歯車のYoshida⚙️

プロセスマネジメント→サプライチェーンマネジメント (SCM) l グローバルに楽しく生きる💪l 社会の歯車って素晴らしい⚙️ Twitterもやってます。 https://twitter.com/Gear_Yoshi

歯車のYoshida⚙️

プロセスマネジメント→サプライチェーンマネジメント (SCM) l グローバルに楽しく生きる💪l 社会の歯車って素晴らしい⚙️ Twitterもやってます。 https://twitter.com/Gear_Yoshi

    マガジン

    • Yoshidaの個人的な体験

    • 製造業&歯車について学ぶ

      製造業の世界を探検していきます。

    • プロセスマネジメントを学ぶ

      定型業務の業務改善、工程可視化などです。

    • 異文化と語学について学ぶ

      海外と取引したい方、英語や中国語など語学を勉強したい方向けの記事です。

    • 戦略論を学ぶ

      組織・企業における戦略

    最近の記事

    固定された記事

    おしながき

    過去の投稿を振り返るためにも目次ページを作りました。 随時更新予定。シリーズ物は初回のリンクを貼ってあります。 カテゴリごとにマガジンを作成しています。興味があるマガジンだけでもフォローしていただけるとうれしいです! 戦略論を学ぶGreatな組織を目指したい方へ 『Good to Great』/ビジョナリー・カンパニー②飛躍の法則 『世界最高のチーム』 イノベーションを生み出すマインドセットの作り方 『管理しない会社がうまくいくワケ』 プロ経営者に倣って組織改造を行

    スキ
    91
      • 僕が中小製造業で学んだこと

        僕は今30歳、大手情報サービス業→中小製造業という一風変わったキャリアを歩んでいます。 今日は、転職した経緯と、そこで学んだことについて書こうと思います。 中小製造業に入社した経緯大学卒業後、新卒で大手情報サービス業に入社し5年ほど働きました。 どうしても海外と英語を使って仕事をしたくなり、海外事業職の募集をしている中小製造業の求人に応募し、転職を決意しました。 大企業から中小企業へ転職することについては、そこまで悩みませんでした。確かに、給与や福利厚生のことを考える

        スキ
        14
        • 『ニュータイプの時代』

          著者の山口周 氏について、耳にする機会が増えたので読んでみた。 『ニュータイプの時代』 山口周 著 著者の主張「問題の数に対して解決策が過剰になってきているので、問題発見できる人に価値が出る」という視点は面白いと思った。 問題数と解決策も需要と供給の関係にあり、解決策が過剰になってくると「~できる」「~の能力がある」ということに価値が薄くなってくる。なので、「これからどのようにしていくべきか」「何をやりたいか」を提言できる人に価値がでる、らしい。理屈としてはわかりやすい

          スキ
          14
          • グロービス クリティカルシンキングを受講しました

            少し前のお話になりますが、グロービスにてクリティカルシンキングを受講しました。 これから受講しようか迷っている方の参考になれば幸いです。 What クリティカルシンキングとは 論理思考力(ロジカルシンキング)です。本質的なイシューとは何かを考えたり、ロジックツリーを使いこなしたりする授業です。 正確には、クリティカルシンキング ≠ ロジカルシンキング なのかもしれませんが、概ね = の認識でもよいかなと思っています。 グロービスの授業の中でも最も基本にして、最も重要と

            スキ
            12

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Yoshidaの個人的な体験
            歯車のYoshida⚙️
          • 製造業&歯車について学ぶ
            歯車のYoshida⚙️
          • プロセスマネジメントを学ぶ
            歯車のYoshida⚙️
          • 異文化と語学について学ぶ
            歯車のYoshida⚙️
          • 戦略論を学ぶ
            歯車のYoshida⚙️
          • 貿易実務を学ぶ
            歯車のYoshida⚙️

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            新卒1年目、上京の思い出

            新卒で就職したときの思い出を書く。 関西勤務になると思い込んでいた僕にとって、東京勤務を告げられた時は衝撃だった。親元を離れて慣れない地で初めての一人暮らし。初めての労働。初めての家事。うまくやっていけるだろうかと心配になった。 いざ社会人生活が始まると、幸いにもほとんどのことはうまくいった。世の中の大半はなんとかなるということも学んだ。自由に家具の配置を変更したり、深夜まで音楽を楽しんだり、週末に料理をする楽しみも覚えた。 ただし、どうしても耐えられなかったことが2つ

            スキ
            30

            Shinkansen with Pakistani

            さすがというべきか、お盆の新幹線は混んでいた。 新大阪から乗れば始発に乗れただろうが、そのとき僕は京都駅から新幹線に飛び乗ったのだった。あまりに急ぎすぎていて、入り口近くの2列シート最前列に何も考えず座った。そして隣に座っていたのがパキスタン人だということにも最初気づかなかった。ひょっとしたら、ほぼ満席の新幹線で、彼の横だけが空席だったのは、彼が日本人でなかったからかも知れない。 呼吸も落ちてきて周囲が見えるようになった。「彼」が困っていたことに気づいた。どうやらスマホで

            スキ
            12

            『小説 第4次産業革命』日本の製造業を救え!

