【感想】テレビ東京 春ドラマ「しろめし修行僧」幼馴染役・犬飼貴丈の自然な演技が魅力的!
見出し画像

【感想】テレビ東京 春ドラマ「しろめし修行僧」幼馴染役・犬飼貴丈の自然な演技が魅力的!

momo_tan

皆さん、こんにちは!

今回は、テレビ東京・春ドラマ「しろめし修行僧」第三話と第六話
についての感想でーす!

※6/7一部編集

春ドラマ「しろめし修行僧」製作のきっかけ!

ごはんのお供をひたすら愛でるドラマを作ろうと思いまして…。
もしも、托鉢僧のお椀に白飯が盛られていたらとイメージがわき、おかずを求める托鉢僧物語に辿り着きました。
では、主演は誰?坊主で、食いしん坊で、お人よし…もう岡部さんをおいて他にいませんでした。

https://www.tv-tokyo.co.jp/shiromeshi/intro/


…っというアイディアが浮かび、白飯に合う最高のおかずとは何か?を追求するグルメドラマになったようですね。(笑)
目のつけどころが違うなぁ。

■「しろめし修行僧」第3話

住職である父親・こしあん(松平健)から、托鉢(たくはつ)の全国行脚修行を命じられた米田たくあん(岡部大)。
超有名なお寺のイケメン御曹司である、幼馴染の佐藤ぶりあん(犬飼貴丈)と共に、東京都・町田仲見世商店街で修行をしていた。

商店街で出会った亜衣(小西桜子)に、きんぴらごぼう、そして、商店街にあるおいしいおかずを買ってもらった。そんな彼女に、たくあんは一目ぼれする。

〇これも修行?!バイトする・たくあん

一目ぼれした亜衣(小西桜子)に、「妹を助けてほしい」とお願いされ、手術代が300万円を稼ぐために、自分が大事にしていたブランドTシャッツや、限定モデルのスニーカーなどを売る。

人が良すぎなのか、惚れやすいのか?!まあ、ドラマなので(^-^;

そして、喫茶店の店員、配達員…とバイトまで始める。
え?!修行中にバイトできるの?!…って思ったけど(笑)
しかも、ぶりあんも一緒に二人で配達員^^

でも、他人の連帯保証人には簡単になってはいけないよ。ご注意!


〇たくあんとぶりあんの間柄が微笑ましい!

一人で全国行脚修行をしていた米田たくあん(岡部大)でしたが、今回は、有名寺のイケメン御曹司で幼馴染の佐藤ぶりあん(犬飼貴丈)と一緒ですね。

たくあんが、ぶりあんを亜衣(小西桜子)に紹介したとき
「超有名なお寺の跡取りなのに、全然偉そうにしない。心までイケメンなんです」っという場面でも、二人の関係性が見えて、微笑ましいかったぁ。

いつも、たくあんを温かく見守り、いざというときに助けているぶりあん。
ついにその理由が、第3話で明らかになりましたね。

〇二人の絆の強さを感じた回想シーン(泣)

亜衣(小西桜子)に、ぶりあんが子供頃の話をするシーン。
「僕も子供のとき親に捨てられたんです。引き取ってくれたのが今の住職でした」「人は変われます。本当に信じられる友達を見つけることです。そうしたら、変われます。僕がそうだったように…」BYぶりあん

えー!!!!!!!そうなの~?!
まさかの展開!(心の声)

ぶりあん、さすが、心までイケメン!
でも、そう考えられるようになったのは、子供のころに、たくあんに、救われたからなんですよね。

寂しさと悲しみを抱えていた子供の頃のぶりあんに、たくあんが白飯とおかずを差し出し、一緒に食べる回想シーンには感動~!!

ジーン(泣)

たくあんの優しさに救われ、そして、その優しさを今も覚えているぶりあん。だから、たくあん(岡部大)が困ったときに、いつも助けてくれるのですね。

■犬飼貴丈さんの自然な演技が魅力的~!

幼馴染・佐藤ぶりあん役を演じているのが、犬飼貴丈さんです。2012年に開催された「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。

その後、昼ドラ「碧の海」に出演、主演で「仮面ライダービルド」。
大河ドラマ「青天を衝け 」などと、活躍されています。

犬飼貴丈さんのコメント!

