見出し画像

愛する人を見ていると「この人がこの世にいるならば、この世はまだ捨てたものではないな」と思う。「この人がこの世にいるならば、もう少し生きてみても良いかもしれない」と思う。

こちらは、「定期購読エッセイを割高でも良いので単品販売してほしい」というご要望にお答えした記事です。(あくまで試験的に始めたものですので、今後も継続するかどうかは未定です。)
定期購読会員の方が損をすることだけは避けたいので、申し訳ありませんがこちらは他の記事に比べ割高なお値段となっています。できれば定期購読されることをオススメいたします。





愛する人の素晴らしいところは、穢(けが)れていないことだと思う。

邪(よこしま)なところがない。

裏表が全くない。

人に執着しない。

心に濁ったものがない。

よどみがない。


屈折がない。

ひねくれた所がない。

闇がない。

ひたすらに明るい。  


そして、とても優しい。

けれど、その優しさはべたべたしたものではなく。

さっぱりとしていて、軽やかで、後腐れがない。

たとえ優しくしたことにお礼がなくとも、この人はそれを恨んだり根に持ったりしない。

それは、この人は下心で人に優しくしていないから。

深く考えずに、損得を考えずに、自然に人に優しくする。

からっとした明るい性格で相手を包み込み、笑わせる。

この人には、粘着質なところが全くない。

何にも執着しない。

だから、この人といると、余計な考えや思いが削ぎ落とされて消えていく。

とてもシンプルに物事を考えられるようになる。

考えすぎなくても大丈夫、と教えられているような気がする。

この人には邪(よこしま)なところがない。

醜いところがない。

欲深さがない。

だから、そばにいるととても安心する。

「人の見ていないところで何をするか分からない」ような「あやうさ」がない。

大人になると多くの人が持つ「きたならしさ」がない。

裏表がなく、素直で、純粋。

けれど芯がとても強く、頼りになる。

ブレがない。揺らぎがない。

人の目をまっすぐ見て話すところ、馴れ馴れしく人の心に踏み込まないところ。

そういうひとつひとつが積み重なり、信頼になる。

「この人は信用できる」と感じる。

男性恐怖症の人、他人に対して怯えている人も、この人ならば息苦しくならないだろう。

張り巡らしていた警戒を、この人になら解いても良いと思う。

そういう、透き通ったものがある。

澄みわたるみずうみのような、透明度の高い精神性。

この続きをみるには

この続き:810文字

愛する人を見ていると「この人がこの世にいるならば、この世はまだ捨てたものではないな」と思う。「この人がこの世にいるならば、もう少し生きてみても良いかもしれない」と思う。

最果てにある美術館

290円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み下さり有難うございます。 皆様からのメッセージやサポートにいつもとても励まされています。 この記事が少しでもお役に立てますように。 貴方の心が少しでも軽くなりますように。

ありがとうございます。あなたの今日が喜び溢れる日でありますように。
3
ツイッター@_qirをメインに、長めの話を書く場として開設しました。全ての人にあてはまるお話はできませんが「世界のどこかにこの言葉を必要とする誰かがいる」と判断した言葉を心を込めて書き綴っています。 定期購読エッセイ↓ https://people.suzuri.jp/@_qir
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。