            製造業を舞台にした業務改革小説はないか... そんなことを考えていたときに出会った一冊を紹介したい。 『小説 第4次産業革命 日本の製造業を救え!』 藤野 直明 (著), 梶野 真弘 (著) これまでにも、いくつか業務改革小説、しかも製造業が舞台のものを紹介してきた。ゴールドラット小説やミスミの三枝氏の小説など。 これらも物語として面白く、ビジネスシーンで有益な内容になっている。しかし正直なところ、僕はあまり親近感を持つことができていなかったのも事実。 ゴールドラット

            スキ
            15

            ビジネスプロセスを『天才を殺す凡人』から考える

            遅ればせながら、北野唯我 氏の『天才を殺す凡人』を読了した。 『天才を殺す凡人』北野唯我 本書の内容については、既に多くのビジネスYoutuberやビジネスBloggerに紹介されているので、とりわけ詳細に説明するつもりはない。 僕は僕自身の観点から本書を語るために、 ビジネスプロセス × 天才・秀才・凡人のフレームワーク でnote記事を書いてみようと思う。 「天才・秀才・凡人」のフレームワーク本書を詳しく紹介しない、といってもこのフレームワークの説明は避けては通れ

            スキ
            15

            これからの歯車のYoshiについて⚙

            みなさんこんにちは。歯車のYoshiです。 さっそく本題ですが、noteのヘッダ画像を新しくしました! これは、僕の興味のあるカテゴリ、そしてこれからも学習したいカテゴリを、絞りに絞って3つにまとめさせていただいたものになります。 今日はこのヘッダ画像についてお話しようと思います。 興味のある分野の変遷⚙1年ほど前にも「興味のある分野」について画像でまとめたことがありました。それがこちらです。 ここでは9つのカテゴリについてまとめていました。 どれ

            スキ
            12

            業務プロセスの「広さ」「深さ」、そして「成熟度」

            久しぶりにプロセスマネジメントについての記事を書きます。 10,000字くらいの長い記事を書いても良かったのですが、図解も含めてコンパクトにまとめることにしました。 本記事で伝えたいことは以下の3点です。 その① 改善したい業務プロセスの問題が「広い」問題なのか「深い」問題なのかを事前に考える必要がある。間違っても混同してはいけない。 その② 「広い」かつ「深い」問題に対しては先に「広さ」の問題を解決する必要がある。「深さ」のアプローチから始めてはいけない。 その③

            スキ
            15

            『スタンフォードの自分を変える教室』②意思の力は体調で変わる

            『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル 著 意思を貫くためにの実践的な知恵を教えてくれる本書。 前回の記事では、原始的な本能によって長期的目標は達成しにくいこと、しかし、自己認識を強めることで達成できる確率は高くなることを説明しました。 前回の記事: とはいっても... それだけで意思を貫くことは難しいのも事実です。 意思を貫きたいと思っても、たくさんの誘惑が邪魔してきます。今回は、このような誘惑をはねのける

            スキ
            8

            『スタンフォードの自分を変える教室』①やる力とやらない力を鍛える

            面白い本に出会ったので紹介。 『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル 著 やりたいと思っていたのに、つい言い訳してできなかったり先延ばしにしてしまうことはきっと誰にでも経験があるはずです。本書は「なぜ意思を貫けないのか」について科学的に詳しく説明しています。 意思を貫けないのは原始的な本能のせい現代社会を生き抜く上で意志力はとても大切です。共同体で生きていくためには、利己的な行動だけを選択するわけにはいきません。大きな目標に立ち向かう

            スキ
            10

            エッセンシャル思考 断る人は仕事ができる?

            今さらながらエッセンシャル思考について書くことにした。 『エッセンシャル思考』 グレッグ・マキューン 著 本書内では随所に『ビジョナリー・カンパニー』シリーズや『七つの習慣』などの名著が登場する。そこからもわかるように、過去の成功事例から要因を抽出し「エッセンシャル思考」と定義したものだと解釈した。 簡単にまとめてしまえば、 *人生はトレードオフ *なんでも引き受けるのは何も選ばないのと同じ *何をするかよりも何をしないかを選択することが重要 ということになるだろう

            スキ
            30

            マニュアルを作り始める前に気にかけたいこと

            どの組織でも知識の共有は課題の一つだと思います。知識を共有化して管理していくことを形式知化とよび、そのためにたくさんの便利なツールが存在しています。 中でも有名なツールがマニュアル(作業手順書)でしょう。先人の知見を書類でまとめたマニュアルはとても便利。うまく活用すれば作業効率化につながります。 わからないことがあったとき、マニュアルがなければ詳しい人を探して聞くしか解決方法がありません。しかし、マニュアルがあれば自分で調べて解決に至ることができるからです。 製造業をは

            スキ
            17

            挫折しない!超初心者向けオンライン英会話攻略法

            Yoshiです。 これまでnoeの中で何度かオンライン英会話をオススメさせていただきました。 オンライン英会話は、日本でも手軽に英語を学べる手段であることには間違いありません。 それでも、始める前や始めた直後はハードルが高いものです。意気込んで始めたものの、思いのほか成果がでなくて挫折してしまうという人も多いでしょう。 今回は、オンライン英会話をやってみたいけど挫折しそうという方のための、オンライン英会話攻略法を3ステップに分けて書きます。 ステップ1 始めた直後 

            スキ
            21

            歯車のYoshi⚙とオンラインでお話しませんか?⚙⚙

            ⛔「お仕事依頼」にはしていますが、基本的に無料です⛔ こんにちは、歯車のYoshi⚙です。 この名義でnoteやtwitterを始めてからすでに1年半くらいでしょうか。 アウトプットを通して思考を整理するとともに、多くの方々から勉強させていただくことができています。圧倒的感謝。 その中で感じたことがあります。それは... もっとフォロワーの方々とお話してみたい!ということです。 すでに何名かの方とはオンラインでお話させていただいたのですが、 そのときの体験が予想

            スキ
            17