。
4Esでは、認知は

(1) embodied(身体化された)
(2) embedded(環境に埋め込まれた)
(3) enacted(行為に基づく)
(4) extended(拡張された)

としています。

この4Esに

emotive(感情を生み出す)

を追加し、5Esとします。

これは5Esを表す痛みの認知の図です。これを読み終わると理解できると思います。

画像1

ひとつずつ解説します。

embodied(身体化)とは

この続きをみるには

この続き:5,026文字/画像6枚

2019年痛みの最前線「5Es」

タム@Exercise box

1,180円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。