見出し画像

なぜ『天気の子』は、全ての「選択」を「祝福」するのか?

【『天気の子』/新海誠監督】

3年前、僕が『君の名は。』を観て泣いた理由は、大きく2つある。

1つは、あの作品が放つ肯定のメッセージだ。

《運命は、運命を変えられる。》

運命は、単に受け入れるだけのものではない。「運命の赤い糸」をテーマにした恋愛映画は数あれど、こんなにも力強い確信を誇る作品に、それまで出会ったことがなかった。僕が受け取ったこのメッセージは、公開から何年経っても色褪せることはないだろう。

そしてもう1つは、他でもない新海誠監督が、その輝かしいメッセージを堂々と伝えてくれたこと。

『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』といった(知る人ぞ知る)過去作に惚れ込んでいた当時の僕には、想像もできなかったことだ。

彼の才能を、東宝というメジャーの舞台で開花させた川村元気の功績が大きいのは言うまでもないが、新海監督自身の決意と覚悟がなければ、この国民的大ヒット作は生まれなかったはずだ。

そして、この『君の名は。』は、新海監督を次なるステージへ導いた。

それが、3年ぶりの最新作『天気の子』である。


僕はこの作品を観る前に、その内容について次のように思い巡らせていた。

『天気の子』は、『君の名は。』路線を踏襲するのか。つまりは、新海監督は今回も「王道エンターテイメント」を目指すのか。

それとも、その卓越した才能が世界に広く受け入れられ、絶大な評価と支持を得たこのタイミングだからこそ、より強く「作家性」を押し出した作品を作るのか。

僕の安易な予想は、どちらも外れていた。

いや、正確に言えば、その両方の選択肢を、一切の妥協も迎合も忖度もすることもなく、見事にバランスさせた作品、それが『天気の子』であったのだ。



-------------------

(以下、『天気の子』の重要なネタバレを含みます。映画のご鑑賞後にお読み頂くことを推奨します。)



まず、「王道エンターテイメント」の側面について。

青い爽快感と、加速する恋心。他者との関わりを通したアイデンティティの模索。予想外のストーリー展開がもたらす驚きと興奮、そして感動。

少年少女の一夏の冒険を描いたジュブナイルとして、圧倒的な完成度を誇っている。〈ボーイミーツガール〉の新たな金字塔が打ち立てられた、といっても過言ではないだろう。

また、物語の後半において、人類への脅威として描かれる「天気」の描写は、まるで壮絶なディストピアSFのようなスリルを与えてくれる。想像を大きく超えて拡大していく物語のスケールに圧倒されたのは、きっと僕だけではないはずだ。

言うまでもなく、新海監督が長年にわたり追求し続けてきた映像表現は、今作において新たな結実を見せている。特に、雨や光の神秘さを讃えるシーンは、どれも息を飲むほどに素晴らしい。

前作『君の名は。』の製作時より、物語の奥深くまでコミットしながら作り上げたというRADWIMPSの音楽も、帆高、陽菜に次ぐ第3のストーリーテラーとしての役割を見事に果たしている。



そして、史上最大級に爆発した「作家性」について。

『君の名は。』で、瀧と三葉は、過去を変えることで世界を救い、新しい世界線において念願の邂逅を果たす。それこそまさに、《運命は、運命を変えられる。》という力強い肯定のメッセージであると僕は受け取った。

一方、『天気の子』はどうだっただろうか。

帆高は、人柱となった陽菜を救うという「選択」をすることで、東京全域を雨水の底へと沈めてしまう。

そう、世界の形(さだめ)を不可逆的なまでに変えてしまったその「選択」こそが、本作が賛否両論を巻き起こしている理由だ。

本来の世界の形(さだめ)は、人柱を立てることによって、日本に晴れた空を取り戻すことであったはずだ。(中盤の神社のシーンにおいて、そのようにして世界の平穏が保たれ続けてきたことが示唆されている。)


しかし、帆高は、世界の形(さだめ)に抗い、陽菜と共に生きることを選んだ。

たしかに、それは「正しさ」ではないのかもしれない。それでは、「正しくなさ」を讃えたこの物語は、間違っているのだろうか。

僕は、そうは思わない。

帆高の「選択」は、たしかに社会の価値観と決定的に対立する。共感できないと感じるどころか、強い嫌悪感を抱く人もいるだろう。

それでも、「大切な人と共に生きたい」という彼の純粋な想いそれ自体は、決して批判されるべきものではないはずだ。

不完全な社会において、不器用な僕たちにとって、全ての「選択」は、必然的に「正しくなさ」を内包しているといってもいい。

そして、「正しさ」と「正しくなさ」の堂々巡りの果てに、ついには理屈や論理を超えて、もはや言葉にすらならない魂の叫び。

それこそが、僕たちが真に辿り着くべき答えだ。

それは、教科書には書かれていないし、ニュースでも報道されない。もちろん、政治家が語ることもない。

それでも、いや、だからこそ、その答えをファンタジーを通して伝え放ち、僕たちの前に容赦なく立ちはだかる「正しさ」を批評する。そして、言葉にならなかった、いや、できなかった心からの想いを、世界に向けて共有する。

そんな奇跡、映画にしか起こせない。

映画の存在意義が、いや、その映画を創ろうとする人間の根源的な祈りが、大空に向かって飛翔していく。そして最後には、「正しくなさ」さえも肯定し、華々しく「祝福」してしまう。

そう、『天気の子』は、新海監督の真摯で透徹な祈りだ。映画作りを通して、この世界を肯定しようとする、確固たる信念そのものなのだ。



彼の「作家性」が爆発した時のカタルシスは、はっきり言って過去作の比ではない。

そして、僕が受け取った《全ての選択を、祝福する。》という肯定のメッセージは、その深度において、完全に『君の名は。』を超越している。

"グランドエスケープ"が響きわたる救済のシーンから、"大丈夫"が讃える再会のラストシーンに至るまで、僕は、ずっと涙を堪え切れずにいた。ずっと、心の震えが止まらなかった。

そして、新海監督が描く世界を、これからも信じ続けようと思った。それは、他でもない僕自身が、この現実の世界を力強く生きていくためである。


《夢に僕らで帆を張って 来るべき日のために夜を越え/いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ》("グランドエスケープ")


《君を大丈夫にしたいんじゃない/君にとっての「大丈夫」になりたい》("大丈夫")


新海監督は、批判を恐れることなく、全く新しい物語、そして、その可能性を僕たちに届けてくれた。

彼のクリエイターとしての勇気に、そして今作の製作に携わった全ての人たちに、僕は最大限の敬意を払う。



【関連記事】



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。 これからも引き続き、「音楽」と「映画」を「言葉」にして綴っていきます。共感してくださった方は、フォロー/サポートをして頂けたら嬉しいです。 もしサポートを頂けた場合は、新しく「言葉」を綴ることで、全力でご期待に応えていきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
32
編集者/ライター/音楽/映画/1991・10・1 生/慶應義塾大学卒/2014年、音楽メディア企業 ロッキング・オンに新卒入社、編集・ライティング等を経験/2018年より、渋谷のITメガベンチャー企業にてメディア戦略を担当/音楽や映画のコラム記事を毎日アップしていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。