見出し画像

ととのいを崇高にしすぎないで!【2021年10月フィロソフィーのダンス連載「偏愛記」】

TV Bros. ( テレビブロス )

フィロソフィーのダンスのメンバーが偏愛するものについて語る連載「フィロソフィーのダンス 偏愛記」。メンバーの尊敬する偏愛ジャンルのエキスパートにお話を伺いにいきます! サウナを愛するフィロソフィーのダンスの奥津マリリがお会いしたかったお相手は、サウナの伝道師として活躍するお笑い芸人のマグ万平さん。前回はお二人の”ととのいメモリアル”(byマリリ)などで盛り上がりましたが、今回は具体的なサウナの入り方をレクチャーしていただきました!

画像1

取材&文/吉田可奈 撮影/米玉利朋子

奥津マリリ(以下奥津) 私は冬にサウナデビューしたんですが、夏の楽しみ方とは違うように思うんですよね。やはり季節によってサウナの入り方は違いますか?

マグ万平(以下万平) そうですね。季節だけでなく、温度帯によって入り方を変えたりしています。冬って、外気浴をすると外の空気が冷たいですよね。サウナは寒い地域の文化なので、身体が温まった後に水風呂でキュッとしめつつ、まだ熱が残った状態で外気浴をして、身体をゆっくり冷やしていくんです。でも、夏は外が暑くてサウナのようになるので、僕は水風呂に入る時間を長くして、限界まで身体を冷やすようにしていますね。ただ、2分ほど入ってしまうと、水風呂でととのい始めて、低体温症になってしまうこともあるんです。それだと危ないので、30秒などの短い秒数を3セットくらい繰り返し、段階的に冷やすようにしています。そこでギリギリまで冷やした後、外気浴で、徐々に常温に戻していくんです!

奥津 え~! やってみたい! ちなみに、水風呂を3セットしている間は何をしているのが良いですか?

この続きをみるには

この続き: 3,078文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
「TV Bros. note版」は、月額500円で最新のコンテンツ読み放題。さらに2020年5月以降の過去記事もアーカイブ配信中(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)。独自の視点でとらえる特集はもちろん、本誌でおなじみの豪華連載陣のコラムに、テレビ・ラジオ・映画・音楽・アニメ・コミック・書籍……有名無名にかかわらず、数あるカルチャーを勝手な切り口でご紹介!

TV Bros.note版

¥500 / 月 初月無料

新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、テレビ、音楽、映画のレビ…

この記事が参加している募集

スキしてみて

TV Bros.note版では毎月40以上のコラム、レビューを更新中!入会初月は無料です。(※キャリア決済は除く)