佐藤まりあオススメ! おうち時間に聴いて欲しいK-POP【連載フィロソフィーのダンス 偏愛記】
見出し画像

佐藤まりあオススメ! おうち時間に聴いて欲しいK-POP【連載フィロソフィーのダンス 偏愛記】

TV Bros. ( テレビブロス )

4人組ガールズユニット・フィロソフィーのダンス。メンバーが偏愛するものについて語る連載「フィロソフィーのダンス 偏愛記」。本日の担当は佐藤まりあ。テキストの最後には、今回のために撮り下ろした佐藤まりあ撮り下ろしのフォトギャラリーもあります♡

これまでの記事はここから全部読めます↓

文/佐藤まりあ 撮影/横山マサト

画像1

皆様、こんにちは。

フィロソフィーのダンスのスーパーミラクルアイドル、佐藤まりあです。

寒い日が続きますが、お変わりないでしょうか?
わたしはとってもとっても元気です。毎日もりもりご飯を食べて、手洗いうがいもしっかりして、たっぷり寝て、とても元気です。

まだまだおうちで過ごすことが多いかと思いますが、そんなときこそ音楽のパワーを感じてほしい! 音楽を聴いて気分をリフレッシュしてほしい! というわけで、今回の『フィロソフィーのダンス 偏愛記』ではおうち時間に聴いてほしいK-POPをご紹介したいです。

これを機にK-POPの魅力にどっぷり浸っていただければ...と思います。

画像2


「Any Song 」ZICO 

「とりあえずどんな歌でもいいからかけて、適当に踊ろうよ」というとても楽観的な歌詞で若者言葉(砕けた表現)が今っぽい。
歌とラップが自然に切り替わる感じがわたし的にとても心地良くて大好きな1曲です。メロディーも大きな波があるわけではないので日常のBGMにぴったりだと思います。

MVもとてもユニークで盛り上がってるパーティーの中、自分だけ冷めてしまう感じがなんだかすごく「うんうん、わかる」という気持ちになりました(笑)。

ちなみに、昨年この曲に合わせてダンスを踊りSNSにアップする”アムノレチャレンジ”(Any Songチャレンジ)が大流行しました。わたしもその流行に混ざって踊ってみたかったな...(遠い目)

この続きをみるには

この続き: 1,028文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
「TV Bros. note版」は、月額500円で最新のコンテンツ読み放題。さらに2020年5月以降の過去記事もアーカイブ配信中(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)。独自の視点でとらえる特集はもちろん、本誌でおなじみの豪華連載陣のコラムに、テレビ・ラジオ・映画・音楽・アニメ・コミック・書籍……有名無名にかかわらず、数あるカルチャーを勝手な切り口でご紹介!

TV Bros.note版

500円/月 初月無料

新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、テレビ、音楽、映画のレビ…

この記事が参加している募集

スキしてみて

TV Bros.note版では毎月40以上のコラム、レビューを更新中!入会初月は無料です。(※キャリア決済は除く)

感謝です。
TV Bros. ( テレビブロス )
【新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額500円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。