僕が演じるぶりあんは、とても優しい男です。物語が進むにつれて、
なぜ主人公のたくあんに優しく接するのかも分かっていきます。
ただの幼なじみの良いやつで終わらない、キャラクターとしての奥行きが出てくるのがいいなと思いました。
そして、美味しいごはんを食べる撮影がすごく楽しみです。僕が食べている姿を通して、みている方たちに美味しそうだなって思っていただけるように頑張ります!


https://www.tv-tokyo.co.jp/shiromeshi/cast/

役柄の雰囲気では、中村倫也さんと雰囲気が似ているなぁ~っと感じました。あ!仮面ライダーつながりではなく、ドラマ『珈琲いかがでしょう』の
移動珈琲店の店主・青山一(中村倫也)の雰囲気ですよ。

人の心の癒し的な存在。。。

ぶりあん役は、心優しい人という設定なので、演じるのって、結構難しいと思います。なぜなら、物静かと優しい人は違うから…。

しかも、強い!(笑)
アクションシーンはさすがでしたね。立ち回りが凄くきれい!

■犬飼貴丈さんの人生で食にまつわる忘れられない祖母とのエピソード!

「中学の時、帰りが遅い僕のために、おばあちゃんが毎晩ご飯を用意してくれたんです。僕が帰るとおばあちゃんはもう寝ているので、中学の頃は自分でご飯を温めて食べて、お風呂に入ってから寝るという生活でした。メニューは毎日“鍋”だったんですよ。鍋を火にかけて煮立ったら食べるだけ。簡単で栄養もあるし、食べ盛りだからいっぱい食べられて満足だし、とてもありがたかったですね。今でも僕は鍋が好きで、季節を問わず、自分で鍋を作って食べています」

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/entry/2022/025953_2.html#totitle


■「しろめし修行僧」第6話・母との再会!

そんな犬飼貴丈さん演じるぶりあんが、第六話では、自分のもとを去った母親と再会する(泣)

たくあん(岡部大)のはからいにより、母親(仙道敦子)の食堂に向かい対面を果たすのだが、母親の美咲は、ぶりあんが自分の息子とは知らない。
たくあんと共に、母親の手作りひじき(大豆、ちくわ、ひじき、はちみつ入り)を食べたぶりあんは、別れた日の母親の顔を思い出す。

勇気をもってぶりあんが「お母さん」と呼びかけようとしたとき、一人の男の子が入ってきた。ぶりあんは、母親には新しい家族がいると知る。

ショックを隠せないぶりあんの様子を見かねた、たくあん(岡部大)は、僧侶には相手の悩みを静かに聞く「傾聴」という修行があるといい、美咲に悩みを話してくださいと提案する。

いやぁー!新しい家族がいたというショック。
でも「傾聴」により、お母さんの本心が聞けてよかったー!

そのおかげで、息子と知った母親の美咲さん。
息子・ぶりあんに語りかけた最後の言葉が泣けたぁー!

もう号泣!号泣!号泣!

ぶりあんが、語りかけていた母親のほうを
振り返り「どうか、美咲さんもいつまでもお元気で」と伝えるシーンには、
もう、胸がささるぅー!

たくあんと、ぶりあんの友情にも泣かされたぁー!
本当、ハンカチ用意しないと大変だよー!

なんといっても、犬飼貴丈さんの静の演技と、会いたかった母親への熱い想い、戸惑いなどを、自然に演技していましたね。良かったです!

母親役が、仙道敦子さんだったとは…こちらにも驚き!

それにしても、こんなにアットホームなドラマが、深夜ドラマというのが、悲しすぎる!

いくら配信(ひかりTV、Paravi、ネットもテレ東、TVer)があるからといって…もったいない!!!!!


【参考】各ドラマの公式サイト、Wikipedia



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
momo_tan

よろしければ、サポートお願いいたします♪ 継続する励みになります!

よろしければシェアもお願いいたします♪
momo_tan
誰が読んでもわかりやすいように書くことを心がけ、まるで辞書のようなnoteにしたいと思っています♪大好きな日本ドラマ、テレビ番組(お笑い、情報番組・音楽番組等)などが中心。ドラマでは脇役のかたにスポットライトを浴びた記事も。気軽に読んでくださいね(^_^)